« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月29日 (日)

夏仕様

居間を夏仕様に。フランキーのベットをニトリに買いに行きました。お店で見た時、小でいいと思ったんですよ。でも、胴長だし、大きい方がいいのかなと躊躇したのが間違い。お店で見ると、商品小さくみえませんか。

Dsc_0189


デカすぎた。(笑)まるで、プールに入っているようだ。
夏は、このおチビちゃんのために、出かける時もエアコン入れっぱなしだけれど、今の陽気、この冷え冷えが気持ちいいみたいです。喜んでもらえて何よりです。

ライオンズ、ホーム負けなしの記録更新中。
L(私)「Fさん(旦那)後ろ、ついてこないで」
F「3.5ゲーム差か。3連勝すればあっと言う間だ」
L「まだ一勝しかしてないくせに、よく言うよ」
この余裕、ずっと続きますように。

2018年4月27日 (金)

カンパニー

昨日月組公演を観劇。
KITTEビルのインターメディアテクに寄りました。ここ、興味深かったですよ。「ルドベック・リンネ・ツュンベルク――ウプサラ博物学三代の遺産より」という特別展示をやっていて、精巧な植物図など、時間がもっとあればじっくり観たい展示物がたくさん。

Img004


写真撮影は禁止だったので、ポストカードを買ってきました。白い階段がみっちゃんはじめOGさんたちがパフォーマンスしたところです。

Img005_2


カンパニー、楽しかった。つっこみ所満載で、「フラッシュモブやって、SNSで拡散したくらいで、チケット売り切れるか」だの「新解釈の白鳥の湖なんて白鳥の湖じゃない」だの「4年しかバレーの経験がないアイドルを王子に抜擢、あり得る?」だの心の中でぶつくさ言っておりましたが、結局一生懸命観ている私。

悪人が出ないのがいい。社長令嬢(早乙女わかば)のプリマも「金で買った」と言われながらも、ちゃんと努力してるし、プリンシパル(美弥るりか)もわがまま風なだけで、ちゃんとバレーのこと考えているし、一場面見るごとにピースが埋まっていくような、心地よさ。

バレー公演を成功させようとする努力と月組さんの努力が重なって「いい舞台観た」と言える公演でした。

ショーは、バッディとグッディなんて「安直な」と思っていたら、思い切りはまりました。何度か観ると(それもDVDではなく生で)、忘れられないショーになりそう。どこがと言われても、よく答えられないのですが、月組の団結力でしょうかね。

帰りにクロワッサン(雑誌)買ってきました。「着物の時間」にみっちゃん載っているので。千地先生のお着物、あまりに個性的なのでびっくり。このお着物着こなせるのは北翔海莉しかいないだろうと思いました。それがとてもよく似合っておりました。

2018年4月25日 (水)

宝塚歌劇 in TOKYO SKYTREE

雨の中、行ってきました。ブックレット付きのチケットを買ったので、雨が降っても行かなきゃいけないわけで。空いていて、かえっていいかなと、たいして凹みもせず。
修学旅行生以外はほとんど客いないというガラガラ。(修学旅行生には気の毒でした。上に上がっても白一色で)

Dsc_0153


エレベーターを降りると、宝塚がお出迎え。
まず歴代のスターさんが天津乙女さんからずらっと。春日野八千代さんは特別大きな写真でした。

Dsc_0161_2


最後にみっちゃんもいましたよ。次のコーナーは現トップさんの写真とサインが並んでいました。下のボタンを押すと声が聞こえる。何度も押しちゃったわ。

Dsc_0173


次のコーナーは娘役さんの衣装と手作りアクサセサリー。アクセサリーはとても手が込んでいて、感心しました。

Dsc_0178


カフェラテはスペシャルメニューで各組選べます(10時以降はランダムらしい)せっかく一人で行ったのだから、もっとゆっくりしてくればいいのですが、実は天望回廊が苦手。外は白一色だからいいようなものだけれど、高さを考えるとクラクラしてくる。

スタンプラリーを済ませて、トップさんの写真もらって帰りました。正直、あんなに宣伝しているから、もっと大々的なものかと思った。意外とコンパクトで、しかも、天望回廊まで上がらないと何もないってものね、「お金使ってね」が見え見え。と言いながらも楽しかったです。

Dsc_0177


天望回廊に上がるエレベーターが宝塚仕様でした。紅さんが中心ではないのは、私が端に乗っただけですからね。

2018年4月23日 (月)

ランチ会

昨日、みち友さんと上野でランチ。(いつもの如くですが、写真撮り忘れで、写真なし)
一月のランチ、チーズタッカルビがチーズファオンデュみたいだったということで、チーズタッカルビのやり直し。(笑)

よく食べてしゃべったこと。みっちゃんのこと、宝塚のこと。この年になって新しいお友達が出来るというのは凄いことですよね。年代は違っても、「みっちゃん好き」で繋がれる縁、本当に大事にしたいです。いつもお店探してくれるBさん、ありがとうです。

先週もお友達とランチでしたが、こちらはもう何十年のお友達で、家庭内のこと、愚痴も聞いて話してという間柄で、こちらも話しだしたら止まらない。
旦那から「よく、何時間もしゃべることあるな」と言われるけれど、ありますよね、いくらでも。

こちらは宝塚に興味ある人いなくて、私がみっちゃんを応援していることは知っているけれど(追っかけしてると言われるけれど、追っかけではない、一ファンだと訂正します)「北翔海莉がなんでみっちゃんなの?」というところから説明しなくてはいけないので、なるべく宝塚&みっちゃん話題は避けています。

だから、昨日は思い切りです。はぁ、よくしゃべった。帰りはドンレミーでお買い物。
家を出る時、旦那から「帰り何時ごろ?」私「わからん」

結局、夕飯準備が面倒な時間になり、コンビニでお弁当買って帰るという不良主婦の一日でした。家を出る前に、ライオンズ戦予約しておいてよかった。結果わかってから、観るというのも安心です。いつまで続く?この好調。

「ねぇ、凄くない?19試合で貯金11だよ。シーズン終わったら貯金いくつになるんだろ」
「11連敗すれば、イーブンじゃないか。いまのうちに笑っておけば」←日ハムファンの旦那
「これも8点差を逆転した日ハムのおかげね。ありがとう日ハム」余裕のわ・た・し!

2018年4月19日 (木)

読み終わりました

浪華の事件帳、読み終わりました。いや、おもしろかった。
「男装の麗人。そして剣の達人であり、笛の名人である役」って北翔海莉のためのあて書き?というほどのぴったりの役ではないですか。

みっちゃん、いろんな姿見せてくれそう。男装姿、楽人姿、お饅頭屋の娘姿。原作に一瞬現れる芸者姿も見たいなぁ。笛も吹いてくれるのかな、ワクワクです。

昨日は、はじめはライオンズ戦観ながら(というか、テレビはつけてた状態)読書していたんですが、5対0になった時点でNHKにチェンジ。ちょうど読み終わったころ、スポーツニュースが始まり、チャンネル変えよかなと思っていたら

「8対O、西武ここ一本が出ません」でいったん終わり
「ところが、西武大逆転で今試合終わりました」と。

「うそー!」であわててチャンネル変えたら、ちょうど森のヒーローインタビューだった。
8回裏、打者11人の猛攻撃だったそうで、9回森のヒットでさよなら勝ち。

いつものことながら、観ていない。でも、だれが8対0から逆転すると思う?
今年のライオンズ、強いのかもしれん。

2018年4月18日 (水)

野球観戦

Dsc_0151


今季初の野球観戦。東京ドームをホームとして使うのは初だとか。昔、日ハムが東京ドームをホームとしていた時は、たびたび行ってたんですけどね。もう、ガラガラで、人混みが苦手な私には、うってつけの球場でした。

昨日は、こちらの見通しが甘かった。行ったときには立ち見席しかなくて、この時点でちょこっと観たら「帰ろう」と。日ハムファンの一角を除いて、4万人ほどのライオンズファン。西武ドームでは最大3万3千人ですからね。「どこから湧いてきたんだ」と壮観でした。

昨日は「ライオンズクラシック」で、復刻版ユニフォームとペンライトのプレゼントがありました。選手も復刻版ユミフォームで、「強そうだ」と思ったのですがね。一回のチャンスをものにできず、やな予感。

旦那に「もう帰ってテレビ見よ」
「いくら何でも早すぎだろ」←だよね(笑)

結局、2回観て帰ってきたら、まだ5回だったよ。一応テレビでは最後まで、観ていました。なんじゃという場面あり、すごっという場面あり、試合は負けたけれど、楽しかった。

昨日は、ほんのさわり部分しか観ていないけれど、やっぱり野球はテレビではなく、球場でみるものだと実感した日でした。

2018年4月17日 (火)

買いました

_20180417_064605


緒方洪庵 浪華の事件帳、買いました。まだ読んでいませんが、帯にみっちゃんの写真がついているだけでワクワク。
舞台ももうすぐですね。お稽古もずいぶん夜遅くまでやっていらっしゃるようで、楽しみです。

「東葛人図鑑」も楽しいですね。みっちゃんの司会ぶりが堂に入っているし、同じ千葉県人として、ピーナッツサブレや清水公園はおなじみなので、とても親しみがもてます。テレビで観られないのが残念(しつこい)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »