« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月29日 (木)

Summer Night's Dream

Img024

昨日行ってきました。皆さん、歌上手、芸達者。本当に楽しい舞台でした。
ソロはみっちゃんの「On My Own」から始ります。ミュージカルに詳しくなく、
「レ・ミゼラブル」の曲と帰宅して知りました。圧巻でした。
風ちゃんと坂元のさんのファントムなどミュージカルナンバーが続き、
「That's Entertaiment」のダンスでは、「エンターティナー」の圧巻のラインダンスを思い出し
3年も経ったんだなと懐かしく思いました。


後半は「クラブセブン」のノリで。
みっちゃん・坂元さんの「あの鐘を鳴らすのはあなた」はアッコさんになりきり、また上手い。
「なごり雪」「関白失脚」ではコントが入ります。
笑わず歌いきるのは、至難のわざかと。
みっちゃん・雅原さんのピンクレディ、風ちゃんの「赤いスイートピー」はなりきり度がすごい。

2部は「ふたり阿国」から。峯岸さんには悪いけれど、お丹が風ちゃんだったら、
あのミュージカルもっと良くなっていたと思わずにいられませんでした。
ディスニーナンバーでは「let It Go」を二人で。
豪華な衣装を着た二人、アナとエルサのようでした。
ミュージカルでの二人共演を願います。

「Take Five」をまたみっちゃんで聴けたのは幸せでした。
「Mr. Bojangles」は年老いたダンサーの歌(これもネット検索)
玉野さんの味わい深い歌と、人間業とは思えないタップ。

だいぶ、省きましたが、皆さん圧巻のパフォーマンスで、本当に凄かった。
みっちゃんなんて「蘭」の全国ツアー中ですからね、お体大切にと思わずにいられません。

ちょっと感激した話

公演終わってみち友さんとお茶した時のこと。どこも満員で、少し離れたケーキ屋さんに入りました。
そこも相席で、やはり公演後の方とお話していたのですが、
もう一人、後からいらした方は宝塚もみっちゃんも関係なくて、
「迷惑かな」とは思いつつ、やはり宝塚のことなどお話しました。

その方、先に帰られたのですが
レジの人から「楽しかったので」の言づけでブッセを頂きました。
まだ、若い方でしたが、なんと気が回る方かと思いました。

お礼を申し上げられなかったので、この場でありがとうございました。

2019年8月25日 (日)

壬生義士伝

Img023

昨日、三井住友カードの貸し切り公演観てきました。
「泣ける話」だと聞いてはいましたが、
私は泣かないと思っていました。そもそも、新選組って好きではない。
原作も読んでいない。

幕開け、新選組のダンダラ羽織で始まるのかと思ったら、いきなり鹿鳴館から始まります。
この鹿鳴館の場面、説明場面として、たびたび登場しますが、
観る方は、感情途切れて「邪魔」の思いでした。

鳥羽・伏見の戦いで負けた貫一郎(望海風斗)大坂の南部屋敷に逃げ込み
幼馴染の大野(彩風咲奈)と再会。南部に帰りたいという貫一郎に
大野は切腹を申し付ける。
という、ところで「あれ、これ読んだわ」と思い出した。

咲ちゃんがいいんですよ。幼馴染としての顔、南部藩の上役として、厳しい言葉を並べる顔。
母親の前で子供になる顔、いろんな顔を見せてくれました。

南部藩の大阪屋敷の場面では、もう号泣。
「私、なんでこんなに泣くの」という感じでした。
話に入れ込んだのではなく、私の心が疲れていたのだと思う。(いろいろあるんですよ)
そこにピタッとはまってしまったのだと思う。

言っても詮無いけれど、下級武士でも維新後に名を残した人はたくさんいる。
吉村貫一郎も長州とかに生まれていれば、木戸孝允や伊藤博文みたいになっていたのかも。
せめて、南部に帰してあげたかったな。

ショーは伝統的という感じ。
トップコンビが歌うまというだけで、安定感が増します。
咲ちゃんのジャズ場面、黒燕尾の場面がよかったです。

 

2019年8月20日 (火)

GOD OF STARSー食聖ー(LV)

Cpl73a0000080ifl
東京公演のチケットが取れなくて、宝塚の千秋楽のライブビューイングを観てきました。
「GOD OF STARS」については、感想に迷います。
面白かったんですよ、曲も楽しいし。紅さんの最後にふさわしいコメディだし。

ただ、話が薄い。ホン(紅ゆずる)とリー(礼真琴)のゴッド・オブ・スターをめぐる戦いになれば、
結果は観なくてもわかる。結果がわかっているお芝居、申し訳ないけれど、
途中であくびが出ちゃいました。

ショーは「宇宙から地球に舞い降りた青年が、世界各地を舞台に舞い踊る」
というコンセプトだったって、公演解説を読んで初めて知りました。
昨日は、プログラム売り切れだったので。
黒燕尾の踊りが、とてもよかったです。
せおっちが公演ごとに上手くなってる。

サヨナラショーは紅さんらしく楽しいものでした。
「スカーレット・ピンパーネル」から始まり「アナザー・ワールド」のなんまいだで終わる。
途中、紅子さんも出てきて、楽しかった。

挨拶は、紅さんの宝塚愛が十分に伝わってきました。
最後は、紅さんもあーちゃんも真琴ちゃんも涙でグズグズでしたが。
東京公演も頑張って。


聞いて聞いて
次の雪組公演も、友の会では取れなかったのですが、
花組公演はなんとSS当選しちゃいました。
明日海さんの最後の公演、楽しんできます。

2019年8月12日 (月)

花火大会

Dsc_0019_horizon
昨日、日ハム二軍球場で花火大会があり、行ってきました。
すごい人出で、人混みが苦手な私はうんざり。
でも、花火は奇麗だったし、屋台のお店も良心的価格だったので、満足です。
しかしですね、二軍にはいなくなっている選手の写真を、いつまで掲げているのは如何なものかと。
ダルビッシュや大谷はまだしも、森本稀哲や武田久など、もう現役引退してるのですが。


Dsc_0020
今日は球場の近くにある「鎌ヶ谷リゾート」というお店に。
近くにあるのは知っていたのですが、どんなお店かよくわからずに、素通りしていたのですが、
ビュッフェ形式のお店でした。

時間制限なし、ドリンク一杯お持ち帰りOKという良心的なお店です。
お料理もおいしかったのですが、ここ知らないうちに変わるというお店です。
お店の名前からして「ワカナカフェ」だか「鎌ヶ谷リゾート」だかよくわからない。
営業時間も平日は17:00までという、(土日はディナーもあるようですが)
やる気あるのか不思議なお店です。立地的には不便ですが、お客さんはたくさんでした。

テラス席は、ワンちゃんOKらしく、小さいけれどドッグランもあります。
もう少し涼しくなったらフランキー連れて行ってみようと思います。

この暑さに完全に参っています。
もう家でゴロゴロ。畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズを読み返していたら、
いつの間にか、寝てるという怠惰な毎日です。


2019年8月 3日 (土)

蜂の巣

2,3日前に、木の陰に蜂の巣発見。
その時は、夫に処理してもらいましたが、わざわざ家の中に持ってあがるんですよ。
「ほら」って。
私、蜂の巣が6角形に並んでいて、その中に蜂の子がうごめいているのを見るのが
非常に苦手。「早く処理してよ!」

今日、犬の散歩をしながら、何気なく我が家見上げると
二階の窓の脇にある茶色い物体を発見。「あれ、もしかすると」
やっぱり蜂の巣でした。

Img_20190803_110936_20190803114201
(グロテスクなので、ガラスかけました)

また、夫に言って「ほら」とか、やられるといやなので、一人で棒で叩き落とすことに。
「気持ち悪っ!」と思いながらも、やったぜ!
せっかく作った巣を壊された蜂さんには気の毒だったけどね、
大きくなるとやっかいなので、ごめんね。


違う話。
昨日来た宝塚からの組替えのメール
綺城ひか理、星組へ →ふーん、花組で番手上げそうに思っていたのにね。
朝月希和、花組へ →何のための雪組移動だったのかしらね。
永久輝せあ、花組へ →ちょっとびっくり。雪組で存在感あったのにね。
紫藤りゅう、宙組へ →星組のイメージ強いけど。
で、最後に超びっくり。
愛月ひかる、星組へ。
なんのための専科行きだったの。
二番手の羽背負うのでしょうか。美弥さんみたいになるのでしょうか。
宝塚人事ってさっぱりわからんと、前から思っていたけれど、
なんだか行き当たりばったりのように思えてきました。
駒をあれこれ、動かすより、スター育成に力入れてほしい。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »