2019年4月16日 (火)

ふたり阿国 千秋楽

Img_20190415_211904
(緞帳がデジタルに変わっていました)
千秋楽、出演者も客席も熱い。上演時間もだいぶ延びました。
蜘蛛舞の「ゴマスレ」コールも、倍くらいあったんじゃない?
グァンスさんの「ついてこい」はとっぱさんに向けられていました。
出てきたとっぱさん(坂元健児)もアドリブ満載。楽しかった。

阿国は少将さん(玉城裕規)とも松梅院(伊藤裕一)とも、名古屋山三郎とも男女の関係があったろうと思わせる内容でしたが、
愛したのは、三九郎(中村誠治郎)ひとりと思えるラストが心に残ります。

心に残った場面を、一つ一つ書くととんでもなく長くなりそうですので省きますが、
一番成長したと思えるのが、峯岸みなみさんでした。
出演者のレベルが高いから、まだ下手さは目立ちますが、初日の時に感じた
「ミュージカルのレベルじゃない」感想から「みぃちゃんも頑張ってる」レベルになっていました。
2週間でこれだけ成長できる峯岸みなみさん、すごく努力家かもね。

客席にもみぃちゃん推しがたくさんいて、「北翔」の掛け声とともに「みぃちゃん」の掛け声も多かったです。
みっちゃん「私も可愛いって言われたいわ」
すかさず、隣のみぃちゃん「かわいい~」

帰りにみち友さんとお茶して、帰る時に明治座をみると、
もう幟もなくなり、看板も「銀河鉄道999」に変わっていました。
終わってしまったんだと、妙に寂しく感じました。

興味深かったページ、リンク貼っておきます(自分が何度もみたいから)

2019年4月11日 (木)

蘭寿さんご観劇

蘭寿さんが「ふたり阿国」観劇されたそうです。

蘭寿さんは、今はお仕事辞められてブログも、観劇記録みたいになっていますが、
人柄のよさってブログにも現れると、いつも感心しています。
後輩でも、ちゃんと「さん」付けだし、絶対に人を悪く書かない。
見習おうとは思っているんですけどね。

WOWOWで、「オーシャンズ11」のみっちゃんとの副音声付の放送があるそうで、
こちらも楽しみ。



 

2019年4月 8日 (月)

ふたり阿国 2

Dsc_0167

昨日の昼公演をみち友さんとご一緒しました。
みっちゃん始め出演者がみんなパワーアップしていました。
初日より舞台が近いせいもあったけれど、
「河原者、威風堂々」や「いざや、かぶかん」など鳥肌ものです。

阿国は芸も優れていたけれど、女を利用して権力者に取り入る部分もあったと思うのです。
みっちゃんの歌に聞きほれていたら、男にコビを売る場面もあったりして、
「いやな女」と思わせるしぐさもさすがです。
みっちゃんだけでなく、出演者全員レベル高い。
とっぱ役の坂元健児さん、こふめ役の雅原慶さん、四季出身だけに歌うま。

みっちゃんの歌も堪能できるし、
殺陣もたくさん(個人的には、殺陣の場面はもっと少なくてもよいと思うけれど)
やっぱり、男どうしの殺陣は迫力が違います。
本当に、目がいくつあっても足りないミュージカルでした。

最後のあいさつは持ち回りのようで、昨日は鳳翔大さん
「遊女役と喜んでいたら、最後は袴姿で刀持って、立ち回りをやることになって」と話していました。

Dsc_0170

公演後に下のラウンジで、みっちゃんプロデュースの「おくにームソーダ」をいただきました。
アセロラ味でおいしかったよ。

 

2019年4月 3日 (水)

アフタートーク

昨日、夫の観劇「楽しかったよ」だそうで。みっちゃんの実力、改めて知ったそうです。
オヤジ一人観劇を不審がられるのじゃないかの思いから、「女房の代わりに来た」とお隣に声掛けしたら
「あそこで、写真もらえますよ」と教えてくれたり、終わった時には「奥様、お大事に」と言われたそうで。
ご親切、ありがとうございます。

そうそう、「拍手するタイミングが絶妙だな」だそうです。
宝塚で慣れていますもんね。歌やお芝居の邪魔はしたくない、でも感激は届けたい。
拍手は大きく、でもさっと止めるってね。

昨日みっちゃん、殺陣の時、槍を落としたそうで
「さっと、腰の扇子ぬいて戦った。さすがだね」
「落とした槍拾うのも不自然だよね。その間に切られちゃうものね」

アフタートークでは、そのこといじられ
「牢の中で、反省していたの?シュンとしていた」と言われたそうです。
昨日は、桜一花さんの誕生日で、花束送られたとか。

私も、まったく様子が分からないよりは、断片的でもわかって良かった。




2019年3月31日 (日)

ふたり阿国

Dsc_0162

(明治座の幟、みっちゃんが切れちゃった)
おととい、初日を観てきました。
みっちゃん、このお役とても楽しんでると思いました。

歌もたくさん、ジャンルもゴスペルやラップ調、歌謡曲風などのさまざま。
踊りもあるし、殺陣もあるし、北翔海莉の魅力満載。楽しかった。

でも、なんだかごちゃごちゃしたお芝居だったな。
人数も半分くらいで、出来そうなお芝居でした。

それとね、みいちゃんがね、他の人とレベル違いすぎるのですよ。
歌は下手だろうとは思っていたけれど、お芝居もね。
重要な役どころだから、みいちゃんには奮起を促したいです。

 

2019年3月20日 (水)

独り言

昨日は、一日メンテナンスで入れませんでした。先日はJCOMの不具合で、半日テレビもネットも出来なかったし、
なんだかなぁ。

一昨日、見つけたこんな記事。(元記事は週刊新潮らしい)ずいぶん遅い記事だことと思いながら、
読んでいくと、悪意満載。

家族が代表になるのは異例のこと。退団時に飛び交う高額なご祝儀目当てだ
みっちゃんのお母様がすごい銭ゲバみたいな書き方。
親がなるのは異例かもしれませんけれど(私自身ファンクラブのことは知らないので)
まだ、ファンクラブが出来ない下級生には、身内が代表になるって聞きましたよ。

何も出来なかった北翔海莉がトップになるには、努力を10倍したって話ですが、
親の金銭的な負担も相当だったはず。
タカラジェンヌになっても、始めの頃は、お給料は高卒のOL並みで、
タカラジェンヌらしくあるために、ずっと実家の仕送りが必要だとか。
本当に銭ゲバの親なら、宝塚に入れようとは思いませんって。

結婚直後に藤山が「まんぷく」でブレイク
いつ扇治郎さん、ブレイクしたの。結婚発表してから、野呂さんほとんど出ていませんけど。
2回ほど出てきて、「野呂さん生きていたんだ」とは思いましたが。ブレイクとは程遠いような。

今夏から始まる地方巡業は、結婚お披露目も兼ねていただけに、関係者はお通夜モードです
これは、あきらかに事実誤認ですね。
去年の「蘭」が終わった直後に、結婚発表よりはるかに早く、全国巡業の話、出ていましたものね。
ほんとうにお通夜モードなら、主演を変えるか、中止にすればいいだけですよね。

 

誤解しないでいただきたいのは、お母様の脱税事件、擁護しているわけではありません。
無知か故意か知りませんが、罪は罪です。
北翔海莉を作り上げるために、それまで、実家がどれだけ援助しようが、
収入の確定申告は一年ごと。退団バブルの収入を申告しなかったから、こんな記事を書かれるのです。
事務所には猛省を促したいです

2019年3月18日 (月)

お茶会

始まる前に、みち友さんと「ラ・メール・プラレール」で早めのお食事。モンサンミッシェルにあるスフレオムレツのお店が国際フォーラムにあるということで、行ってみました。
00010001 すごいボリュームですね。まぁ、一度行けばいいかな。


そこから、みっちゃんのお茶会がある東京會舘まではすぐ。
いろいろなお話してくれましたが、みっちゃんには「大丈夫」と言いたい。
後悔や失敗がない人生なんてない。私の後悔は、どんなに悔やんでも取り返しがつかないけれど、それに比べたらあなたのことなんて小さなことだし、まだ若いのだもの。いくらだって取り返せる。

私は、今まで以上に、芸道に励む北翔海莉を見せてくれると信じています。
私の中では、扇治郎さん株ちょっと上がりました。浮かれているだけではなく、ちゃんと支えてくれているのね。夫婦で頑張れね。

2019年3月 1日 (金)

「ふたり阿国」制作発表

制作発表の様子が、あちこちで上がっています。
こちらがとても詳しい。
みっちゃん、黒い着物似合っていますね。
帯締めがないけれど、どういう帯の結び方かな、後ろが見たい。

殺陣もみっちゃんの歌もある動画はこちら
みぃちゃんも可愛い。
一か月後が楽しみですね。

2019年2月26日 (火)

東京會舘のディナーショー

Hokusho_kairi_dinner_show1768x1086昨日、みっちゃんのディナーショーに行きました。
奇麗になった東京會舘、素敵でした。
また例の如く、地下鉄の出口間違う。
まったく、学習能力ゼロです。

私自身は、みっちゃん好きな気持ちは、何も変わってないけれど、みっちゃん自身はしばらく公の前に出たくないという気持ちもあるのかなと思っていました。

そんな杞憂を吹き飛ばすパフォーマンス。
やっぱり、みっちゃんの歌声は癒してくれる力があります。
セットリストは私には無理なので、どこかで探してね。

謝罪から始まりました。
「このディナーショーのお仕事も、出来ないかなと思いましたが、私に出来ることはお仕事を精一杯やることだけ」
(ニュアンスです)

風ちゃんは「赤いスイートピー」を歌いながら登場。宝塚の時の緑の衣装で、お二人で「anything you can do」を歌ってくれました。
まんちゃんもすーちゃんも、精一杯のパフォーマンスをしてくれました。
三人とも「19年もみちこさんについていきます」と言ってくれました。

Dsc_0133「michiko」のカクテル。アルコール苦手だけれど、色が奇麗でした。
Dsc_0136 みっちゃんがプリントされたマカロン。「ごめん、みっちゃん食べま~す」と言いながらいただきました。(o^-^o)

アンコールで「いのちの理由」を歌った時には、こちらも涙だったけれど、みっちゃん自身にも涙が。私自身、とても生きるのが辛かった時に、どれだけあなたに癒しをもらったかを思い出しました。少なくとも、昨日来ていたファンは、みっちゃんに対する気持ちに揺らぎがないと思いました。


昨日は宝塚が休演だったので、星組生が何人も。クリスティーヌさんもいました。有沙瞳さんには思わず「この間観に行ったのですよ、頑張ってください」と声をかけました。

一ファンに出来ることは、これからもみっちゃんの公演に行くことだけですが、
あなたがお仕事している間、またこちらが元気な間はついていきます!
 

2019年2月21日 (木)

霧深きエルベのほとり

みっちゃんのお母様のニュース、地上波でもとりあげられて、そのたびに映るみっちゃん写真、とても悲しく思います。
みっちゃん自身は、自分に厳しく、他人にはとても優しい人柄であることは、微塵も疑っていません。お金にならない仕事でも、誠心誠意努めている姿も見ていますし。


そのみっちゃんを育てたご両親、存じ上げているわけではないです。
公演の時に、お見かけするので、一言二言話したことがある程度です。
パパさんは、公演の時に、「北翔」のうちわ持っている方で、「パパさんが、北翔海莉の一番のファンだね」とみち友さんと話したこともあります。

宝塚辞めて、大手に属さず個人事務所にしたのも、「やりたい仕事をやりたい」という気持ちの現れだと理解できます。
お母さんが事務所代表ということでも、会社経営のプロが入っていると、当然思っていました。そうではなく、宝塚のファンクラブそのままの延長だったのですね。
そのことが、すごく甘い。


宝塚卒業の日から、北翔海莉個人になるのです。「前トップ」はしばらくは売りにはなるでしょうけれど、「元トップ」になるにしたがって売りはだんだん減ってきます。
売りの間に、いかに北翔海莉の実力を一般の人に知らせて広めていくのが、事務所の仕事なのに、足を引っ張ってどうするのよ。このことは怒っています。
HPの謝り方も変ですよね。「当社とは関係がありません」って、代表が告発されているんですよ。まず謝罪ありきだろと思います。

ちょうど確定申告の時期で、国税局の意図も感じますが、国税局につっこまれるほうが悪いです。同情しません。
「もう済んだことなのに」という意見もありますが、それは違う。うっかりだと修正申告をして納税をして終わりですが、国税局は悪質だと千葉地検に告発したのです。まだ、現在進行形です。お金がお母様やみっちゃんの口座に入っていることが影響しているのでしょうね。
今は、地検が起訴するか不起訴なのか捜査している段階です。終わった事案ではありません。起訴になれば、裁判になり、またこのことが大きく取り上げられることがあるかもです。

このことで、みっちゃん自身とても傷ついているんだろうなと思います。今後のお仕事にも影響すると思います。扇治郎さん、ちゃんと支えてあげてね。
私は、みっちゃんファンは辞めません。あなたが好きだから。

Cpl73a000007kmqc
前書き長くなりました。
昨日、星組観劇。
チケット全滅で(次の花組も取れなかった)、なんと半年ぶりなんですが、昨日はSS席。ほぼセンターでした。


いやぁ、疲れた。SS観劇初めてではないんですが、こんなに、ドキドキしたのは初めてではなかろうか。
みっちゃんの時は、みっちゃん眺めているだけで、終わってしまった感満載。

昨日は紅さんや礼ちゃんが銀橋に出るだけで、ドキドキ。


霧深きエルベのほとり
たぶん話古臭い感想もあると思いますが、私は好きです。
曲も「この歌、この公演で使われたものなんだ」という名曲が多いですし。
なんて、言ったって紅さんの水夫姿恰好いい。
礼ちゃんがマルギット好きなのに、二人を応援する姿は健気すぎ。

でも、愛と結婚は別物ですよね。仮に結婚しても、このカップル上手くいかないと冷めた目で見ている私もいます。それと三人以外あまり出番がないのもちょっとね。


ESTRELLAS
テレビで観た時と違って、星組さんのエネルギーを諸に受けちゃった。
銀橋に出てこられると、紅さん、礼ちゃん、七海さん、せおっち、みんな観なきゃと目は忙しいし、視線合うと「あら、どうしましょう」になっちゃうし。
この公演で、退団する七海さんがニコニコしながら舞台に立っている姿は泣けてしまいます。格好良かったよ、忘れないよ。

より以前の記事一覧