2017年7月 6日 (木)

戸定邸

Img_20170706_141312


戸定邸へ行ってきました。松戸にあるのは、前から知っていたのですが、「近代徳川家の住まいと庭園が一般公開されている唯一の場所」と知ってからは行きたいなと。維新後の徳川家ってどんな暮らしをしていたのか、興味津々。

先日の案内所オープンの時に、行こうと思っていたのですが、雨の中、テープカットを傘もささずに見ていたものだから、次の日葛飾に行くのに、風邪でも引いては大変と早々に帰宅しました。

どうせ行くなら、案内所にみっちゃんの私物を展示してある8日までに行こうかなと。でも、案内所には、もう宝塚時代の写真ありませんでした。ポスターが展示してあるだけでした。

戸定邸は松戸駅から歩いて10分くらい。慶喜の弟で、最後の水戸藩主、昭武の私邸です。昭武が14歳の時にパリ万博出席のため、派遣されている時に、大政奉還によって、徳川時代は終わります。

帰国した昭武は、新政府のために少し働きますが、29歳の時に隠居して松戸に私邸を建築します。戸定邸は部屋数こそ多いものの、よけいな飾りなどない、シンプルな作りです。ここで、実際に昭武や妻の八重が暮らしていたと思うと、感慨深いものがあります。

Dsc_0351


座敷からは富士山が見えることもあるとか。造園には凝ったという昭武らしい作りです。戦後、子供の武定によって、居住部分を残して、松戸市に物納されたので、今では「戸定が丘歴史公園」となって、私たちも観られるわけです。松戸駅のすぐ近くに、こんな歴史を感じる広大な広さがある公園は貴重です。武定のお孫さんは戸定邸で生まれ、今もご存命のようです。

昭武は趣味の狩猟や写真撮影などで、過ごしていたようです。謹慎が解かれて静岡から東京へもどった慶喜とも交流していたようで、パンフレットには慶喜撮影の写真もありました。

Img_20170706_141558


激動の時代を過ごした徳川慶喜のこの電報に、なぜかほっとするものがありました。休憩室には、いろいろ資料がおいてあり、読みふけっていたのですが、同行者(夫)の目も気になり、「文明開化のあけぼのを見た男たち」の本を買ってきました。

残念ながら、歴史館は展示替えのために見ることが出来ませんでした。また行きたいと思います。

2017年6月26日 (月)

厄日だ

違反キップ切られてしまいました。もう何百回も通っている、買い物帰りです。T字路で右に曲がろうとした時、現れた警察官。その時も、私自身、違反している意識全然なくて、交通安全運動でもしていると思ったくらい。

一時停止違反だとか。私、ちゃんと停止したんですよ。ただ停止線を越えたのは確かです。停止線の先に横断歩道があるので、カーブミラーをよく見ようとして、1メートルくらい超えたかな。

いろいろ説明する若い巡査さんに「納得いかない。停止線でちゃんと止まったら、カーブミラー確認できなくて、そちらの方がよほど危ないでしょ」

「納得できないのなら、何度でも説明しますが」
「同じことの繰り返しだから、もういい」
「キップ切らしてもらっていいですか」
「どうぞ」

違反したのはこちらだから、怒るのは逆切れとはわかってはいるのですが、もやもやが収まらない。

今日の牡羊座、☆一つ。
「年上の方の、お節介に聞えるアドバイスは、聞いて損はなし。自分のことを思って言ってくれるので、感謝しておきましょう。 」ですって。年上ではなく、20歳超えたかどうかの若い巡査さんでしたが。出かける前に読んでおくのだった。

2017年5月25日 (木)

京成バラ園

Dsc_0294_3


雨でしたが、かえって空いているかなと、京成バラ園に行ってきました。バラはいつ見ても華やかな幸せな気持ちになります。

Img_20170525_161225_3

ベルばらコーナーがあり、パネルやそれぞれの名前のついたバラが横に。

Img_20170525_161307_2

これはオスカル。アントワネットやフェルゼン、アンドレ、ロザリーと名付けられたバラもありました。

Img_20170525_161413


個人的に興味があったのが、これ。レディ・エマ・ハミルトン。と聞いて「あぁ」と思う方は、ヅカオタというより、北翔オタかもね。(笑)

「トラファルガー」でみっちゃん演じたハミルトン卿の奥さんで、最後はネルソン提督の元に去った方です。私ならずっとみっちゃんの側、離れませんけれど。

2017年1月 5日 (木)

「ご祝儀なしってどういうこと」

あまり新年にふさわしくない話題なのですが、発言小町におもしろいトビがあって、つい読みふけりました。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2016/1221/788628.htm?o=0&p=0

要約すると、去年の春結婚式をあげた。友人から一度は出席の返事をもらったが、交通費を出せないというと、欠席の電話があり、祝電をもらった。友人は入籍のみだったので、私は、3千円もする写真立てをあげた。私は式を挙げたのだから、ご祝儀もらってもいいですよね。もしもらえないのなら縁切りしようと思う、という投稿。

まず、この人の親の顔が見たい、この人と結婚した男性の思考が知りたい、と思いました。世間の常識、がこの人には通じないらしい。

披露宴するしないは自分の勝手。3千円の写真立てと祝電でイーブンだと思うけれど。300近くのレスがついていて「どうぞ縁切りしてください、その友人のために」というレスに、なんだかほっとしました。

こういう非常識な考えの人が、やがて親になり、子供を育てるのかと思うと、ちょっと日本の将来本気で心配しました。

2016年12月 2日 (金)

心配事がなくなった

今週、いろいろ予定がある中で、一番気にかかっていたこと。今日の乳がん検診。6月の市の検診で「要精密検査」と言われ、すぐに総合病院で診てもらったのですが、それでも100パーセント大丈夫とは言われなくて(先生の言葉から90パーセントくらいは大丈夫らしいとは思っていた)、今日の再検査となりました。

小林麻央ちゃんの例もあるしなぁ、でもあちらは若いし、ガンの進行度だって違うしなぁ。と結構グチグチと考えてたり。今日の先生の言葉「確かに小さなしこりはあるが、4か月前から大きくはなってないし、形状からも良性だと思う。一年に一度の市の検診は受けるように」ということで、無罪ということでいいのかしらん。いいのよね。ほっとしました。

今まで大きな病気したことなくて、入院も子供産んだときだけ。入院と考えただけで、気が滅入る小心者です。そうなったら、ポータブルDVDプレイヤー買って、北翔さんのDVD持っていこうと考えたりもする、余裕もありましたが。

今は家のテレビで7年前のディナーショー「ALL OF ME」を観ながら書いています。北翔さんのクリスマスディナーショーのチケットを頑張って取りました。

7年前は「この不景気の中2万5千円、お買い上げありがとうございます。この日のために何を着て行こうか迷ったんでしょうね」そうなのよ、ディナーショーって初めてで、ちょうど何を着て行こうか迷っていたのよ。

「とびっきりのおしゃれに、とびっきりの厚化粧、ありがとうございます」やっぱり服新調しようかな、エステも行こうかな。

このディナーショーから7年。いろいろあったけれど、最後はトップで終われてほんとによかった。ミッチャンのこれまでの努力に値する明るい未来がありますように。

2016年10月19日 (水)

ダリア ミッチャン

風ちゃんが、退団ブーケで一番こだわったのが「ミッチャン」というダリアを入れてもらうことだと知って「そんなダリアがあるんだ」とネットで検索。ピンクのボール咲の大輪の花でした。それにしても、ダリアにこんなに種類があったとは。

Pa190161


おととい、同じようなダリアを見つけ「このダリアの種類わかります?」なんて聞いてから、買ってきたミッチャン。

Facebookに載せたら「どんな由来があるのかな」とコメントいただいて、そう言えばミッチャンと聞いて北翔さんしか浮かばなかったな、ネーミング変わっているよね。

と、また由来を検索。まず出てきたのが「農協のおばさん」。いや、真偽わからん。と検索続けても「農協の女性」。どうやら、農協のお勤めの女性のお名前らしいです。えらく安易につけたものだこと。

(ここからは、完全に私の妄想
農協にお勤めのミッチャンに恋心をいだいていた、園芸家。ダリアを改良してミッチャンにぴったりのダリアを作った。ミッチャンと名付け、それをプレゼントした。そしてその恋は成就した。とか、だといいな。)

風ちゃんの退団ブーケはらんすいえんさんのブログ で見られます。こちら です。豪華ですね。ミッチャン、バラに埋もれて目立たないじゃない。

2016年7月22日 (金)

ポケモンGO

配信されましたね。私ポケモン好きなんですよ。ゲームボーイの頃、図鑑完成させて、近所の小学生に自慢したら、すごい尊敬されて「よかったらあげるよ」なんて通信していたんですが、あまり何度も家に来るので、「好きなのを持って行って」とケーブルとゲームボーイを渡したら、もどってきた時にはカスカスだったという逸話持っているんです。

それ以来のポケモンですが、配信まだかなと待っていました。今度は図鑑完成より、「外に出て歩く」ことが目的です。ちょっとした距離でもつい車使っちゃうので。今日はちょっとお昼食べに出ただけなので、まだ8匹。レベルも3ですが、これはまりますよね。テクニックもいらないし、孫も出来そう。

ちょっと楽しみができました。

2016年6月27日 (月)

桐野利秋

北翔さんのラスト公演が桐野利秋と知った時、ぴったりと思いました。と言ってもそれほど詳しく知っているわけではなく、幕末の頃は人斬り半次郎といわれ、西南戦争では、最後まで西郷隆盛に従ったくらいの知識くらいしかないのですが。

もともと私は幕末好き。日本の将来を真剣に考えた偉人がいたからこその、現代があると思っているので、時代錯誤のような新選組や会津の悲劇はちょっと苦手。坂本竜馬や高杉晋作、大久保利通、西郷隆盛などが好き。

昨日の我が家の会話
「すごく唐突なんだけどさ、西郷隆盛ってどうして西南戦争起こしたと思う?」
「今頃、なんで?」
「宝塚が出発なんだけどさ」といきさつを述べ「ちょっと桐野利秋を知ろうと思って、すごい前の田原坂というDVD見ていたのよね。なぜ西郷隆盛が負け戦とわかっていて西南戦争起こしたのかなと思って」

「なんだ、タカラヅカか」と言いながら「それはやっぱり士族の不満がどうにもならないところまできていたのを、自分一人で抱えてしまったからじゃないか」
「それはわかるんだけれどね。あんなに若者を犠牲にする必要あったのかな」

で、我が家ではちょっとした幕末談義。「大体長州ってずるくない?(旦那は山口出身)維新の手柄自分のもののようにしてさ」
「いや、長州は最初から倒幕でぶれていない。新選組が長州の主だった人を斬りまくって、木戸孝允や伊藤博文みたいな下っ端しか残っていなかった。」
「ほう、あなたも長州人みたいなことをいうんだ。じゃ、会津今でも好きじゃない?」
「うん、会津に行こうとは思わない」

「安倍さんも山口県だけど、100年先の日本考えて政治していると?」まぁ、これから先は参議院選挙中でもあるので、略。

というわけで、今読んでいるのが池波正太郎の「人斬り半次郎」です。まだ上巻の途中でまだ中村半次郎の時代ですが、これからどうやって桐野利秋になっていくのか。って、準備万端でも、チケットがとれるかどうか。

2016年6月16日 (木)

舛添劇場

終わりましたね。この2か月ほど、テレビドラマよりおもしろいと思いながら見ていました。自分が都民だったら、違っていたかもしれないけれど。

「クレヨンしんちゃん」明らかにお子さんに買ったものを「言葉遣いが~」なんて理屈をつける。その理由づけが漫才見ているようで。すべてのやりとりがその調子で、この方はディベートは上手かもしれないけれど、その言葉に説得力がないことに気付いていらっしゃらない。

この騒ぎが起きたとき、私は「辞めることになる」と断言したのに、旦那「こんなこと政治家なら誰でもやってるレベルじゃないの」。あの時、賭けでもしときゃよかった。まぁ、同じ家の中で賭けても仕方ないけれど。

私は都税は払ってはいないけれど「なんだかさぁ、貸家の家賃収入(ごくわずか)まで、正直に確定申告するの、ばからしくならない」という思いをした人は少なくないと思います。そういう意味でも、この方の罪は軽くない。

次の都知事が誰になるかわかりませんが、人気投票みたいな選挙はやめていただきたい。という、わが県も知事は元タレントですけどね。しっかりと報酬に見合う仕事をしていただきたい。

昨日の我が家の会話「いいじゃない、美術館めぐりも巨人戦も自費で堂々と行ける時間もお金もあるだろうし」
「いや、こういう人は自費だったら行かないんじゃないか」さて、どちらでしょう。

2016年6月14日 (火)

頑張りますね

って、都知事のことね。今の時点では、都議長が辞職促しても、応じてないとか。ここまで、粘れるのは自分が悪いことをしていないという思いがあるから?

私は都民ではないので、関係ない話なんですが、私が舛添さんに不信感を持ったのは、ずいぶん前のことです。まだ、テレビに出ていたころ、実の姉に生活保護を受けさせていたという話を聞いた時からです。ああ、この人はお金を出すのがいやな人なんだなと思うと、この人が何を言っても信じられないと思いました。

普通のおばさんが感じたことを、政治家たち誰も感じなかったとは思いません。それが、何を間違ったか、「自民の役目は終わった」とさっさと出ていった人を応援する安倍首相や公明党の代表が不思議でした。私が都民なら舛添さんには入れないけれどねとも思っていました。

私個人はファーストクラスでの出張まではOKだったんですよ。うらやましいとは思うものの、石原さんもやっていたことだし、なんで舛添さんだけ?という思いもあったし。今更だけど、あの時「ごめんなさい」と言っていれば、こんな騒ぎにはならなかったかもしれない。それが「トップリーダーが二流のホテルに泊まりますか」と開き直った会見。

公用車での湯河原通いも「公用車は動く知事室、なんの問題もありません」と言っておきながら、その言葉をすぐに翻す発言。

もう、ここでダメだと思いましたね。この人は都知事という名誉に酔っているだけの、ただの口先男。やっぱり、初めて感じた思いは残念ながら当たっていた。

もう辞めましょうよ。あなたがリオに言って旗をもらう姿を想像するだけで、不快です。大体招致に奔走したのはあなたじゃないし。
子供さんいじめにあってないんですか。「おまえの持ってるもの、全部政治資金で買ったのか」なんて。

もう67歳でしょ。会社員ならとっくに定年の年だし、知事としてのお給料ほとんど使ってないはずだし、もう悠々自適の生活してもいいんじゃないですか。美術館めぐりも書道の練習も思う存分できますよ。

より以前の記事一覧