2019年6月10日 (月)

美弥るりかさん、さようなら

昨日、月組のライブビューイングを観てきました。
美弥さんは、龍さんがトップの時からの番手ぼかし。
下級生の珠城さんがトップになって、二番手の羽を背負ってもトップになることが出来るのか微妙な位置。
美弥さんにとっても、珠城さんにとってもプレッシャーだったと思いますが、
二番手になってからの反撃が凄かった。

「グランドホテル」では珠城さんより美弥さんのほうが目立っていました。
劇団は、あの実力がもう少し早く出ていたらと思ったかもしれません。
結局トップになることなく、美弥さんは宝塚を去りました。
サヨナラショーをやったことが、せめてもの思いやりなのかしらね。

「グランドホテル」は美弥さんにとっても、思い入れのある公演だったのでしょうね。
サヨナラショーにもちゃんと入っていました。
月組生と最後に踊ったチャールストンは忘れられません。
最後に歌った「アンナ・カレーニナ」ではショーをお休みした海乃さんも歌で参加でした。

この月組公演はアクシデントがたくさん。
月城さんが途中から全休演。次の「チェ・ゲバラ」も休演だそうです。
本人が一番悔しくて、残念な思いでしょうね。
珠城さんの挨拶もそのことにふれて、涙する場面も。

私は、美弥さんのそれほどのファンでもないのですが、
月組に美弥さんがもういないことに、これほど虚ろな気持ちになるとは、自分でも以外でした。

余談:映画館だから、禁止されていることではないのですが、
「宮本武蔵」を観ながら、ポップコーンの香りを嗅ぐって、ちょっとねぇ。

2019年6月 1日 (土)

夢現無双

Img019

又八演じる月城さんが、ショーだけでなくお芝居も、とうとう休演です。
今まで相当無理して出演していたのでしょうね。無念でしょうが、怪我を治すことを一番に。
代演は風間柚乃さん。おばさんに似てかなりの美人さんです。

昔、中村錦之助の映画があって、テレビですが5部作全部観ました。
ひたすら武蔵を追うお通(入江若葉)が可愛くて健気でした。
中でも「一乗寺の決闘」は1対70(かな?)で、勝つためには子供でも殺しちゃう武蔵の凄みを感じさせる一番の作品だったと記憶しています。

齋藤先生は、吉川英治の武蔵お好きなんでしょうけれど、5部作の映画を90分に収めるのは無理だと思います。
エピソードの羅列で、感情移入できずに終わってしまった感、退屈感が満載でした。
珠城さんの武蔵、美弥さんの小次郎は適役だと思いますが、それだけに二人の決闘に、もう少し山場を持って行って欲しかった。
ところで、最後の決闘の島「巌流島」ではなく「舟島」にしたこだわりは何?

ショーでの美弥さん恰好よかったです。特別なファンでもないんですが、涙ぐんでしまった。
サヨナラショーがあるライブビューイングのチケット取りましたが、
夢現無双のいいところ、見つけられるかしらん。

 

2019年4月29日 (月)

CASANOVA ライブビューイング

Img018

昨日、千秋楽のライブビューイングを観てきました。
LV初めてなんです。チケット取るときから、失敗。
柏の駅前にある映画館だと思ったら「セブンパークアリオ柏」だった。
ここ、車で行かないと不便なんですよ。今、夜は運転しないことにしているので、どうしようです。
行きだけ、夫に送ってもらうことにしました。
「帰りも迎えにくるよ」いやいや、夜の運転危ないのは、そちらも同じ。
結局、帰りは電車で。

宝塚は生観劇に勝るものはないですが、映画館もそれなりに楽しめました。座席がゆったり、飲食自由。
(私はしません。隣からポップコーンや唐揚げの臭いがするのいやですものね)
家のテレビが大きくなったような感じは仕方ないですね。

ゆきちゃん(仙名彩世)がトップになってから、大人の女性役が多かったですが、
(別箱公演は未見です)ベアトリーチェは修道院から出てきたばかりの、好奇心旺盛で時々はらはらするような行動をする子。
可愛くて、ゆきちゃんにぴったり。もっとこういうお役、観たかったわ。

明日海さんのカサノバは、もうぴったり。はじけた様子もたくさん。
柚香さんの悪役は迫力ありました。
鳳月さんのコンデュルメル夫人の怪しい雰囲気もよかったですが、フィナーレで男役で踊る姿のほうが、やはり恰好いい。
千秋楽らしいアドリブも楽しかった。

サヨナラショーが始まる前に、組替えする舞空瞳さん、鳳月さんの挨拶がありました。
102期生がトップ娘役になる時代なんですねぇ。礼ちゃんといいコンビになることを期待。
鳳月さんも月組で頑張って。燕尾のちなつちゃん見ていて、「やっぱ、足の長さ半端ないわ」

サヨナラショーはゆきちゃんのダルマ姿から。
「シャンテ」の時「トップでもダルマになって、ラインダンスするんだ」と思ったものでした。
「シャンテ」で始まり、「シャンテ」で終わる明るいサヨナラショーでした。
一緒に退団する5人が銀橋でうたうシーンでは「次郎吉のみっちゃんを間にはさんで、やりあってた、二人とも退団しちゃうのね」
じゅりあさん、桜咲さん、あとの三人も卒業おめでとうです。

ゆきちゃんのご挨拶もユニークでした。「土手」「茶碗蒸し」「結べない風船」「グラッチェ」
最後まで明るくゆきちゃんらしくでした。

2019年4月27日 (土)

オーシャンズ11 副音声

Dsc_0180

昨日、みっちゃんの事務所からメールがありました。新体制で再出発するとのこと。
新しい事務所は、しっかりと北翔海莉を支えてくれることを望みます。

今日はWOWOWで、蘭寿さんとみっちゃんの副音声付きの「オーシャンズ11」の放送。
もともと、これは何度観たかというくらい、好きな作品です。
気持ちが落ち込んだ時は、「オーシャンズ11」か「メリー・ウィドウ」かってくらい。

番組の中で、みっちゃんも話していましたが
「花組でまゆさんがトップになって、すごく嬉しいんだけれど、私がその組にいないことが、悔しかった。
久しぶりにまゆさんと共演できて、ほんとうにうれしかった」

そのうれしさ伝わってくる作品でしたね。
蘭寿さんの恰好よさと、みっちゃんの幸せ感が満ちた作品に、
お二人の副音声、なんと贅沢なと思わせる番組でした。

「華雅りりか(テスの若い頃)はいいよね。こうやって、まゆさんと踊れるんだもの」
タカスペでみゆちゃんとデュエットしたときに、風ちゃんが嫉妬した時と、同じ事言ってる(笑)

東葛人図鑑、もう50回になりました。
ゲストは舞台朗読家の森優子さん。
お話の中で、大浦みずきさんの名前が出てきたり
郷ちぐささんがPTAの会長だったりしたことを知り、びっくり。
チャッチーさん、好きだったのですよ。可愛くてね。

2019年3月 9日 (土)

宝塚ファンの社会学

41t4op5l8rl宝塚ファンとは書かれていますが、一般のファンを書いたものではありません。
いわゆる「私設ファンクラブ」ついて書かれたものです。私自身は、これからもファンクラブに入ることはないと思うので、無縁の世界ですが、宝塚を観に行った時に、チケットお取次ぎの場面を見たり、お揃いの服を着て入待ち・出待ちする様子は見たことがあります。

ファンクラブって噂どうりだわと思ったり、噂以上だわと思ったり。一人のタカラジェンヌにつぎ込むエネルギー&お金、凄いわ。

みっちゃんのお母様の時に「歌劇団はタッチしていない」というコメント出ましたよね。それには、違いないのですが、これほどおんぶに抱っこされてて、なにか問題が起こった時には「関係ない」って、いつも同じ姿勢ね、宝塚というところは。

もし、ファンクラブというものがなくなったら、ジェンヌさんのマネージメントもチケット捌きも自分たちで出来るのですかね。そこら辺を、もっと根本的に考えないと、今度のようなことは再び起きそう。チケットが一般ファンに回らない現象も、熱狂的なファンで客席満席になればいいんでしょうね、宝塚側は。

みっちゃんの「蘭」の制作発表の様子。お元気そうで。
こちらは、みっちゃんとコマさんが「CLUB SEVEN ZEROⅡ」のお話。
時々見るだけでも、「これって何の制作発表?」と混乱するのです。
みっちゃん自身は間違えないのかしら、「ふたり阿国」の時に、「蘭」の話したりして。

2019年3月 4日 (月)

群盗

Cpl73a000007pyshチケットが降りてきました。

(Yさん、ありがとうございます)
青年館、「パジャマゲーム」以来です。
あの時は、病み上がりでよく頑張って通ったよ、私。

キキちゃんの成長ぶりにびっくりしました。
以前は、こういう影のある役、あまりなかったよね。

話は、原作を読んでないのでなんとも言えないのですが、大分宝塚的になっているのかな。
「革命は暴力である」という言葉が唐突に思いましたもの。

あなたたちがやってることは、革命というより犯罪行為。
犯罪である以上、結論はわかっているわけで。

「群盗」は下級生がほとんどで、大劇場ではなかなか役が付かない人たちがすごく頑張っていたことが印象的でした。
中でも鷹翔千空の美貌ぶりは際立っていました。

2019年2月27日 (水)

第六の地球

Dsc_0137 完全に、どうでもいい話なんですが、朝ドラ「まんぷく」観ています。
パーラー「白薔薇」に貼ってあったポスター、朝はあれっで終わってしまったので、昼に録画して、写真撮りました(^-^;

「第六の地球」?これ実際の公演ポスターじゃないよねと思いつつ、ウェブ検索。
ありました。「第六の地球 白夜に帰る」’58年雪組公演。一体、どんな話だったのでしょうか。ポスターの中心は明石照子さんかな。
さすが、NHK。小物にも凝るのね。

野呂さん、福ちゃんの夢に出てきたけれど、死んじゃった?
ラーメンの缶詰、絶対おいしくないと思う。

2019年2月21日 (木)

霧深きエルベのほとり

みっちゃんのお母様のニュース、地上波でもとりあげられて、そのたびに映るみっちゃん写真、とても悲しく思います。
みっちゃん自身は、自分に厳しく、他人にはとても優しい人柄であることは、微塵も疑っていません。お金にならない仕事でも、誠心誠意努めている姿も見ていますし。


そのみっちゃんを育てたご両親、存じ上げているわけではないです。
公演の時に、お見かけするので、一言二言話したことがある程度です。
パパさんは、公演の時に、「北翔」のうちわ持っている方で、「パパさんが、北翔海莉の一番のファンだね」とみち友さんと話したこともあります。

宝塚辞めて、大手に属さず個人事務所にしたのも、「やりたい仕事をやりたい」という気持ちの現れだと理解できます。
お母さんが事務所代表ということでも、会社経営のプロが入っていると、当然思っていました。そうではなく、宝塚のファンクラブそのままの延長だったのですね。
そのことが、すごく甘い。


宝塚卒業の日から、北翔海莉個人になるのです。「前トップ」はしばらくは売りにはなるでしょうけれど、「元トップ」になるにしたがって売りはだんだん減ってきます。
売りの間に、いかに北翔海莉の実力を一般の人に知らせて広めていくのが、事務所の仕事なのに、足を引っ張ってどうするのよ。このことは怒っています。
HPの謝り方も変ですよね。「当社とは関係がありません」って、代表が告発されているんですよ。まず謝罪ありきだろと思います。

ちょうど確定申告の時期で、国税局の意図も感じますが、国税局につっこまれるほうが悪いです。同情しません。
「もう済んだことなのに」という意見もありますが、それは違う。うっかりだと修正申告をして納税をして終わりですが、国税局は悪質だと千葉地検に告発したのです。まだ、現在進行形です。お金がお母様やみっちゃんの口座に入っていることが影響しているのでしょうね。
今は、地検が起訴するか不起訴なのか捜査している段階です。終わった事案ではありません。起訴になれば、裁判になり、またこのことが大きく取り上げられることがあるかもです。

このことで、みっちゃん自身とても傷ついているんだろうなと思います。今後のお仕事にも影響すると思います。扇治郎さん、ちゃんと支えてあげてね。
私は、みっちゃんファンは辞めません。あなたが好きだから。

Cpl73a000007kmqc
前書き長くなりました。
昨日、星組観劇。
チケット全滅で(次の花組も取れなかった)、なんと半年ぶりなんですが、昨日はSS席。ほぼセンターでした。


いやぁ、疲れた。SS観劇初めてではないんですが、こんなに、ドキドキしたのは初めてではなかろうか。
みっちゃんの時は、みっちゃん眺めているだけで、終わってしまった感満載。

昨日は紅さんや礼ちゃんが銀橋に出るだけで、ドキドキ。


霧深きエルベのほとり
たぶん話古臭い感想もあると思いますが、私は好きです。
曲も「この歌、この公演で使われたものなんだ」という名曲が多いですし。
なんて、言ったって紅さんの水夫姿恰好いい。
礼ちゃんがマルギット好きなのに、二人を応援する姿は健気すぎ。

でも、愛と結婚は別物ですよね。仮に結婚しても、このカップル上手くいかないと冷めた目で見ている私もいます。それと三人以外あまり出番がないのもちょっとね。


ESTRELLAS
テレビで観た時と違って、星組さんのエネルギーを諸に受けちゃった。
銀橋に出てこられると、紅さん、礼ちゃん、七海さん、せおっち、みんな観なきゃと目は忙しいし、視線合うと「あら、どうしましょう」になっちゃうし。
この公演で、退団する七海さんがニコニコしながら舞台に立っている姿は泣けてしまいます。格好良かったよ、忘れないよ。

2019年2月17日 (日)

ファントムとファントム

Poster11年花組公演を観ました。変更したところを確かめるためです。
比べるのは意味ないので。というか、次に再演されることがあるとすれば、とんでもなく高いハードルが出来てしまいましたね。
いっそのこと、また雪組でやればいいのにとも思います。

花組を観て、オープニングのCG映像が効果的なことがよくわかりました。映像と音楽で、観客はすっとファントムの世界に入っていけます。

朝夏さんや望海さん、みりおんも出ていた11年のファントムはそれなりに貴重ではあります。



望海さんはまだ現役だけれど、「ファントム」は代表作になるでしょうね。
蘭寿さんの代表作は「オーシャンズ11」。あのダニーはとんでもなく恰好よかった。
荘さんは何だろう。「若き日の唄は忘れじ」「心中 恋の大和路」好きだけれどね、代表作とは違うかな。やっぱり「ベルばらフェルゼン編」かな。

みっちゃんは好きがありすぎて、一つは選べない。

2019年2月12日 (火)

ファントム

Cpl73a000007ae96チケットが取れなかったので、ブルーレイを購入しました。望海さんも真彩さんもすばらしいです。歌上手だけでなく、心を込めて演技しているので、ついつい見入ってしまいます。
が、家にいると、いろいろ中断されるのが、煩わしい。
夫に「これ、チケット取れなくて、今日が初見なの。見ている間、話しかけないでくれる?」と。


この演目は見所がたくさんありますが、キャリエール(彩風咲奈)と「お前は私のもの」を歌うシーン、心に残ります。
カルロッタの舞咲りんさんも、意地悪さがよく出ていました。

ブルーレイは役替わりのダイジェストがついていたのですが、朝美さんの伯爵、翔ちゃんの支配人もよかった。
トップコンビの歌だけで聴かせるのではなく、雪組全体が全力で演じた舞台でした。



考えたら「ファントム」って残酷な話ですよね。キャリエールの不倫の末に生まれたエリック。顔が醜いだけで、オペラ座の地下で暮らしていたら、精神的に歪んだ子供になるのは、当たり前だし、クリスティーヌも自分から顔を見せてと、あんなに言っておきながら、何故に逃げる?傷ついたエリックは破滅の道しかないわけで、究極のバッドエンドストーリー。

より以前の記事一覧