« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月24日 (火)

Love Songs Covers with Strings

Img043_20191224064901

昨日、行ってきました。
渋谷はゴチャゴチャしていて、苦手です。どこかしらん工事してるし。
さくらホールというのも、初めてで迷子になりそうになりながら、やっとたどり着きました。

昨日は、みっちゃん紅一点。
みっちゃん以外、知らない人ばかりでしたが、いやぁびっくり。
レベル高い。みんな、とびっきり上手なんですよ。
それぞれのファンがいて、観客席も熱かった。
昨日は、ポピュラーソングで聴きなじみがある曲が多かったです。
全員の「浪漫飛行」からはじまりました。

みっちゃん、尾崎豊の「I LOVE YOU」を歌ったのですが、
途中で歌詞が出てこなくなって「あら、どうした。歌詞が飛んじゃった?」
と思ったら、そうではなくて
「皆さんの前で、もうお仕事出来ないかと思った時期もあったけれど
こうして、無事に仕事納めが出来ると思ったら、涙が出ちゃって。すみませんでした」
みっちゃんにとって、激動の一年だったね。
来年もとびっきりのパフォーマンスを見せてくれることを期待します。

川島ケイジさんの「リバーサイドホテル」LENさんの「いのちの理由」など圧巻でした。
みっちゃん、久保田利伸の「Missing」
ジャミン・ゼブさんとコラボの「夜空ノムコウ」
まではパンツスーツ。

ドレス姿になって「Story」
最後に川島ケイジさんと手を組んで現れた時は会場から「ほぉ」と声があがります。
(まるで、新郎新婦のようでした)
最後に全員で「愛は勝つ」
この歌、単純で好きではないのですが、歌上手がそろうと、ほんとに「愛は勝つ」と思えてくる。

日本ポピュラー音楽協会のツイッターに昨日の様子があがっています。
昨日、後ろのおばさん一行がうるさくて
「次、エリックよ」「上手いよね」(いちいち感想言わなくてもいいって)
ドレス姿のみっちゃんに「まぁ、奇麗な女の人」(もともと、女性なんだって)
私たちも気をつけよう。


2019年12月22日 (日)

聖夜の奇跡

Img042

昨日紀尾井ホールへ。
実力者ぞろいの、まさに奇跡の耳福なコンサートでした。
私はみっちゃんファンですから、みっちゃん中心に書きます。

「メリー・ウィドー」舞台上の嘉目さんのハンナに対して、客席から燕尾服のダニロが現れます。
二人のハーモニーの心地よいこと。
オペラで活躍されている方と、一緒に歌うだけでも緊張すると思うのに
みっちゃんは堂々としていました。
みっちゃんのダニロにまた会えるとは、思っていなかったので、ほんと幸せ。

「すべての山に登れ」
みっちゃん、紺色のドレスに着替えて現れました。
この歌はみっちゃん、よく歌いますが、昨日のパフォーマンスは圧巻でした。

ミスサイゴンより「世界が終わる夜のように」
テノールの西村さんと、まるで本当の恋人のように、デュエット。

長谷川さんの司会に「すごい方ばかりで、場違いのような気がする」と恐縮していましたが
そんなことはない。みっちゃんの実力を改めて知った夜でした。

二部は長谷川さんがストーリーテラーとなって、クリスマスメドレー。
長谷川さんの声がとても心地いいです。
上質なクリスマスコンサートでした。
本当に贅沢な一夜でした。
二期会のツイッターでドレス姿のみっちゃんが見られます。

2019年12月19日 (木)

I AM FROM AUSTRIA

Img041

昨日、観劇してきました。
楽しかった。
けれど、です。ホテルの御曹司とハリウッド女優が出会って恋をして、
とこれだけで、話の終わりがわかってしまう。

2幕目はどうやって話を納めるのか、と思って観ていましたが
さほど、びっくりもなく、終わったという感想。

話は単調ですが、仕掛けが一杯。
製菓部にケーキがたくさんあるのですが、突然動き出して
ケーキの帽子をかぶった人が現れて、びっくり。
映像を駆使したり、ヘリコプターまで現れてだったり。

ジョージ(珠城りょう)とエマ(美園さくら)
ふたりとも役にぴったりでした。
珠城さんは、こういう誠実な役が一番似合いますね。
美園さんもセレブ感がよく出ていました。歌上手ですね。

エマのマネージャー、リチャード(月城かなと)
ジョージには「ウィンナ野郎」とすぐ突っかかるし、エマには威張りちらして
ほんといやな男なんですよ。
あの美貌で、いやな男ってすごく存在感がある。
いちばんおいしい役どころかも。

ジョージのパパ(鳳月杏)とママ(海乃美月)
喧嘩ばかりしている夫婦だけれど、最後はこちらもハッピーエンド。
鳳月さんがいいんですよ。奥さんの顔も立てつつ、
ジョージには的確なアドバイスをする。
何しろ、このお方は舞台上にいるだけで、映えるお方です。

パブロ(暁千星)
サッカー選手でリチャードによって、エマと結婚させられそうになるが、実は…というお方
一幕では出番少ないと思っていたら、ホテルの製菓部でバイトしていたんだってね。
見逃した。

フェリックス(風間柚乃)
エマが泊っていることをツイートしたり、ジョージの車をぶつけてしまったり、失敗ばかり。
でも、エマとジョージを匿ったりいい人なので、憎めない。
風間さんは、これからの成長楽しみです。

2019年12月17日 (火)

呆れる

1576582176835375527429

下の記事で書いた、中村先生の本を読もうと、アマゾンに行ったら
定価1600円の本が、4000円以上から8000円以上で出品されてる。
これだけではなく、中村先生の著書で在庫なしの本は軒並み定価以上になってる。
全く、人の死を何だと思っているんだ。(怒)

ちなみに出版元のNHK出版のHPに行ったら「緊急増刷中」だそうですよ。
少し待てば、定価で手に入ります。

私は図書館に予約入れました。順番からいくと今年中は無理みたい。
気長に待ちましょう。

2019年12月16日 (月)

風邪ひいた

先日から、体調悪く、
先週の火曜日、鏡を見てびっくり。
右目が真っ赤になっている。早速、眼科に行ったら
「結膜下出血」というのだそうで、
「放っておいても大丈夫。でも治るまで、10日間くらいかかります」
仕方ないので、出かけるときは、サングラスしていました。

やっと、少し赤みが引いたかなと思ったら
今度は咳が出始めた。
土曜日が一番ひどくて、この日ピアノレッスンの後、
「ロックオペラ モーツァルト」のライブビューイングを観る予定だったのが、
ピアノが終わったら、とてもそんな元気が出なくて、
泣く泣くあきらめました。この公演とても評判よかったようで、残念です。

夫「映画館なんだろ」
「そうだよ」
絶対、映画代と同じだと思ってる。
手数料いれたら、5千円近くになるなんて言ったら
「もったいない」とぐちぐち言われるので、だまっていた。

やっと、咳も収まり、右目もだいぶ白くなってきました。
ほんと、体調にもっと気をつけよう。

2019年12月11日 (水)

中村哲先生

Dsc_0050_20191211200201

今日、母校から広報誌が届きました。
その中の1ページ「先輩方の本を読んでみよう」に中村先生の著書が。
先生が西南学院中学卒ということは、知っていたのですが、
それ以外に全く接点はありません。

私は短大の2年間通っただけだし、年も違うし。
(その短大もなくなり、今は4年制になっています。)
接点はありませんが、偉大な先輩だと思っていました。

この広報誌が編集された時には、まさか葬儀の日に各家庭に届くとは、
思いもよらないことでした。
アフガニスタンのために、心血を注いだ方が、銃撃で亡くなる。
このことに、怒りとやりきれなさと悲しみと、いろいろな感情がわきます。

(葉室麟さんや井上芳雄さんが西南出身だったということは、
この広報誌を読んで初めて知りました。)

2019年12月10日 (火)

お香

Dsc_0048 

もうすっかり年末ですね。
フランキーの姿を見かけなくなる季節です。昼はコタツもぐり、夜は私の布団の中。
年だなと思うのは、朝私が起きても、フランキー熟睡。
抱き上げて1階に降りると、そそくさとコタツの中へ。
散歩行くよと言った時の、迷惑そうな顔。
すっかりおじいちゃんです。

私はまず白檀の香を焚きます。
気持ちが落ち着きます。


Dsc_0049_20191210064301
これは、無印で買ったアロマディフューザー。
空気乾燥しているときにはこちら。(加湿器として役にたつかどうか別にして)
エッセンシャルオイルを買いに、「生活の木」に行った時
サンダルウッド(白檀)、いろいろ種類があって迷いましたが
白檀ならインドかなと思って買ってきました。

サンダルウッド安くないのが、痛い。
エッセンシャルオイル抽出するのに、手間がかかるのは充分に承知しているのですが。

話変わって、宝塚友の会から届いた「ナンチャラ100周年」の来年のカレンダー。
奇麗ですが、折れてるし、貼ってもカレンダーの意味ほぼなし。
(下のほうに、ちょこっと日付はいってるだけ)
これより、チケット(特に雪組)取りやすくなりませんかね。
来年のチケット、友の会あてにならないから、あちこちネット巡りしているんですよ。


みっちゃんの来年のカレンダーも届きました。
夫「これ、カレンダーとして役にたつ?」
「たちません。カレンダーをみたいならこちらをどうぞ。」と
ライオンズの月別カレンダーを指します。
今、スマホで予定管理できるから、家のカレンダーって使わなくないですか。

2019年12月 5日 (木)

おかえり!松坂

Matuzaka

松坂大輔が14年ぶりにライオンズに帰ってきます。
賛否両論あるようですが、私は素直に嬉しい。
また西武ドームで投げる姿、ぜひ見たいです。


毎年、誰かが去るライオンズにはもう慣れたけれど、
去り時に、ライオンズ又は球場を、デスる発言には結構傷ついています。
(今年のことじゃないです)
某選手の「ドームなのに虫が出る」→虫なんか日本国中どこだって出るはず。
虫が怖くて野球選手やっていられるの?
あなたが行った楽天球場、鳥が大量発生って去年ニュースになっていましたが、それはいいの?

某選手「西武ドームは辺鄙なんですよ」→西武ドームの近くに住めばいいじゃん。
せめて、「育ててくれてありがとう」くらいは言えませんかね。

先日から主力選手の契約更改が続々と。
森は倍増どころか1億2千万増の2億。
源田、外崎は1億4千万。
中村は3億5千万。
山川は2億1千万。
今年の働きから当然とも言えますが、
ケチケチ球団にしては、頑張っていると思います。

嬉しかったのは十亀と金子の複数年契約。
金子のコメントの「チームもファンも全部好き」
ほんとにいい奴だぁ。大好きだよ、ネコちゃん!

 

独り言

このブログは記事ごとにパスワードをかけられないので、パスワード記事は、アメブロのアメンバー限定に書くことにしました。

 

アメンバー申請は知人に限らせていただきます。m(__)m

2019年12月 2日 (月)

Life is Songs

Img040

昨日、取手まで。
三人(+紫城るいさんと他三人)の歌に酔いしれてきました。
剣幸さんと北翔海莉さんは25学年差だそうで、
真琴つばささんは月組に入った時の、トップ。
みっちゃんもすっかり下級生です。

ディートリッヒやピアフから始まり
ラテンナンバーやミュージカルナンバー、楽しかった。
(プログラムがなかったので、詳しい曲名はパス)

剣さんの「ミーマイガール」さすがです。
25学年差ということは、大体のお年がわかりますが、
元タカラジェンヌはお年不詳です。

県別魅力度連続最下位の茨城に、振りつきのエールもありました。
笑った、笑った。

みっちゃんの最後の歌はレ・ミゼラブルの「On my own」
明治座でも聞きましたが、心に響きます。

早速、真琴つばささんがブログに挙げてくださっています。
みなさん、お奇麗です。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »