« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月29日 (金)

千葉市美術館

Img013


「岡本神草の時代展」に行ってきました。ちらしの「口紅」。身八つ口から出ている手が艶めかしい。もう少しでお化粧が終わる舞妓の顔は、なんとも妖艶です。

神草は38歳で亡くなってしまったので、完成した作品がとても少ないのですが、下図というか、草稿が同時に展示されていて、比べながら観ると興味深かったです。
完成図はともかく、草稿まで丁寧にとってあったことにも驚きます。奥さんの実家に保存されていたそうですが、捨てられなくてよかったです。

78edb1e8876bf045b5ca4d441659a4a4


「拳を打てる三人の舞妓」は国展に間に合わず、6日前に自分で鋏を入れたとか。選外佳作を受賞したそうですが、間に合わないなら、次の年にという考えはなかったのでしょうかね。この作品は草稿がとてもたくさんあって、この絵にとても思い入れがあったことがうかがわれます。完成品もあるらしいですが、見つかっていないそうです。
この絵についてはこちらに詳しく載っています。

「アートな夜!」で観た「婦女遊戯」などすべて観ることが出来ました。ほかにも師匠の菊池契月や同時代の仲間たちの作品なども展示してありました。

「浮世絵黄金期からの展開」も同時開催されていて、歌麿や春草などの浮世絵も観ることが出来ました。

Sayado


千葉市美術館は、昭和2年に建てられた銀行の千葉支店を修復すると同時に、これを覆うように中央区役所と美術館が入るビルが建てられたユニークな建物です。旧銀行は「さや堂ホール」として、コンサートなど開けるようになっています。このホールもとても素敵でした。

2018年6月28日 (木)

壮一帆 気分SO快!

https://www.tokyosmart.jp/so

やっと聴くことが出来ました。
「i-dio」ってどうやって聴くの?の疑問は解消されたものの、時間を忘れてしまって。
お知らせ機能を使って、今日のお昼やっとです。

壮さんのお話は、明瞭で、とても聴きやすい。終わったばかりの「ショー・ストッパーズ」の話題はとても楽しかった。ベルベッツさん、踊りには相当苦労したようで。(壮さんは、最初ボックスも踏めなかったと言っていたような。)だとすれば、すごい進歩。

ゲストは風ちゃん。
最初に宝塚観た時に、舞台上の男役さんを観て、鼻血だしたエピソードには笑っちゃいましたが、いかにも風ちゃんらしいですね。

95期のこと、みりおんのこと。サマンサタバタのバックの話題では、
壮さん「私的には、ハートとかないわ。私はストライプだな」(うん、イメージ合う)

みっちゃんのことも。風ちゃん、相手がみっちゃんと言われた時、
ナポレオンしか共演してなくて、その時もほとんど接点なくて。ファン時代の「ノバ・ボサ・ノバ」のドア・ボーイのほっくんと思った。ほっくんねぇ(笑)

壮さん「ガイズのデュエット・ダンスを観て、二人があまりにも幸せそうで、心からおめでとうと思った。今でも時々は会うの?」
「はい、この間プラネタリウムに行きました」
「何それ?王道のデートやん。そういう時、みっちゃんスカート履いてくるの?」
「いえ」

一時間あっと言う間でした。壮さんによれば「みっちゃんが、これ以上近づかないでとよく言ってるけれど、わかる。キラキラしていて、圧がすごい」そうです。

風ちゃんが最後に選曲した曲が、なんと「ウルトラマン」
壮さんと風ちゃんの魅力いっぱいの番組でした。

2018年6月27日 (水)

モスラ

このところ、フランキーの具合が悪くて、病院通いをしたり、外出を控えたりしていましたが、やっと元気回復。下痢も嘔吐も収まって、ほっと一息です。

おととい、フランキーの様子を横に見ながら、テレビ鑑賞。たまたまWOWOWをつけたら「モスラ」をやっていました。

91wu0rdyfl__ri_sx300_


これ、子供の頃観たのですよ。昔すぎて、ザ・ピーナッツの「モスラや~、モスラ」の歌と、モスラが悪い怪獣ではなかったという記憶しかないのですが。

昨日、たまたまこちらに来ていた娘と話。
「モスラって知ってる?」
「うん、題名くらいは」
「昨日、テレビでやっててさ。ザ・ピーナッツの「小美人(このネーミング、いかがなものかと思う)」が悪人にさらわれて、それを助けに孤島からモスラがやってくるの。ミサイル打たれても、ひたすら海を泳ぎ続けて、けなげなんだわ」
「ふーん、それで」
「最後、東京タワーでさなぎになったモスラに熱線を放射するんだけど、それにも耐えて、蛾になって、ピーナッツを助けるの。モスラの一途さにはまっちゃった」

「何それ、超うける。録画してないの?観たい。」
「途中からだったから、録画してない。アマゾンビデオにあるかも」
「それ、すぐ観れるの?」
「パソコンになっちゃうけど、ワンクリックで観れるよ」

で、昨日娘と二人で「モスラ」鑑賞。
当時は、最先端の特撮技術も、今では笑っちゃうレベルだけれど、昭和の街並みが再現されていて、懐かしい。
隠された政治的なメッセージもチラチラ見えないではないんだけれど、それより、モスラの一生懸命さにうたれる。

昨日やってた「モスラ」96年版は「ハリーポッターの手抜き版みたい。つまらないね」と娘と。途中で観るのをやめました。

2018年6月21日 (木)

お久しぶり、フランキーです

P6210270_3


フランキーです。テンション下がりの写真なのは、僕どこも悪くないのに、朝から病院へ行ってチクッとされたからです。
(それは狂犬病予防接種というものです。6種混合の予防注射と重なり、地域での接種が出来なかったからです)

去年の入院、思い出してビクビクでした(ほんとにビビッてるの、おもしろかった)
僕が普通に歩いているの見て、先生「よかったね」と。僕の努力です、エヘン(o^-^o)
(僕の?そうですか?)

お母ちゃんが「段差絶対ダメ!」と言うから、庭に出る時は、お母ちゃんに上げ下げしてもらうんだけれど、僕ちびっこいからそんなに負担ではないかと
(十分負担です!一日何回よっこらしょとやることか)

この頃、お母ちゃん機嫌よくありません「みちこが冷たい」って。みちこってだれ?ああ、ホクショーさんね。どうして冷たいの?
(だって、大阪と八戸のお仕事は決まっているけど、こちらでのお仕事何もないんだよ。関東ファンに冷たくないですか。)

今朝、お父さんに「大阪行くから」と言っていたけれど、僕の許可はいらないのですか。
(僕の許可?行っていい?)
だめです、僕寂しいです。
(と言われても、行くけど。パパッと帰ってくるからさ。チケット難になりそうなので、行けるかな。だめだよ、お母ちゃんにチケット当たりませんようになんて言ったら、恨むからね)

ホクショーさん、こちらでのお仕事お願いします。僕のために。

2018年6月20日 (水)

アートな夜!

P6200268

毎週、月曜日にBSフジでやっている「アートな夜!」が興味深い。と言っても、たった5分の番組を2回観ただけですが。

埋もれてしまった絵画の巨匠や、その作品に光を当て、エピソードや背景を紹介するのが、この「アートな夜!」。(引用部分)だそうです。

もともと、美術には疎くて岡本神草(25回)、鈴木松年(26回)、知りません。今までの放送でも、知ってる画家少ない。
岡本神草は、昭和に入ると作風が変わって、ずいぶん洗練された美人画になっていました。
鈴木松年は、生き生きした躍動感が絵本のようです。(自分でも変な感想だと思う。タイトルが「御伽噺図」だからかな)

ナレーターがベルベッツの佐賀龍彦さんで、あの声そのものがアートです。BGMにずっとベルベッツの歌声が流れていて、最後10秒ほどベルベッツの姿が観れるという贅沢な番組です。鈴木松年の時は「マイ・ウェイ」でした。

千葉市立術館で「岡本神草の時代展」をやってる。行ってこようかな。
8月にはコンサートがあるそうです。これも行こうかな。

2018年6月16日 (土)

明日に向かって撃て!

51cgpcxmknl

急にポール・ニューマンの青い瞳を見たくなりました。別に理由は何もない。2・3年前にDVDを整理した時でも、ポール・ニューマン出演作はすべてとってあるものだと思ったら、半分くらいは捨てていた。確かに、たくさん出演作があって、駄作もたくさんある。原爆を作った科学者の映画「シャドー・メーカーズ」など二度と観たくはないし、題名も忘れたわけのわからない映画もたくさんあったしね。

まぁ、有名どころはとってあるので、良しとしましょう。「明日に向かって撃て!」原題は「Butch Cassidy and the Sundance Kid」だったなんて初めて知ったわ。日本題名をつけた人がセンスある人でよかったぁ。「ブッチとサンダンス」なんて題名の映画だったら観に行かなかったかも。

そう、私映画館で観たのですよ。それで、ポール・ニューマンに落ちました。ロバート・レッドフォードも格好よかったけれど、あの青い瞳に吸い込まれてしまいました。って、何歳の頃の話なんでしょうね。(笑)

久しぶりに観た「明日に向かって撃て!」楽しかったわ。追跡者に追われるシーンもいかに追跡者が有能かわかる不気味さ。ついに逃げ場がなくなった二人が川に飛び込むシーンも、有名な「雨にぬれても」の主題歌のシーンも、見どころいっぱい。ラストシーンのセピア色に変わるシーンは、何度観ても名シーンだと思います。

ポール・ニューマンがアカデミー賞取るかもという頃は、熱心に観ていたけれど、ノミネートされても取れず、結局「ハスラー2」なんて、たいしたことのない役で主演男優賞とったときには「アカデミー賞ってわけわからん」と思ったものでした。

私、年をとったポール・ニューマンも好きでした。最後に映画館で観たのは「メッセージ・イン・ア・ボトル」映画はあまり覚えてないけれど、息子を優しく見守る父親役、心に残っています。もう亡くなって10年たつのですね。

まだ、子供が小さい頃、近所のスーパーにポール・ニューマンのドレッシングが置いてあって、買ってきたら「これおいしくない」と言われ、(心の中では私も「これは日本人向けの味じゃないな」と思いながらも)「何言ってるの、あのポール・ニューマン様が作ったものだよ、おいしいに決まってるじゃん。」と強弁したのも、今は思い出。

2018年6月15日 (金)

着物

先日から、少しずつ物の整理をしています。終活とかそんな大げさなものではなく、二階がだんだんと足の踏み場がなくなってきているから。

まず初めにと私の洋服。3年着ていない洋服はいらんだろと、せっせとごみ袋へ。6袋ごみに出したら、だいぶすっきり。自分でも「こんな服、記憶にございません」というのがたくさん出てきて、びっくり。

洋服は3年と区切ったけれど、我が家は40年袖通していないいないものが、どっさりある。それが着物。結婚する時に、「どんなお茶会に呼ばれてもいいように」と、母がタンス一棹分持たせてくれたもの。そのほとんどが、しつけがかかったままなのだ。

「着物買います」という広告にひかれないわけではないけれど、一枚一枚選んでくれた母の思いを考えると、あっさり手放す気にはなれなくて。といって、今更20代の着物、派手で着られないしな。どうしようかな、まっいいか、このまま置いといても、寝る場所がないわけではなしと、毎度同じ結論になってしまう。決して物をため込むたちではないんですけどね。

洋服にしたらどうかしらんと思い立って、作ったのがこれ。だいぶ前のことですが。

Img_20180615_173908_2
黒の絵羽織もうこれは絶対着ないと巻きスカートにしました。

Img_20180615_135106_2

背中の刺繍がとても素敵だったので、前に来るように自分なりに工夫して。ところがですよ、これ一枚作っただけで、いやになってしまう私。情けない。

ワンピースにするとよさそうな小紋などたくさんあります。「もしかして、着物で作った?」というワンピースを、みっちゃんの公演などで来ている人がいたら私かも。作る気になった?と褒めてくださいませ。

2018年6月 9日 (土)

買いました

51qgqlvnosl__sx425__2


去年買ったCDには「情熱大陸」がなかったので、アマゾンへ。去年の事件から、一年たっているので、4人のCDが出てるものだと思っていたら、ないのですね。積極的にCDを出すグループではないのでしょうが、いつまでも黒川さんのお顔があるのも、いかがなものかと思いますが。

「情熱大陸」やシャネルズの「ランナウェイ」が入っていて、親しみやすいCDです。去年の

51agwwjygil__ac_ul160_sr160160_


こちらと合わせて、車搭載用のCDを作ろうかと思っています。
今日の夕方届いたので、まだ1回しか聴いていませんが、生歌声を聴いた直後なので、ベルベッツさんは、生の方が何倍もいいなというのが本音。

2018年6月 7日 (木)

SHOW STOPPERS 2

Mainimage02_3


1日に観た時には「長い」と感想を書いたけれど、昨日は皆さんのレベルの高さに圧倒され、短く感じました。元トップさんたちのスタイルの良さ、歌の上手さ。ベルベッツさんの声量、圧倒された3時間でした。

みっちゃんの曲は変わらず。もうあちこちで上がっているので、書いちゃいますが、お二人のデュエット曲「うたかたの恋」
我ら仲間では「あの二人、心中しそうにないよね。」「そう、どこか違う国に行って、しぶとく生きそうなカップル」

ベルベッツさんとの「メリー・ウィドウ」。私もベルベッツさん踊ってると思ったけれど、アフタートークで、みっちゃんから話題振られていました。

私は、みちふうのデュエットも一場面としか観ていないけれど、この二人が同じ舞台に立つ日があるといいな、という希望はあります。もちろん、姉妹とか友達とかね。卒業後、着々と自分のお仕事こなしている、お二人だから、宝塚時代よりパワーアップした姿みせてくれそう。

夕食をみち友さんたちとして、またおしゃべり。結局、家に帰りついた時間は、1日と変わらないという…。

みっちゃん、今後のお仕事の予定を聞かれ、「9月の20周年記念コンサートをバウホールで」と。こちらであるのかないのか不明だし、そろそろ日程発表していただかないと、こちら側ファンはやきもきですよ。

2018年6月 5日 (火)

薔薇銅鑼

https://jinzukan.myjcom.jp/tokatsu/

前にもリンク貼った「東葛人図鑑」9回まで進みました。今回は八矢庵さん。
私も何回か行きました。もちろん、最初はみっちゃん絡みですが。

どら焼き、すごくおいしいんです。ご主人とも話させていただきました。テレビ通りの気さくな方でした。お店には、宇宙飛行士の山崎直子さんのサインや、アイドルの何たら(ごめん興味なし)のサインが飾ってありましたが
「北翔海莉がない」というと
「そうなんです、北翔さんがいらした時は、つい話はずんで、もらうの忘れちゃうんです」
「今度、もらっておいてくださいね」
と言って、しばらくご無沙汰。

今は飾ってあるかしらん。みっちゃんをイメージして作ったという「薔薇銅鑼」、買いに行かなくては。矢切ねぎコロッケもおいしそう。

今回は、みっちゃんMCというより、近所のおじさんと話している感じで、笑い声もいちだんと。
「オホホ」ではなく「ハハハ」という笑い声、好きです。

2018年6月 2日 (土)

SHOW STOPPERS!!

Img012_2(プログラムのみっちゃん)

いつものメンバーで早めの夕食。一人、5月末まで、すごく忙しかった人がいて、今年のみっちゃん行事はすべて不参加。体調まで崩したそうで、ほんとに心配していました。昨日も、まだ全開というわけではないようで、無事家帰りつきましたか?Yさん。

始めにみっちゃんの場面、振り返り。みっちゃん3曲でした。すべて宝塚の曲。
一人であの曲、風ちゃんとあの曲、ベルベッツさんとあの曲。(6日や大阪に行く人もいるので、書かないでおきますね)さすがでした。

みっちゃんとデュエットする風ちゃんの幸せそうなこと。私はベルベッツさんと歌った曲が生で聴けたから満足。その頃は宝塚どころではなく、世の中の不幸を背負った気分で過ごしていたなと。

みっちゃんを入れると元トップさんが5人も出る(風ちゃんを入れると6人)、曲数55曲(と湖月さんが最後に言っていた)という非常に豪華なショーではありましたが、はっきり言うと長い。

ベルベッツさんを初めて生で聴いたのは、みっちゃんとの6Daysの時でした。あの時は一幕すべてベルベッツさんで、レベルの高さに衝撃うけましたが、昨日は4人の場面が少ない。

それぞれ、ミュージカルで活躍している方が、元トップさんとミュージカル場面を歌うという非常に贅沢なショーでしたが、4人のフォーラム全体に広がるハーモニーを、声量を、もう少し聴きたかった。(そういう人は、ベルベッツさんのコンサートや出てるミュージカルに行けばいいと言われるでしょうが)

今は、ベルベッツさんのCDを流しています。(去年買ったもので、まだ5人のCDですが)ついリズムとりたくなる(リズム感悪いが)「Volare」すごくいい。

昨日は1階の最後列でした。いや、わかっているんですよ。私たち、宝塚卒業後にファンクラブに入った人は貢献度低いということは。でも、宝塚のファンクラブは苦手という人が多いのも事実。卒業したから入ったという人が、いつも冷遇(?)されると、ファンクラブ辞めようかなという気持ちになる人がいるのも理解できる。

宝塚の友の会だって、たまにですがSS席当たるし、1列目も2回当たったことあるのに。たまでいいですから、もう少しいいお席というのは贅沢ですかね。

スペシャルゲストのみっちゃん、フィナーレでは真ん中で踊る場面もあり、幕が下りる直前には、ズンドコポーズまでしてくれるサービスでした。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »