« イスパニアのサムライ アクアヴィーテ | トップページ | bare »

2020年1月28日 (火)

ミュシャのカレンダー

Dsc_0063
1月も終わろうとする時期に、カレンダーを買いました。
テレビ東京の「美の巨人たち」が好きで、自動録画しているのですが
まとめて観るので、その時期やっていた展覧会は、とっくに終わっているという。

これも、9月の展覧会に合わせて、放映されたものですが、観るの遅い。
図書館で図鑑を借りたりしていたのですが、せめてカレンダーでもと思い、アマゾンで購入。
1月は「百合の聖母」です。
外国製なので、祝日は期待していなかったのですが
13日は「coming of age day(japan)」とちゃんと書いてありました。
そういえば、みっちゃんの「メリー・ウィドー」のポスターもミュシャ風ですよね。
Poster


録画を観て(時には早送りし)、よかった作品

「Anna Karenia」
話は好きではないけれど、美弥さんが奇麗。
「last party」を観た直後だったので、海乃さんに振り回される月城さんが可哀そうでした。

「ボへミアン・ラプソディ」
これも今更の感ですが、「クイーンはやっぱり偉大だ」
クイーンの四人がそっくりでしたね、ブライアン・メイなんて本人かと思ってしまった。
フレディは、本人の方がいい男のように思う。

「吉崎憲治&岡田敬二 ロマンティックコンサート」
ずっと宝塚ファンだったら、垂涎もののコンサートでしたが、私は離れていた時期が長いので。
でも、知っている歌が多くて楽しめました。
びっくりしたのが「ル・ポアゾン」歌上手さんが歌うと、こういう解釈なんだと初めて知りました。
剣幸さんもすごかったけれど、涼風真世さんがすごかった。
その時の私を想像すると、笑える。口ポカン、目を見開きって…。それぐらいインパクト強かった。

昭和的と言われれば否定はしませんが、「昭和ですが、それが何か?」
歌上手ばかりだと幸せですね。大和さんも出ていたけれど、あの華やかさだけで、いいです。
吉崎先生もあのお年で、ずっとタクト振って、すごいよね。
現役生では、悠真さんが上手なので、びっくりしました。
(美穂さんと愛月さんは実力わかっているので)

いまいちだった作品(ファンの方ごめんなさい)
「エリザベート」(18年月組)
これ、ちゃぴさんの退団公演で、希望なのかな。
ちゃぴさんのエリザベート、瞳花さんのゾフィーが合っているだけで、
ミスキャストともいえる演目。
珠城さんが、全然トートに見えないんですが。

« イスパニアのサムライ アクアヴィーテ | トップページ | bare »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イスパニアのサムライ アクアヴィーテ | トップページ | bare »