2018年6月15日 (金)

着物

先日から、少しずつ物の整理をしています。終活とかそんな大げさなものではなく、二階がだんだんと足の踏み場がなくなってきているから。

まず初めにと私の洋服。3年着ていない洋服はいらんだろと、せっせとごみ袋へ。6袋ごみに出したら、だいぶすっきり。自分でも「こんな服、記憶にございません」というのがたくさん出てきて、びっくり。

洋服は3年と区切ったけれど、我が家は40年袖通していないいないものが、どっさりある。それが着物。結婚する時に、「どんなお茶会に呼ばれてもいいように」と、母がタンス一棹分持たせてくれたもの。そのほとんどが、しつけがかかったままなのだ。

「着物買います」という広告にひかれないわけではないけれど、一枚一枚選んでくれた母の思いを考えると、あっさり手放す気にはなれなくて。といって、今更20代の着物、派手で着られないしな。どうしようかな、まっいいか、このまま置いといても、寝る場所がないわけではなしと、毎度同じ結論になってしまう。決して物をため込むたちではないんですけどね。

洋服にしたらどうかしらんと思い立って、作ったのがこれ。だいぶ前のことですが。

Img_20180615_173908_2
黒の絵羽織もうこれは絶対着ないと巻きスカートにしました。

Img_20180615_135106_2

背中の刺繍がとても素敵だったので、前に来るように自分なりに工夫して。ところがですよ、これ一枚作っただけで、いやになってしまう私。情けない。

ワンピースにするとよさそうな小紋などたくさんあります。「もしかして、着物で作った?」というワンピースを、みっちゃんの公演などで来ている人がいたら私かも。作る気になった?と褒めてくださいませ。

2018年5月25日 (金)

スマホが壊れた

一週間くらい前から、おかしいと思っていたのです。電池の減りが異常なので。ドコモ行くべきだよなと思いつつ、一日延ばしにしていたら、今日は電源入らなくなって。

こうなるとスマホ、なんの役にも立たない物体でしかない。結局スマホ新しくしました。電話帳と写真だけは無事でしたが、もう疲れちゃってラインなどのアプリ入れる元気もない。

もとのようになるには、しばらくかかります。ライン仲間の方、しばらく不通です。6月1日に待ち合わせしていて、メールアドレスわかる方には、明日にでもメールします。ライン不通でも、また病気したとかじゃないからね。

2018年4月23日 (月)

ランチ会

昨日、みち友さんと上野でランチ。(いつもの如くですが、写真撮り忘れで、写真なし)
一月のランチ、チーズタッカルビがチーズファオンデュみたいだったということで、チーズタッカルビのやり直し。(笑)

よく食べてしゃべったこと。みっちゃんのこと、宝塚のこと。この年になって新しいお友達が出来るというのは凄いことですよね。年代は違っても、「みっちゃん好き」で繋がれる縁、本当に大事にしたいです。いつもお店探してくれるBさん、ありがとうです。

先週もお友達とランチでしたが、こちらはもう何十年のお友達で、家庭内のこと、愚痴も聞いて話してという間柄で、こちらも話しだしたら止まらない。
旦那から「よく、何時間もしゃべることあるな」と言われるけれど、ありますよね、いくらでも。

こちらは宝塚に興味ある人いなくて、私がみっちゃんを応援していることは知っているけれど(追っかけしてると言われるけれど、追っかけではない、一ファンだと訂正します)「北翔海莉がなんでみっちゃんなの?」というところから説明しなくてはいけないので、なるべく宝塚&みっちゃん話題は避けています。

だから、昨日は思い切りです。はぁ、よくしゃべった。帰りはドンレミーでお買い物。
家を出る時、旦那から「帰り何時ごろ?」私「わからん」

結局、夕飯準備が面倒な時間になり、コンビニでお弁当買って帰るという不良主婦の一日でした。家を出る前に、ライオンズ戦予約しておいてよかった。結果わかってから、観るというのも安心です。いつまで続く?この好調。

「ねぇ、凄くない?19試合で貯金11だよ。シーズン終わったら貯金いくつになるんだろ」
「11連敗すれば、イーブンじゃないか。いまのうちに笑っておけば」←日ハムファンの旦那
「これも8点差を逆転した日ハムのおかげね。ありがとう日ハム」余裕のわ・た・し!

2018年3月26日 (月)

新車

車を新しくしました。と言っても

Pa020022


これから

14_01_01


これになっただけ。同じムーブだし、色も同じ。全然変わらない。(笑)
きっかけは、朝ご飯食べながら「安全装置ついた車にしない?」と言ったら、旦那その日のうちにダイハツへ。チャチャッと契約してしまった。

まぁ、二人ともいい年ではあるし、去年、くも膜下出血した時に「もし、車の運転中だったら」とぞっとするので、反対する理由は何もないわけで。「とーちゃん、おかねだいじょーぶか、けーかくてきか」←今「よつばと!」を読み返しているので、よつば語です。
軽自動車に慣れちゃったので、大きい車にするとぶつけそうなので、「軽でいいよね」

Dsc_0133


朝行くと、こんな大げさなウエルカムがあったので、苦笑しながら、写真を。
もう、たぶん、これで車の買い替えは終わりかな。

2018年1月29日 (月)

スイーツツアー

昨日、みち友さんたちと集まり、新年会というかランチ。

Dsc_0097

チーズタッカルビ。もう材料は火が通してあって、チーズフォンデュみたいな感じ。ゴーダチーズとナチュラルチーズの2種類が溶け合ってすごくおいしかった。食べる、飲む(私はアルコールだめだけれど)しゃべる。

一応、みっちゃんの公演へ行く日の打ち合わせの名目なんですけどね。そんなんで3時間もかかるはずはなく、くだくだと時間いっぱい、お店におりました。

そこを出て本来の目的、スイーツのアウトレットのお店へ。私連れていってもらっただけなので、お店の名前は聞かないでね。安さに思わず爆買いです。

Dsc_0099


娘も帰り、ほとんど私が食べると思われるのに。小さなお店にお客さんがいっぱいでした。昨日、一つ食べたらすごくおいしかった。

帰りは上野公園を通っていこうとぶらぶら歩き。不忍池も凍っていましたよ。日本中が冷蔵庫になってしまったような一週間、今週は少しましになってほしいものです。

Dsc_0098


帰ったら、フランキーが寂しがっておりました。まぁ、退院してからこんなに離れたことないもんね。ツアーを計画し、お店を予約してくれたOさん、またまたマフラーのおみやげいただいたTさん、ありがとうございました。

2018年1月 2日 (火)

謹賀新年

Img001_2

明けましておめでとうございます。今年の年賀状です。12年に一度のフランキー年だけれど、本人(犬)はまだ入院中だったので、いい写真がなくて、こんなのです。

娘は27日に退院しました。病理検査「良性」だったと病院から連絡あり、一安心です。結果が悪かったら連絡するとのお話だったので、病院から電話あった時にはドキッとしましたが、「早くお知らせした方がいいと思って」の優しさに感謝。

フランキーは大晦日に退院しました。まだ、立てません。これは、予想していたので、今リハビリ頑張っています。(私が)
フランキー自身は、迎えに行ったときにはハイテンションだったけれど、家についたら、早速こたつ潜り。リハビリも全然やる気なし。

強引に引っ張り出して、病院で教えてもらったリハビリメニューを一日3回やっています。やる気あるんだか、ないんだかよくわからないけれど、「まあ、されるがまま」って感じ。

お正月早々、汚い話ですが、排尿、排便はわかるみたいで、窓のところまで行き、「庭に出せ」が合図。庭に下ろして、私が後ろ足を、タオルでサポートすると、あちこち歩きまわって、おしっこすませると、「入れろ」

大きい方も、同じ。食事済ませると「出せ」。すんだら「入れろ」です。

昨日、元旦早々「圧迫排尿できない」と病院へ行ったら「膀胱、空ですよ」
フランキーは圧迫排尿いらないみたいです。こっちは、動画などみて、覚悟していたのに、肩すかし。

フランキー自身は歩けないということに、なんの不便も感じていないので、リハビリ効果あるかどうか。でも、少しずつ後ろ足感覚戻っているみたい。
「シッポ振った」「後ろ足さわると、嫌がった」が、今の我が家の大ニュースです。

(フランキーの言葉)
僕、歩けなくなって、おかあちゃん大慌て。痛い手術もして、病院に2週間もいたの。まだ、歩けないけれど、行きたいところは這っていけるし、別に不便じゃないんだわ。
いやなのが、3回もするリハビリ。無理に立たせようとしたり、後ろ足を曲げたり伸ばしたり。あげくには、後ろ足つねったりして、これって虐待じゃないの。

2017年12月24日 (日)

メリークリスマス

Img007

テンション下がりの写真ですが。また、年賀状と同じ写真ですが。
何せ本人(犬)がいないもんで、またスマホ壊れが突然だったもので、写真があまりなくて。

今日、よほど面会に行こうかと思ったのですが、木曜日別れる時に、あまりに切ない顔されたので、あえて行っておりません。
いつも、私の側にぴったり寄り添っていた甘えん坊、どうしているかしらん。リハビリ頑張っているかしらん。

娘のところには毎日行っています。今日はイブだったので、ケーキ持参。
まさか、この病院に親子でお世話になろうとは、こんなに通うことになろうとは。

たまに家に帰ってきてもスマホいじりばかりしている娘、病院にいると結構話します。本人が退屈しているのもあるけれど、私も同じ病院だったので「そうそう」と話し弾み、横にいる夫から「帰ろうモード」が漂ってくるくらい。

娘はまもなく退院、フランキーも大みそかに退院。新年は賑やかになりそうです。

2017年12月22日 (金)

不安

おととい、娘の手術でした。病理検査の結果を聞くまでは、やはりドキドキします。ほぼ白だとはわかっているのですが。

昨日は傷跡痛いと言っていたけれど、今日は立ち上がり、病院内を歩きまわっていました。食欲も出てきたようで、ゼリー食べたい、アイスもと「はいはい」と言った感じです。

フランキーは昨日見に行ったら、迎えに来たと勘違いしたみたいで、すごい勢いで這ってきました。(まだ立てない)かえって様子を見に行きにくくなった。もう、ここは病院信じて、リバビリまかせるより仕方ないです。グレード5は手術しても、直るかどうか、根気との闘いのようですね。

娘は27日退院、フランキーは31日退院です。二人(一人と一匹)がそろったら、どういうことになるのか。パニック状態にならなければいいけど。

今日は娘のお見舞いに行ったあと、「子宮筋腫手術後」や「ダックスヘルニアのリハビリ」などずっと検索して、時間を過ごしていました。不安になることや、「やらねば」という気持ちと。まるで年末モードにならず、年賀状の準備もまだです。

私自身は、先生が「退院してどれくらい?」
「えっ、三か月?とても見えないくらいに元気だね」とお墨付きといただくほど、元気なのですが、一人と一匹がいない間に、すこしでも元気パワーをチャージしておかなければと、思いつつ、なかなかそういう気持ちにはなれません。

2017年10月23日 (月)

言葉はこわい

予想どうりに与党圧勝。
小池さんの「排除」の言葉がなかったら、違った結果になっていたのでしょうか。

唐突の解散、民進党がなくなる、バタバタの新党立ち上げ。
何が何やらのうちに始まった選挙。

うちの区は投票しなくても、ほぼ当選者はわかっていたのですが
比例では自民34.3パーセント、立民23.5パーセントと自民圧勝とは言い難い。
奢らず国民の方を向いて、政治を行ってくれることを切に希望します。

2017年9月15日 (金)

退院

Dsc_0001

昨日、退院しました。致死率3分の1、直っても障害が残ることが多いこの病気、今度の入院はいろいろと幸いが重なりました。
一つは、それほど症状が重くなかったこと。最後まで意識ははっきりしていました。この子の晩御飯を考える余裕ありましたし。

一つは夫がいてくれたこと。私一人なら、救急車を呼ぶべきかどうか、一晩寝たら直るんじゃないかと躊躇していたと思いますが、夫は普通じゃないと即呼んでくれました。

一つはその時の当直が脳外科の部長先生だったこと。私が受けたのは開頭手術ではなく、足の鼠径部からカテーテルを入れて、プラチナで栓をするコイル塞栓術というもの。

くも膜下出血は脳の血管が細くなって、脳梗塞を起こす危険性があるとのことで、2週間ほどは点滴をいっぱいつけられて、「とにかく水分とって」と言われ、動けもしないのに、お茶を2リットルくらいくらい飲んでいました。もう最後は「お茶」という文字を、見る度にいやになって、「ジュースとかだめ?」とわがままを言うことに。

娘が「孫とみっちゃんが助けてくれたんだよ。ほら、みっちゃんのカレンダー」と持ってきてくれたので、SCUでは「宝塚の人」で有名に。
「宝塚好きな人って、上品ですよね」
「いや、タカラジェンヌさんは上品かもしれないけれど、観る方は関係ないんじゃない」
などと会話できるほど回復した後は、一般病棟に移りました。

リハビリも病棟を歩き回る運動や、簡単な計算をしたり、記憶力を確かめる頭の運動と。両方とも問題はなく、めでたく退院。しばらくは、通院は必要ですが。

先生からは「車の運転はしばらくしないように」と言われただけで、「宝塚?いいですよ」と言われたけれど、夫と娘の監視が厳しくて、当分は「ダメ」と言われてしまいました。まぁ、たくさん迷惑かけたし、従うより他なく。気持ちはわかるが、背後霊のように付きまとわれるのも結構ストレスなんですが。

病院ではすることなく、タブレットでパジャマゲームの公開練習をチェックしたりしていたのですが、ちょっと物の見方が変わったなと思ったのは、みっちゃんが女性になったり、風ちゃんの前ではお兄さん風になったりするのを「どちらもみっちゃん」として見られるようになったことです。お稽古着に何をきていたかなんて、どうでもよくなった。新納さんに「シド命」のクッキー焼いてくるなんて、(最初は216という意味がわからなかった)みっちゃんらしいですね。

お稽古しているときの、いきいきとしたみっちゃんやっぱり好きです。

Dsc_0002


昨日2週間ぶりに作った夕食。病室のテレビで「目黒のさんま祭り」をやっていて退院したら、絶対さんまを食べると思っていたけれど、病院食のあっさりになれた体にはちょっと重かった。

より以前の記事一覧