« 千葉ドリーム!もぎたてラジオ | トップページ | 「蘭」の全国巡業 »

2018年12月 5日 (水)

海の上のピアニスト

Img015昨日、観劇しました。天空劇場は北千住にある東京芸術センターの21階にあります。下を見るとクラクラします。
みっちゃんとピアニストの大井健さんが、ノヴェチェントを演じ、その他の役は喜多村禄郎さんが演じるという意欲的な劇でした。

上質な舞台を観たという感想です。
舞台の上は、ピアノと階段、あと箱がいくつかのシンプルな作り。3人の実力と星田先生の脚本、中村先生の音楽、どれもがオーケストラのハーモニーのように、本当に良い舞台でした。

みっちゃんは、8歳から32歳までちゃんと演じ分けていましたし、喜多村さんも、親友のトランペッターや養い親やさまざまな役を演じながら、ストーリーテラーとしても演じ分けてさすがでした。
大井さんのピアノも凄かった。(語彙力なし)

ノヴェチェントが、一旦船を降りる決心をしながらも、どうしても降りれなかったタラップ。廃棄処分が決まり、ダイナマイトの上で心情を語る場面では、みっちゃん自身にも涙が浮かんでいました。

死を選んだのではなく、生きるすべが船の上でしかなかったノヴェチェントの心情が、ストレートに伝わってきました。
この公演は、いつまでも心に残る公演だと思います。

« 千葉ドリーム!もぎたてラジオ | トップページ | 「蘭」の全国巡業 »

北翔海莉・宝塚OG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145305/67451774

この記事へのトラックバック一覧です: 海の上のピアニスト:

« 千葉ドリーム!もぎたてラジオ | トップページ | 「蘭」の全国巡業 »