« bare 2回目 | トップページ | 鍵盤男子 »

2020年2月 9日 (日)

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

717r4hta15l_ac_ul480_ql65_ml3_

私、文楽のこと何も知らなくて
義太夫の語りが浄瑠璃なのね、その浄瑠璃の作者を描いた本なのね、程度の認識しかありません。

この本、始めは退屈だったのですよ。
近松半二の成り行きまかせみたいな生き方に、共感できなくて。
図書館に返すまでに、読み終えるのだろうかと。
100ページ過ぎるあたりから、一気でした。

演目がかかるまでに、その本を書いた作者がいて、その演目をかけるかどうか決める座本がいて
人形遣いや義太夫語り、三味線が三位一体となって、それを観にいく観客がいて、と
いつの間にか、私も道頓堀のざわめきの中に立っていました。

大島真寿美さん、高校の後輩なんですよ。(私、高校は名古屋なんです)
直木賞とった後輩がいるって、ちょっと誇らしくて読んでみました。
先日から大学の先輩だの、高校の後輩だの繋がりで、せっせと図書館通いしています。



« bare 2回目 | トップページ | 鍵盤男子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« bare 2回目 | トップページ | 鍵盤男子 »