2020年3月24日 (火)

リトルショップ オブ ホラーズ

Img059

昨日、観劇してきました。
行くまでずごく迷ったんですよ。
宝塚さえ、22日の再開だった。シアタークリエは地下にあって、より換気悪そう。
もし、行って感染でもしたら、私は重症化するだろうな。
もともと、呼吸系が弱くて、咳が出やすい体質なので。
辞めた方が無難かな。
散々、逡巡したけれど、私のストレスが爆発しそうだったので。

夫が退職してから、3度の食事つくるのは当たり前になっていたのですが、
月に何度かの観劇で、「ご飯は勝手に食べておいて」がどれだけガス抜きになっていたのか、
実感しました。(贅沢な悩みはわかっているんですよ)

どこも、空いていました。東京駅も大きなトランクを引っ張った外国人はいないし、
日比谷シャンテの食堂街も、昨日は宝塚が休演のこともあって、あっさり入れたし。
シアタークリエは少し空席はあったものの、ほぼ満員でした。

はじめてのリトルショップでしたが、すごく楽しかった。
昨日の配役、シーモア三浦宏規、オードリー井上小百合。
アラン・メンケンの音楽がすごくいい。皆さん、熱演でしたが
ドリームガールズのような三人(まりゑ、清水彩花、塚田直)が、特によかった。

なんと言っても、オードリーにDVする恋人、歯医者のオリン(石井一考)が一番。
人が痛がるのを見たいから、歯医者になったというとんでもないサディスト男。
オードリーも痣をつくったり、骨折したり。
そんな男が笑気ガスを吸いすぎて、笑いながら死んでいく。
誰も同情はしませんよね。

始めは食虫植物のような「オードリーⅡ」(声 デーモン閣下)だんだんと大きくなってグロテスクになっていく。
3D眼鏡をつかった演出も効果的でした。オードリーⅡに劇場が襲われるような。
映画はハッピーエンドだったけれど、舞台は違います。
オードリーⅡが暴走しだして、しかもその怖さを知らない人間が
挿し芽で増やしていこうとする。

今、世界を席巻しているコロナを想像して、妙にタイムリーなミュージカルでした。
来週、風ちゃんバージョン観てきます。
こちらに詳細載っています。




2019年2月11日 (月)

夫婦漫才

Meoto_sokuhou2昨日、みち友さんのお一人にお誘いいただいて、明治座まで。
「浜町から徒歩2分」とあったのに、迷う。(^-^;
すごく遠回りしてしまった。地下鉄は出口間違えただけで、とんでもないところに行ってしまうという教訓。

戦争から帰ってきた伸郎が働かずに、生活苦にために始めた夫婦漫才を中心に、笑いあり涙ありのお話で、楽しめました。所々に挟まれる漫才も、芸達者な大地真央、中村梅雀のお二人、さすがです。
昭和満載で、フラフープやダッコちゃん、懐かしかったです。


大地真央って、どうしてあんなに若いのでしょうか。不思議な人ですね。
久しぶりに吉沢京子を見られたのも、懐かしかった。
Yさん、楽しい時間をありがとうございました。またみっちゃん公演でお会いしましょう。

2019年1月 8日 (火)

日本橋

20181005_01
今日、新派公演「日本橋」を観てきました。
生で新派を観たのは初めてだと思う。
でも、水谷八重子や波乃久理子などの芸者姿、森雅之や菅原健次などの二枚目、そして花柳章太郎の女形が奇麗だったという記憶はある。

「海の上のピアニスト」での喜多村禄郎さんの熱演を観て、新派というもの観てみようかなのがきっかけだったけれど、よかったです。
舞台が日本橋の三越劇場というのもぴったり。観客側は平成なんだけれど、舞台上は大正、泉鏡花の世界。

先日から、時々泉鏡花を読んでいますが、半分古典なので、かなり根気がいる。「日本橋」も読んだけれど、本を読んで、やっとのこと情景を感じる作業が、舞台だとすぐにわかる。
そのことが、ストレスフリーで心地いい。

高橋恵子の清葉、河合雪之丞のお孝、奇麗でした。清葉が男を寄せ付けない清い女、お考は清葉が振った男をことごとく自分のものにする意地の女。結局、それが悲劇になるのだけれど、終わり方も新派らしい。


喜多村さんは正統派二枚目の役。いい役者さんです。
「恐怖時代」でみっちゃんと共演した河合宥季がお千世。お孝に仕えて、けなげで可愛いんですよ。

「吾妻下駄がカラコロと」だの「迦陵頻伽の迎えのように」、日本語って美しいなと思いました。最後のあいさつの「いずれもさま」も聞きなれないけれど、美しい言葉ですよね。大正ロマンにひたった3時間でした。

2018年11月29日 (木)

上州土産百両首 蛍

Img014
今日観劇してきました。両国シアターXは300席ほどの小さな舞台です。皆さん熱演でしたが、新国劇の殺陣をやるには、小さすぎる。
「蛍」は寺田屋騒動から始まるのですが、一人ずつなので、迫力に欠ける。扇治郎さんも槍を振り回す殺陣を披露してくれたのですが、もの足りない。

笠原さんも、新国劇の心を残そうと奮闘しているのはわかるのですが、「上州土産百両首」では扇治郎さんの幼馴染、「蛍」では坂本龍馬って年齢的にちょっと無理では。なにせ舞台が目の前だから、実年齢が諸にわかってしまうのです。
昔、新国劇大好きだったものには、新生若獅子頑張ってほしいのですが。


Dsc_0078
回向院が隣だったので、寄ってきました。ねずみ小僧の墓があって、帰ったらみっちゃんの「風の治郎吉」みようかなと思って、両国駅まで歩いていた時。

同じ袋を持った女性4・5人。背が高くてスタイルいい人いるなと思ったら、なんとみっちゃん。袋に気を取られていたので、気が付いたのはすれ違った時でした。一瞬、迷ったけれど、ここで声をかけなきゃ一生後悔すると思って、追いかけました。
後ろから「すみません、私、今扇治郎さんのお芝居観てきたところなんです」
みっちゃん「そうでしたか、ありがとうございます」と答えてくれました。

きっと差し入れを持って、夜の部を観に行くところだったのでしょうね。
ラッキーな一日でした。