2019年10月19日 (土)

激闘!日本シリーズ

Dsc_0039

今日から日本シリーズですね。
(私は観ませんけれど。)
古いDVDを出してきました。
昔は「日本シリーズ」をDVDしたものが、売られていたんですよ。

今のようにCS放送があるわけじゃなし、日本シリーズはライオンズの選手を観るためには
大切なものでした。
うちには、3本のDVDがありますが、
中でも87年の対巨人、6戦目はファンの間では伝説(?)みたいなものでして。
秋山のシングルヒットで1塁から帰った辻の走塁、9回に見せた清原の涙。

DVDの中では、工藤も秋山も清原も東尾も郭泰源も笑顔。
あれから30年、と一言でいえばそうなんだけど、とてつもなく長い年月です。

今、車のCDを↓の登場曲にしていて
夫「これ、誰の?」
「秋山、『がんばれ』と声そろえるの」
「日ハムにこういうCDあるかどうか知らないけれど、あっても買わないな」
「私は選手が好きなんだと思う。選手の笑顔をみてこっちも頑張ろうと思う」

そう、ライオンズファンというより、選手が好きなんです。
だから、負けてもずっと応援してるし、CSで負けた時の涙も忘れない。
87年のDVDを観ながら、
一年の最後に、こういう感激味わってほしいなとつくづく思ったものでした。

夫「昔のDVD観て、空しくない?」
「別に昔を懐かしんでるわけじゃない。今は今だと思ってる。
ライオンズが強かろうが弱かろうが、ファンを辞めるつもりもないし。
選手の笑顔が一番元気になれるから観ているだけ」

「が・ん・ば・れー」

2019年10月13日 (日)

あ~あ

昨日の台風凄かったですね。
昨日は、息を潜めて通り過ぎるのを待つだけでしたが、
一夜明けて、被害のすごさに、言葉もないです。
一日も早く日常がもどりますように。

CSファイナル、終わりました。
ライオンズ一勝もできませんでした。
テレビ観ながら、ほんとに優勝したのかと、ため息つくこと数度。

考えれば一戦目がすべてでしたね。
逆転しても、それを守り切れない。
こういうシーンはレギュラーシーズンではたびたびみているものの、
短期決戦での一敗は大きいです。

二戦目、0対7から追い上げたものの、及びませんでした。
三戦目、千賀に完敗。
今日は追い上げると、それ以上に点を取られる展開。

360度のうち、300度くらいはライオンズファンの中で、
一勝もできなかったチーム、来年の課題がはっきりしています。
来年こそは日シリ出てね。


2019年10月10日 (木)

初戦負け

こちらニール。あちら和田。
たぶん和田はそんなに長く投げないだろうし、あちらの中継ぎは強力。
和田を早く打たないと、「負けるかも」と思ってしまう気弱なファン。

ソフトバンク先制も3回に逆転。6回にも山川のタイムリーで追加点。
ニールは完璧ピッチングだし、このまま行っちゃうかと思ったら
行きませんでした。

8・9回のバタバタは何やねん。
レギュラーシーズンだったら、まだ点も入れられてないのに、平井を変えなかったと思うんですよね。
ベンチに下がった平井の不満げな顔を見て、監督との信頼感大丈夫かと不安になってしまった。
まぁ、監督采配がことごとく当たったら、143勝してるよね。
こんな日だってあるわね。

週末台風来るから「ちゃちゃと3連勝」なんて言っていた私も悪い。
今日からは謙虚に応援します。
頑張ろうライオンズ!

2019年10月 8日 (火)

CSの相手はソフトバンク

昨日のCS、観ていました。
高橋礼も岸もいい投球で、どちらが勝つか全くわからない状況。
浅村はCSで絶好調だね。
このまま、岸と浅村で勝ったら、ライオンズファンは複雑

夫「どっちを応援してるの」
「どちらも応援はしていない。どちらが来てもライオンズが3勝すればいいだけのこと。
去年のようにはならない。日本シリーズは巨人と西武だもん」
去年の辻監督の涙を、間近で見た、選手の悔しさからの頑張りを信じています。

ソフトバンクファンの一部は、シーズン終了間際の失速に
「CSは辞退しろ」だの「工藤監督辞めろ」だの騒いでいたけれど、
昨日の勝ちは別物なんですかね。
選手へのリスペクトは忘れないようにね。



Dsc_0036
また優勝出費、増えました。本屋に行くたびに新しいものが増えていく。
表紙がそっくりなので、同じもの買わないように気をつけるのが大変です。

 

2019年9月29日 (日)

技術と心

51z0msacbbl_sx338_bo1204203200_

ライオンズが優勝すると、我が家の出費が増えます。
昨日、アマゾンから届いたもの、秋山翔吾の本。
生真面目な秋山らしい本でした。


前半はバッティング術が書いてあるので、飛ばして後半だけ読みました。
幼い頃、野球を教えてくれたお父さんを小学生の時に亡くして、
お母さんはさぞかしお仕事と少年野球で大変だったことと思います。
(秋山は、毎年、母子家庭を試合に招待しています)

ドラフトの時のことも詳しく書いてありました。
斎藤佑樹が話題になった年です。
ちょっと、調べたらスターになっている人、もうプロを辞めた人いろいろでした。
今はソフトバンクのエース千賀は育成契約。ドラフトの順位なんて関係ないんだなとつくづく思います。

来年、ライオンズにいるのかどうかファンとしてはとても気になりますが、
答えは決めていないとのこと。
「オリンピックに出たいと言ってるから、メジャーないんじゃない」と言ったら
夫「日本にいても、ライオンズじゃないかもな」憎たらしいことを。

61sl1dg0u2l_ac_

もう一つは選手登場曲を集めたもの。
なにせ、球場には行かないファンなので、登場曲ってあまり興味なかったのですが、
森が登場する時に、手を上下に拍手する動作。「何してるの」から
ベイビーシャークの動画をみて「なんか可愛い」

しかし、なぜ栗山は登場曲ないのか、わからなかった。
たしか「やらなきゃだめなのよ」ってあったよね。
時間短縮のための配慮だそうで、16年から流さなくなった、なんて知らなかった。
栗山らしいと言えば、そうなんだけれど。
登場曲にあわせて、球場が盛り上がるのも確かにあるんですけどね。

2019年9月25日 (水)

優勝!!

Dsc_0032

ライオンズとソフトバンクは熾烈な優勝争いをしているし、楽天とロッテはCS争いしているし、
今日の試合は、選手のプレッシャーすごいよね。

一ファンの私でも、試合前はドキドキ。
夕飯の用意をしながら、わざとテレビに集中しないようにしていました。
序盤に大量得点とって、大丈夫だろうと思ってので、
楽天対ソフトバンク戦をみたりしていました。
こちらの試合が終わる前に、ソフトバンクの負けが決まったので、
マリン球場大いに盛り上がる。

去年はずっと首位を走っていたけれど、
今年はマジック点いたのが15日。
マジック点いても、残り試合とほぼ変わらない数字だったけれど、
負けられない試合を戦って、マジック減らしていく選手たち頼もしかったです。

去年の優勝より嬉しい!
去年はCSでソフトバンクに負け、辻監督が悔し涙を流したけれど、
今年はそんなことはないような気がします。
(何も根拠はないけれど)
是非、日本シリーズに出て、日本一を!

Dsc_0033

優勝した時の恒例行事。スポーツ新聞まとめ買い。

2019年9月23日 (月)

優勝する……かな?

Dsc_0031_20190923163501
(メヒア選手)

21日、対楽天戦。1対0から逆転負け。
「好投していた今井をなんで降ろすかな。」(怒)

22日、2対7から追い上げたけれど、結局、5対7で負けた。
浅村の2ランが致命的だった。もう何度同じことやってるねん(怒)
ま、いいわさ。一か月前には優勝するなんて思ってなかったもん、と負け惜しみ。

今日負けて、ソフトバンク勝つと、ソフトバンクにマジック付く。
夫に「今日、負けたら夕食ないからね」
大げさではなく、作る気力出てこないかも、と思い、
早々と用意しておいた。

今日の楽天の先発は岸。
昨日、浅村にやられて、今日、岸にやられたら、ライオンズファンとしては切なすぎる。
2点先制するも、同点になった時には機嫌悪し。
8回、メヒアのタイムリーで3点入った時から、お祈りポーズ。
9回、浅村にHR打たれたけれど、結局5対3で勝った。
正に「メヒアさまさまや」です。

これでM2です。といっても、あと残り2試合ですからね。
あってないようなものですが、明日ロッテに勝って
最終戦、浅村と岸の目の前で胴上げ希望です。

希望通りでなくてもいいから、とにかく優勝を。
そして、去年CSでまけた悔しさをはらしてくださいな!

 

2019年9月20日 (金)

M5

Dsc_0035
(十亀投手)

15日、ロッテ戦、9回に平井が同点にしてしまい、2日続けて延長戦。
11回、木村の当たりはレフトフライだったけれど、ロッテのまさかの落球。
夫「なんだ、エラーでさよなら勝ちか」
「普通、フライで全力疾走しないでしょう。
フライでも一生懸命走った木村を誉めてあげて」
いわゆるナンチャッテランニングホームランでさよなら勝ち。
M9がつきました。
まさか、今年マジックがつく戦いしようとはね。

16日負けた。ソフトバンクも負けてM8。夫には中田のヘッドスライティングがツボだったようです。
18日、ニールがいい投球をしてオリックスに5対0。ソフトバンク負けてM6。
19日、十亀がいい投球。新米パパになったばかりだそうで、いいプレゼントになりました。M5。

残り6試合で、M5も意味ないような気もしますが
今季の初めに、ソフトバンクの独走を遠くからみていたファンは、マジックが着いただけでも感無量です。

昨日の試合前、テレビつけたらソフトバンクチャンネル。
解説者が「確かに西武にマジックつきましたが、西武は苦手な楽天と4試合も残ってる
(ここがすでに間違い。5試合)それに比べてこちらはオリックスと日ハムとの試合が多い。
有利だと思いますよ」
私も、同じことを↓に書いたけれど、言われるとムカッ。
仲間内で話すようなことを、電波に載せないでほしい。
「楽天との試合、全勝してやろうじゃないの」(って私が試合するわけじゃないけどさ)

2019年9月13日 (金)

一日首位

一昨日、ソフトバンクに勝ち、130試合目で初めて首位に立ちました。
昨日、負けて首位から落ちました。
と書けば、これだけなんですけどね。

2試合とも、いい試合でした。
おとといは、ニールと高橋礼。高橋礼はアンダースローでなかなか打てないんだよね。
と思っていたら、3回に森がやってくれました。3点タイムリー。
「森はキャッチャーで首位打者。年俸は倍額にすべきだよね」
(親でも、球団オーナーでもないんですけどね)

昨日は、十亀と千賀。千賀は前の試合でノーヒットノーランやったそうで
それを彷彿させるいいピッチング。4回まで、一人のランナー出せずに、完全試合やられるかと思った。
それに比べて十亀。2回・3回と満塁のピンチ。

決定的機は、7回1アウト2,3塁で点が入らなかったこと。
「ああ、これでソフトバンクに流れ入っちゃったな」とお風呂タイム。
結局、3対2で負け、一日天下でした。

でも、私は満足しています。負け惜しみじゃないです。
2か月前は首位を狙うなんて、とても言えない成績。
それが「もしかすると」と思わせてくれた活躍。
私がライオンズの戦いでイラッとするのは、7点入れても8点入れられる試合展開。
それが、ここ何試合かはピッチャー陣がとても頑張っている。
そのことが「よっしゃー」と思わせてくれる。
もう、完全に親の気持ちです。

昨日の負けでソフトバンクにマジック点いたけれど、
残り12試合でM12って意味あるのかしらね。

ここからは、1試合も落とさないつもりで、頑張れ。

 

2019年7月29日 (月)

対日ハム戦

Img_20190729_102617
(一塁から激走した木村選手)
ライオンズと日ハム戦の時には、夫婦で真逆の反応になる。
1戦目、7点差を追いついた時には、旦那「観るのやめた」
結果は気にしていて「どうなった?」
「私の不機嫌さから、わかりそうなものだ」
「よしよし」と言った感じ。

2戦目、4点差を逆転された時には、私「チャンネル変えるから」
「なんで?」
「向こうのテレビで観れば。いちいち、こちらに出てこなくていいから。結果も教えてくれなくていいから」

3戦目、こちらは余裕の観戦だったのだけれど、
9回に同点になってからは、こちら不機嫌。あちらご機嫌。
結局、10回タイムリーヒットではなく、日ハムのエラーで1点入りさよなら勝ち。
そこからがうるさい。
「もっと守りを固定すべきなんだよ。あっちこっち変えるからエラーもする。
栗山監督の考えわからん。」
私も、エラーした選手に「何やってんねん」とつぶやくことはある。
けれど、選手をけなすことはスタンスではないので、
エラーも含めての結果だと受け止めているつもり。

旦那に「日ハムの監督になってから言えば。それとも、球団にご意見送るとかさ。
私にグチグチ言っても、何もならないところか、
聞かされる私が不愉快になるだけで、マイナスだってことに気がつけって。」

対日ハムの時は、いつもこう。
日ハムはソフトバンクと1.5ゲーム差の2位だから、もっと余裕を持てばいいのにね。

より以前の記事一覧