2017年7月21日 (金)

松戸商工会議所会報誌

Dsc_0359


松戸まで行って商工会議所の会報誌をいただいてきました。

Img_20170721_105843

こちらクリックで記事が読めるようにしておきました。(相当重いです、スマホでは無理みたいです)


4ページにわたって、会頭とみっちゃんの対談が載っています。目新しいことはないのかなと思っていたら、小学校や中学校の話もあって、おもしろかったです。
自衛隊で募集した芸名「北翔」は、応募した人とは意味が違うそうですよ。

商工会議所って一般人は入りにくいんですよね。来週になれば、松戸市役所や支所でいただけるのは知っていたのですが、来週は「孫とつきあう週間」なので、どうしても今週中にというわけで。

「あのお友達の分もいただいてよろしいですか」
「何部でしょう」
「6部なんですが」
「それは、ちょっと。2部でいいですか」
「はい、結構です」

実は昨日も行きましたの。「今日発行なので、こちらに来るのは今日の夕方になります」
そうだよね、何をあわてているんだか。2日も続けて「会報誌ください」の私、もう一生あの商工会議所には行けません。

昨日は伊勢丹でショッピングと決めて

Img_20170720_154315


普段は買わないローラアシュレイのスカートなどなど、私にしては思い切ったお買い物。なんだか、だんだん可愛らしいものに目が行くようになってる。

2日続けて松戸行けるのも、みっちゃんが松戸出身だから。みっちゃんのご両親、みっちゃんを産んでくださって、そして松戸で育ててくださってありがとうございます。

2017年7月18日 (火)

雪組観劇

昨日は、大和さん、蘭寿さん、みっちゃんの3人がご観劇だったようで。ちぎちゃん、大ちゃんの退団公演ですものね。客席と舞台とこの5人ご覧になられた方はラッキーですね。

いつも繰り返し観るのは、みっちゃんが0番の作品ですが、大和さん、蘭寿さん、みっちゃんの並びは好きです。大和さんの王子様系の華やかさ、蘭寿さんの男くささ、何よりみっちゃんが幸せそうなのが一番いい。

で、なんの脈絡なく、9年の「Amour それは」を今観ています。やっぱり岡田先生のショーのゆったり感は独特。

これから、みっちゃんはいろいろあったけれど、宝塚歌劇団元トップスターで終われたのは良かったですよね。

全国ツアー、松戸は地元だからともかく、各地の会場を満員にするのは無理なんじゃないか、と正直思っていました。先日のオーチャードホールで、満員の観客を見て、ファンなのに、みっちゃんの実力甘くみていたなと思いました。

今初舞台ロケット。風ちゃんは見つけたけれど、後はわからん。

P7180249_2
少し古いですが、2日付けの朝日新聞いただきました。うちは朝日じゃないもので。みっちゃんファンだと公言しておくものですね。

2017年7月16日 (日)

All for your smile

今日はみっちゃんがスカート履いたとか、大騒ぎになっていますね。「女性がスカート履いた」ことがニュースになるって、何なんだ。自然にサラッと履けばいいものを、自分で「履けない、履けない」とハードル上げちゃっているものだから。今日はミモレ丈だったらしいですが、だんだん短くなっていくのかしら。と、また期待してしまう。

昨日「all for your smile」のDVDを観ていたら、旦那が横で、「このDVD何?」
「みっちゃんの退団記念のDVDで、初舞台からずっと収めてあるの」で、そばを離れるかと思ったら、横に座って本格的に観だした。私には「えっ!」という展開。

「入った時から、結構いい役もらっていたんだね」
私、その頃知りませんから「そうだね」というより他はなく。

「宙って書いてそらなんだね」
だんだん、一人で観たいなと思いはじめたが、そこは付き合って適当に。
「宙組ではトップにならなかったんだ」
「宝塚は大体そうだよ、下級生がトップになると、上級生は専科に行くというパターン」

専科・星組時代もこの調子だと、鬱陶しいなと思い、「眠くなってた。今日はこれで終わり。今度、舞台ご一緒にいかが?」

それは遠慮するということでした。でも、みっちゃんに興味持ったらしく、「舞台化粧でない顔どんなかな」
「ナチュラルメイクでも、すごく綺麗だよ。それにスタイルがすごくよくて、足が長~い」
みっちゃんファン、一人増えた?

2017年7月14日 (金)

Bunkamura オーチャードホール

About_pic4_2(オーチャードホールのHPからお借りしました)

昨日は「Alrai」のmy楽でした。オーチャードホール初めてなんですよ。渋谷に行くのも何年振り?という感じでして。コンサート始まる前に、東急の8階でみち友さんとお食事。

一部は三度めだけど、何度でも観たいダンスパフォーマンスです。

二部はル・ベルベッツさんのコンサート。「オーソレミオ」を歌いだしたとたんに、もう会場中が虜です。5人が4人になっても、あの迫力は何も変わりません。7、8曲くらい歌ってくれたかな。
最後は、「情熱大陸」。代わるがわるに客席降りをして「息が切れた」そうです。

3部はみっちゃんのコンサート。Bバージョンは初めてです。「勝手にしやがれ」がもう格好いいったら。絶対手抜きをしない最高のパフォーマンス。いつも至福のひとときです。

4部はコラボでやはり「闇が広がる」
みっちゃん、「浪漫飛行」を歌った直後でしたが、現れた時にはルドルフそのもので、「公開告白しちゃうね、私がルドルフやる時には、トートはベルベッツさんしかいません」と。
ベルベッツさんも、あの騒動でとてもありがたい言葉だったと思うけれど、みっちゃんにそう言わせるベルベッツさんの実力。ほんとにそんな舞台が実現したらいいなと思わせる言葉でした。

佐藤さんに「ロングトーン教えて」と聞き、すぐにやっちゃうみっちゃん。(シナーマン聴いてるから驚きではないですが)
日野さんに「ソプラノの出し方教えて」みっちゃん、すぐに出せる(3オクターブ出せることを知ってるから、これも驚きではないですが)
そうやって、自分を高めようとするみっちゃんの貪欲さが、どんどん進化していく姿を見せてくれるのでしょうね。

「ズンドコ」葛飾に比べるとおとなしいと思っていたら「今日は宝塚の先輩がたくさん見に来てくださっているのに、こんな高飛車で」そういうことか。誰だったのでしょうね。

アンコールで「私もV6の追いかけしていて(知ってる、長野君のファンだったのよね)うちわ手作りして振っていて、見てくれているのかなと思っていたのですが、こちらに立つとよく目立つの、ありがとう」

あぁ、これで全国ツアー、私にとってはお終い。大阪はもうチケット売り切れで、ふっと座間行こうかなと思ってしまったのですが、「いかん、いかん。孫が帰った直後に、そんな体力私に残っているはずない」と現実に戻ったのでした。

昨日、はじめてベルベッツさんの歌を聴いた方も多かったようで、ファンクラブの申し込みのところにもたくさん人が。みち友さんと「よかったね」と、いつの間にか親の気持ちになってる私たち。10月と11月に同じオーチャードホールでライブやるそうで、こちらもちょっと気になる。

公演が3時間以上だったので、昨日の握手会は「お手紙渡しは出来ますが、お話は出来ません」ということで、葛飾でやっておいてよかったわ。

2017年7月11日 (火)

愚痴っていても何も始まらない

http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/010700011/070700021/?P=1

日経ビジネスにあったみっちゃんインタビューの記事。
みっちゃんのポジティブな考え(知っていましたが)、ほぉです。

私も、父が転勤族で小学校3校通いましたが、みっちゃんのようには、ならなかったです。みっちゃんがポジティブ系なら、私はナチュラル系だったような。いつの間にか場になじんでいたような気がします。同じような環境で、同じB型で、同じ3月生まれでも、違うんだな。

「愚痴っていても何も始まらない」そうなんですけどね。たまには愚痴ってもいいと思うけれど。
「トップは目指していなかった」これは、宙組で凰稀さんが上に来てからのことだよね。それまでは、確実に番手上がっていたものね。
「トップとは違う光り方をする役者になろうと思いました。」そう思えるみっちゃんがすごいのであって、普通は難しいのですよ。

みっちゃん、よく「命をかけて」とか「100パーセント以上の私を見せる」とか言いますよね。その言葉が大げさではなく、専科になってからの、ギラギラ感が半端ではなく、そんな生き方して疲れないのかなと思っていましたが、それが「北翔海莉」であり、そこに魅せられるのだと改めて思った、インタビュー記事でした。

2017年7月 8日 (土)

いろんなみっちゃん

「Practical Joke」のみっちゃん、見つけましたです。

P7050245


「だから?」と言われれば「それだけ」ですが。(笑)
こういう一瞬映ったもの、取っておくべきか、決められずにいます。

19665126_1430346440335828_356421012


ステージぴあ7+8月号に、イラストレーターの春原弥生さんがパジャマゲームのイラストを描いてくださっています。「はるはら」さんかと思っていたら「すのはら」さんなんですね。みっちゃんも新納さんも、トムさんも特徴がよく出ています。

Screenshot_20170707121542


みっちゃんスタンプも出ました。ジョンソン先生もいます。みっちゃん指導で「あーだ、こーだ」と言いながら作ったかな。が、みち友さんの間では、やりとり出来るものの‥。

215


こちらのスタンプ出来るといいな。

今日は池袋でHMVの発売イベントでしたね。なかなかの盛況だったようで、なによりでございます。

戸定邸に行ってから、幕臣のその後が気になり、いろいろ調べてみました。と言っても、wiki巡りしていただけですが。会津藩主の松平容保や、家老の西郷頼母、山川浩などの明治時代、興味深かったですが、また後日。

2017年7月 3日 (月)

葛飾シンフォニーホール

昨日、葛飾へ。

Dsc_0349_2


このお方のコンサート。早めについて、パスポートに版を押してもらったら、デイリー東北の新聞いただきました。

P7030244

舞台は写真撮れないので貴重です。ありがとうございます。

みっちゃんすごいなと思ったのは、CDより松戸より進化している。「サントワマミー」CDで聴いた時には、10代の失恋の歌?と思ったけれど、大人の歌になっている。そして、見る度に綺麗になってる。昨日は、Aバージョンは最後ということで、盛り上がりがすごい。

最後の「ズンドコ」は、みっちゃん、主におじさん相手に一本釣り
「真正面のおじさん、振りが違うよ」
「一番端のおじさん、見えないと思ったでしょう、こちらからはちゃんと見えるのよ」

カーテンコールも何度か。「宝塚じゃ、最後の衣装が一番きれいなのに、こんなジャージですみませんね」

松戸では、次の日大阪とわかっていたので、握手券使わなかったのですが、同じ思いをした人多かったようで、昨日の握手会の列がすごいことに。公演終わった直後に、100人以上の相手するのは、大変だったでしょう。

私はうまく話せないと思ったのでお手紙持参しました。ちゃんと受け取っていただきました。
「渋谷にも行きます」
「Bバージョンやるから、楽しんでね」

まじかで見たみっちゃんの綺麗さと言ったら。ああいうのをオーラというのでしょうか。二日続けてみっちゃんに会い、握手してもらった幸せ。

青砥の駅前で、お食事しながら、みち友さんと話しだしたら、話つきません。おのおの持っているエピソード話し合っていたりして、そこに3時間くらいいたでしょうか。それでも足りなくて、またロッテリアで一時間くらい。

最後は、一緒に帰る人と電車のったはいいが、二人とも違う線に乗ったことに途中まで、気がつかず、一本で帰れるはずが、大周りして帰るというおまけ付き。家に帰りついたのは11時すぎていました。

みち友さん、本当にお世話になりました。Tさんおみやげありがとうございました。

2017年7月 1日 (土)

松戸観光案内所

松戸観光案内所が新規オープンとのことで、観光特命大使に任命されているみっちゃんが松戸駅西口でテープカットするとのこと。そんなこと知ってしまったら、そりゃ行きますよ。

松戸駅に着いたら、傘さした人混み。全然見えない。そんなことでめげているようじゃ、みっちゃんファン務まりません。そろそろと前へ。最初、小学生がダンスしている場面では、おとなしく後ろの方で見ていたのですが、テントの中でえらく姿勢の良い方発見。Dsc_0330


もうこうなったら、前に出るしかないと、一番前へ。ただ傘はさせないので、ハンカチを頭に乗せるという向こうから見たら、かなり変な格好で、邪魔にならないように、しゃがみ込む、決定的におかしなおばさんに変化。

Dsc_0339


みっちゃん、11時半に案内所オープンします。私もそちらでお待ちします、と。えっ、テープカットだけじゃないの?

Dsc_0347_2

ほら、松戸市長がしっかりこっち見てる。やっぱり変なおばさんだと思われてる。テープカットも終わり、、案内所へ移動。

クリアファイルをもらうためには、案内所の愛称を考えなければいけません。最優秀賞をもらおうという希望ありませんから、適当に(ごめん)。だって思いつかないのだもの、恥ずかしいから、何と書いたかも内緒。

二階に上がると、みっちゃんの宝塚時代の写真がずらり。撮影はNGだったので、そろそろと前へ。見慣れた横断幕があったので、「これ河口湖で使ったものですか?」と係の方に聞いたら「私はわかりません、ご本人に聞いてください」

なんと、なんとすぐ近くで、みっちゃんクリアファイルを一人一人手渡ししながら、握手しているではないか。動揺したのは私だけでなく、周りの方も。

「握手してもらうためには、右手開けなくちゃ」などと言っていたら、すぐ私の番になって、

Img_20170701_153920

いただきました。みっちゃんの指紋つきです。
「明日、葛飾へ行きます」
「ありがとう、お待ちしてます」と言われたような。

終わってから、「今日握手できるなんて思わないよね、もっとちゃんとした洋服着てくるのだった、お化粧だって手抜きするのではなかった」と、周りの方とひとしきりおしゃべりした後、下に降りるとお母さまが。

今日の私、やけに大胆で
「お母さまでいらっしゃいますか?お仕事続きでお体心配です」
「ありがとうございます、本人はいたって健康でお仕事しています」
「明日、葛飾へ行かせていただきます」
「ありがとうございます」

というようなわけで、終わった今日の出来事。案内所新規オープンなど忘れてしまいそうな日でした。

五香で降りてピーナッツサブレを買うことも忘れない私でした。

2017年6月25日 (日)

セット売り

セット売りの件をまだ引きづっています。私が見ているのは「宝塚ブログランキング」ですが、何人かの方がこのことを書いていらしゃいます。

宝塚ファンサイトなので、「パジャマゲーム」売れていない?という意見がほとんどというか全部。前日にも書きましたが、元トップだけでチケット売れることの方が不思議。

そんなに売れてない?とわざわざピアに行く私も相当変ですが、「3か月前にこれだけ売れていたら、いいんじゃない」でした。○ついていても、いいお席はもうほとんどないです。(私が見たのは25日の初日だけですが)

もう、宝塚ファンからあれこれ言われるのなら、セット売りなど止めれば。いったん発表したもの無くならないでしょうが。「泣きついた」などと想像されるだけで、へこみます。

今の宝塚ファンの方も、どなたがお贔屓か知りませんが、その人いずれ退団するのよ。外に出た時に「泣きついたのかしら」と言われたら、いい気持ちします?

みっちゃんファンは、秋の公演こころ待ちにしているのに、宝塚ファンから、セットだったから来てみた、と言われるのは、みっちゃんも本意ではないと思います。

本人はキスシーンよりスカート姿に抵抗あるそうですね。リナ役の時の綺麗な足を見ているから、大丈夫だよ。

「Practical Joke」を、真琴つばささん、格好いいなと思って観ていたら、最後のエンディングに北翔海莉と。うそ、どんなに一瞬でも見逃さない自信あったのに。見逃した、もう一度。

2017年6月24日 (土)

北翔ファンあるある

今朝は「泣きついたのかしら」の一文が気にかかり、憶測の記事の上に、自分の憶測を重ねて、いい加減なことを書いてしまいました。いい年の大人がすることではありませんでした。記事の削除も考えたのですが、それはあえてしません。あくまで、私個人の意見だと思っていただければ。

まず、元トップというだけで、外の世界で通用する人はまずいません。退団後のお仕事で、すべてチケット売り切れなんてことは、ないのが普通だと思います。世間的には「北翔海莉?誰?」状態ですから。そこから始まるのですから、大変な道だと思います。

でも、みっちゃんにはその大変な道進んでほしい。今は全国ツアーの最中ですが、ミュージカルの舞台にたくさん立って、「北翔海莉すごいね」と言われるスターになってほしいと思います。

で、みっちゃんファンあるある。
再放送を録画してしまう。
これ、私だけかな。BDに移すと意外と観ない。ハードに残っているものの方がよく観るので、BDにあるものでもつい録画する。

とりあえず、みっちゃんいたであろう年月の月組、宙組公演録画する。(専科と星組は把握しているので)で、観だしてから、外箱公演でみっちゃん出ていないとわかってから消す。

今迷っているのがこれ。
まだ下級生で「一瞬、みっちゃん映る」または「みっちゃん一言せりふ言う」が消せない。「花の宝塚風土記」だったかな。テレビをじっと見ていたら
旦那「何やっているの?えらく熱心に観ているけど」
私「これにみっちゃん出ているはずなんだけれど、いつ映るかわからないから、目が離せない。あっ、今映った」
「えっ、こんな白塗りの顔で、みんな同じに見えるよ」
巻き戻して「やっぱりそうだ、みっちゃんだ。幸せだ~」
「お前の幸せ、小さいねぇ。いいけど」こういうのがたくさんあってどうしよう。でも、消せない。

スポーツ新聞買ってしまう。今朝のツイッターで、スポニチに、みっちゃんのインタビューが載っていると知り、ネットでは見つけられなかったので、コンビニへ。

今はこんなところかな。そんなにオタクではないと自分では思っています。

より以前の記事一覧