2020年6月29日 (月)

困った癖

Img_20200628_212546

わたしは大体10時から11時くらいに、寝るために2階に上がります。
この子を片手に抱いて。

すぐに、寝るわけではなく、本を読んだり、テレビを観たりしています。
(テレビは置いていないのですが、タブレットで視聴しています)
そろそろ眠くなったなぁと思う12時頃。

「カリカリ」と入り口を掻く音。
始まったと思い「お母さん、もう寝ちゃったよ」体制をとると
今度は、耳元にきて「クィーン、クィーン」と甘える音。
こうなったら、仕方ない。

寝床から出て、入り口を開けると、
トトッと階段へ。また抱いて、1階へ。

下に降りて、庭におろすと、しばらく庭を歩き回って、
「もういい」の声(音)
上げて、また抱いて二階へ。

それが、もう二週間くらい続いています。
今のところ、12時くらいの1回なので、まぁ許せる範囲なんだけど。
何なんだろ、この習慣は。徘徊の始まり?


2020年1月23日 (木)

13歳

Dsc_0061
今日はフランキーの誕生日。13歳になりました。
犬用ケーキで、ハッピィバースディ。今年のケーキは奮発しました。(高かった)

Img_20200123_075123
始めは、胡散臭そうに(何故に疑う?)「何これ?」だったのが
食べだすと一気。今日は三分の一ほどあげただけですが。

後、何年一緒にいられるかなという年になってしまいましたが、
「世界一、可愛いダックス」と一日でも長くいられますように。

2019年1月23日 (水)

12歳

Dsc_0097 僕、フランキーです。今日で12歳になりました。
お母ちゃん、ケーキ用意していないから、忘れているのかと思ったけれど、ちゃんと覚えていてくれました。今年は、ケーキではなく、ドッグカフェ「アースカフェ」に行くことでした。

予約の電話入れていたから、ちゃんとハッピーバースデイを用意してくれていたよ。
お店には、ワンちゃんがたくさんいたけど、他のワンちゃんとも仲良くできて、お利巧にしてました。「かわいい!」って言われちゃった。12歳というと、「毛もツヤツヤだし、とても見えない」って。(*´v゚*)ゞ
お母ちゃんは「アボガドサーモン丼」。僕はいつものクスクス。とても美味しかったよ。
Dsc_0098 ここ大好きなんだけれど、なんと今月末で閉店なんだって。ガーン!ショックです。
お母ちゃん、他のドッグカフェ探してくれるかしらん。
(うーん、近くじゃないとね。あるかな)
アースカフェのブログに僕もいるよ。

2018年6月21日 (木)

お久しぶり、フランキーです

P6210270_3


フランキーです。テンション下がりの写真なのは、僕どこも悪くないのに、朝から病院へ行ってチクッとされたからです。
(それは狂犬病予防接種というものです。6種混合の予防注射と重なり、地域での接種が出来なかったからです)

去年の入院、思い出してビクビクでした(ほんとにビビッてるの、おもしろかった)
僕が普通に歩いているの見て、先生「よかったね」と。僕の努力です、エヘン(o^-^o)
(僕の?そうですか?)

お母ちゃんが「段差絶対ダメ!」と言うから、庭に出る時は、お母ちゃんに上げ下げしてもらうんだけれど、僕ちびっこいからそんなに負担ではないかと
(十分負担です!一日何回よっこらしょとやることか)

この頃、お母ちゃん機嫌よくありません「みちこが冷たい」って。みちこってだれ?ああ、ホクショーさんね。どうして冷たいの?
(だって、大阪と八戸のお仕事は決まっているけど、こちらでのお仕事何もないんだよ。関東ファンに冷たくないですか。)

今朝、お父さんに「大阪行くから」と言っていたけれど、僕の許可はいらないのですか。
(僕の許可?行っていい?)
だめです、僕寂しいです。
(と言われても、行くけど。パパッと帰ってくるからさ。チケット難になりそうなので、行けるかな。だめだよ、お母ちゃんにチケット当たりませんようになんて言ったら、恨むからね)

ホクショーさん、こちらでのお仕事お願いします。僕のために。

2018年4月29日 (日)

夏仕様

居間を夏仕様に。フランキーのベットをニトリに買いに行きました。お店で見た時、小でいいと思ったんですよ。でも、胴長だし、大きい方がいいのかなと躊躇したのが間違い。お店で見ると、商品小さくみえませんか。

Dsc_0189


デカすぎた。(笑)まるで、プールに入っているようだ。
夏は、このおチビちゃんのために、出かける時もエアコン入れっぱなしだけれど、今の陽気、この冷え冷えが気持ちいいみたいです。喜んでもらえて何よりです。

ライオンズ、ホーム負けなしの記録更新中。
L(私)「Fさん(旦那)後ろ、ついてこないで」
F「3.5ゲーム差か。3連勝すればあっと言う間だ」
L「まだ一勝しかしてないくせに、よく言うよ」
この余裕、ずっと続きますように。

2018年3月 4日 (日)

シルバーカー(笑)

Dsc_0129_2

(少し前ですが、バレンタイン仕様のドッグ・カフェで。)

前に書いたように、フランキーと出かける時には、カートに乗せ、帰りは歩くスタイル。
昨日、近くのパン屋さんへ。

カートに乗ったフランキーは、あちこちキョロキョロ。
「今日はどこですか、公園ですか、パン屋さんですか」と興味津々。

知らない人からも話しかけられる。
「まぁ、赤ちゃんかと思ったら、ワンちゃんなのね」
いろいろ説明するのも面倒なので「もう、おじいちゃんですから」
「今はこんなのあるのね」

帰りは歩くものだと思っていて、パン屋さんから出てくると「降ろしたまえ」
仰せの通りなんですが、荷物をあなたのカートに入れますので、少々お待ちを。

「早く帰ってパン食べよ~」
(はぁ?あなたのパン買いにきたのでしょうか)

こちらは、カート押しながら、リードを持つ。車がくると、端に寄って、リード短くって結構大変なんですが。

カート押してる姿、なんだかシルバーカー押してるのと変わらんな、と思っていたら。やっぱりです。
「あら、どうしたの?腰痛めたの?」(フランキーが歩けなくなったことは知らない人)
「いや、ヘルニアやったのはこの子。手術して、今リハビリ中。往復歩くのは大変かなと思って、行きはカートに乗せて、帰り歩かせてるの」
「そうなんだ、びっくりした。」
いくらなんでもね、シルバーカーのお世話になるほどのお年ではございません。

フランキー君、こういう時シレッとして、それ僕のカートじゃないよって顔するんだもの。というより、中のパンが気になって仕方ない。「ウィンナーパン早く食べよ」
残念でした、売り切れでした。「ガーン!」違うパン買ったから、おうち帰ったら食べようね。

2018年2月 7日 (水)

またフランキーです

おととい、僕のドッグフードを買いに行ったお母さん。凹んで帰ってきた。僕がお帰りと言っても、すぐに電話をかけだした。自動車保険の会社らしい。しかも、お母さんが悪いらしい。

(はい、やってしまったのです。ホームセンターの駐車場から道路に出ようとして、歩道まではみ出してしまい、歩行者の邪魔になるからとあわててバックして、後ろの車にガツンと。

あっ、たいしたことはないので、ご心配なく。「ちょっとした傷」程度なので。それでも、「傷」には違いないので警察を呼び、保険会社にも連絡いたしました。せっかく、コツコツ等級あげてたのがパアですが。

なんで、後ろも確かめないでバックする?と自分に問いたいですが。
警察の人が「車間距離をつめてすぎたあなたも悪い」と相手に言ってくれたので、ちょっと留飲さがりました。100パーセント私が悪いは変わりませんけどね。)

そんな事で、しょぼんとしていたお母さん、今日郵便受けを覗いて「来た、来た」って。なになに?僕の?(僕のというか、自己満足というか)

なにかいろいろ入ってたけど、

P2070266


何これ?ボタンって何?こんなキラキラボタン、自分用じゃないよね。まさか、またタカラヅカ風の僕の洋服作るため?
(正解でございます)

あのさぁ、僕がお洋服着るの、背中の毛が生えそろうまでの一時なんだけど。
(まぁ、そんなこと言わないで。この間の、スカートピラピラ可愛かったし。「作るのかんたん、平らなワンコ服」なんて本も買ったし。生地もたくさんあるし。
しばらく、キラキラ服作るからさ。)

オー・マイ・ガット!お母さん、完全にキラキラ病にかかってる。ま、いいかぁ。どこかに出かけてガツンガツンやるよりは。
(人聞きの悪いこと言わないでよ、保険だって最高級まで上がっていたんだよ。使うの初めてなんだよ)

2018年1月30日 (火)

フランキーです パート2

フランキーです。りっぱな男の子です。
(子ではなくおじいちゃんだけどね)
僕はもともとお洋服が好きではなく、着せられてもすぐに脱いでしまいます。
(足が短いから、自然と脱げるというのもある)

それはお母さんもよく知っていて、冬でも裸なワイルドな男ですが、今度の手術で背中の毛を剃られたので、お散歩に行く時には、どうしてもお洋服が必要になるの。誕生日にお洋服を買ってくれたんだけど、値段高かったって。僕は知ってる、閉店セールだったってこと。
(ばれた?でも、それでもいいお値段したんだよ)

お母さん、これくらいなら自分で作れるんじゃないかと思ったらしい。どうせなら、宝塚風にしてみようって。タカラヅカって、僕を置き去りにして時々出かけるところね。タカラヅカ風ってどんな感じ?と思っていたら、お母さん、朝から何か作りだした。

そんなことしてないで、僕と遊んでくれた方が嬉しいのに。でも、僕、ちゃんと待っていたの。きっと英国紳士風の格好いいのが出来るんじゃないかと。で、出来たのがこれ。

P1300261
何だぁ。これ、おんなの子用でしょ、スカートなんて恥ずかしいよ。それにしても、こんなキラキラのピラピラを押し入れから出してくるお母さん、変。自分では着れないからって僕に押し付けないで。
「いやいや、みっちゃんだってスーツにヒラヒラつけてるし、変じゃないってば」というけれど、こんな女の子風いやだ、断固拒否。

P1300262

って、着せられたぁ。これじゃフランキーじゃなくてフラ子だよ。
(フラ子は響きよくないので、フウちゃんにしましょうね。おぉ、風ちゃんと同じじゃん、可愛いよ)
こんな格好で、お散歩行くのいやだ。誰かお母さんの暴走を止めて下さい。

2018年1月26日 (金)

フランキーです

僕、フランキーです
この家に来て10年。初めて入院と手術しました。時々お母さんが見にきてくれたけれど、その度に帰れるのかと期待してしまって、大騒ぎ。もう、この病院にずっといるのかなと思っていたら、やっと退院できました。

退院した時には、まだ立てなかったけれど、僕の努力で、立ってもう歩けるようになったよ。(手術してくれた院長先生とお母さんの努力だろうが)

なぜか、いつもは離れているお姉ちゃんがずっと家にいて、一緒に散歩行ったりしていたんだけれど、今日でいなくなったようだよ。
(今日が娘の通院日で、先生からもうお仕事大丈夫と言われた)

今日はすごく寒いのに、僕を一人にして、プンプン。(ちゃんと暖房入れていったでしょ)このまま、お姉ちゃんとさよならかなと思ったら、なぜかお昼前に帰って来たの。
お父さんがあるものを忘れて、お昼食べられなかったんだって。お姉ちゃんはプンプン怒っていたけれど、僕はラッキー。

EARTH CAFEに、ほんと久しぶりに行けたの。ここのクスクス大好きなんだわ。病院と同じところにあるので、また痛い思いするのかとちょっとドキドキしたけれど、今日は病院お休みなんだとわかったら、もうこれはドッグカフェだとはしゃいじゃった。

僕のクスクスがなかなかこなくて、僕には何もなしかと思っちゃった。(そんなわけはない)
Dsc_0095


久しぶりに食べたクスクス、すごくおいしかった。完食でーす。そこを出て、すぐにお姉ちゃんとバイバイ。お仕事頑張ってね。お前もしっかりリハビリ頑張るんだぞって。
えっ、僕もう完璧だと思うけれど。(いや、まだまだだよ、後ろに力入ってないの、お母ちゃんにはバレバレ)

リハビリ頑張ろう!また、クスクス食べるんだ!

EARTH CAFEのブログに僕載ってるよ。格好いいからかなぁ。(違います、お客さんの写真を撮って載せてくれてるだけです)なんか、お母ちゃんが撮った写真より数段格好よく見えるよ(悪かったですね)

2018年1月23日 (火)

11歳

Dsc_0091
今日はフランキーの誕生日です。犬用ケーキでハッピーバースディ。12月に大手術して、この日を迎えられたことに、感慨深いものがあります。

ヘルニアのグレード5と言われ、「もう歩きまわる姿見られないのか」
手術前に「脊髄軟化症なら、ほぼ助からない」と言われ、術後3日間ほどはとても不安だったこと。
退院して、3日目に立ち上がった時の、驚きと喜びと。昨日は後ろ足で、体を掻いて「今、見た?後ろ足で体搔いてた」と娘と二人で大騒ぎ。ちょうど、娘が術後療養中で、二人で進歩具合を分かち合えたのは、よかったことです。

Dsc_0110


ケーキはあっと言う間にこんなにぐちゃぐちゃ。

Dsc_0093


フランキーはもともと、洋服嫌いでほとんど持っていないのですが、今は散歩の必須アイテムです。

奮発して3着も買いました。一着5800円とはどういうこっちゃ。(閉店セールでかなりお安くなっていたのは、彼には内緒)

12月から、病院代だの、カーペット代だの、カート代だのって痛い出費だったけれど、お母さんのもとに帰ってきてくれてありがとう。

去年は私の入院、自身の入院と、私の元を離れていた時期がよほど辛かったらしく、私がちょっと離れただけで、ピタッと寄り添う甘えん坊じいさんです。

歩くことはだいぶ出来るようになりました。私が見たら「まだ前足に頼っている」と思うけれど、他人が見たら「フランキーちゃん、歩けるようになってよかったね」と言ってもらえるくらいです。

フランキーとの毎日を大事にしたいと思った今日でした。しかし、外の雪かきしたくらいで、「僕を置き去りにして」とそんなに怒らなくても…。これからも、宝塚やみっちゃん公演は行くので、「そこはよろしく」です。

みっちゃんFCから昨日メールが来ました。みっちゃんも昨日は帰宅にたいへんな思いをしたようですね。

より以前の記事一覧