« チャリティ・ディナーショー | トップページ | 特別セット券 »

2017年6月21日 (水)

やすらぎの郷

老人ホームのお話?なんかいやだと観ていなかったのですが、この間の「島健さんのコンサート」のアンコールで弾いてくれたのが、やすらぎの郷でした。

それがきっかけで、観だしたらおもしろい。出ている俳優陣がとても豪華、まさか石坂浩二と浅丘ルリ子が共演するとはね。倉本聰さんの脚本に、時々今のテレビへの苦言みたいなのが、まじっていたり、勝手にこの人のモデルはあの人かなと想像したり。

「やすらぎ」とはありますが、過去にテレビ界で脚光を浴びた人々が集まった施設なので、当然そこにはいろいろな人間的な葛藤があったり。そのお年に近い私は、考え込むこともあったりします。

野際陽子さんが出ているのが、切ないです。もう相当体調悪かったと思うのですが、テレビでは野際陽子さんそのもので、プロ魂を見せてくれました。どういう風に、野際さんの出演なくなるのか。今後も見続けたいと思います。

« チャリティ・ディナーショー | トップページ | 特別セット券 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

最初からずっと観ています。いろいろなことがあっておもしろい。
・前週や前回のあらすじが冒頭に・・・・昨日のことも忘れている人が視聴者
・出ているのが名優だけに早朝の場面でも厚化粧。おまけにハンドバック持参で散歩
・川奈ホテルつかったり合成つかったり。やすらぎの郷ゲートは私の住むすぐ近くの墓苑
・橋爪功の息子・橋爪遼も出ていたが途中から消された
もうそろそろ終盤では。(*^^*)

私、オンデマンドで初回から見直しているんですよ。
初回から観ていれば、いらない出費ですが。

なるほど、あらすじが必ず入るのはそういうことね。
まとめて観ると、結構わずらわしいものですが。

へぇ、ゲートは墓苑なんですか。橋爪遼も出ていたんですか。知らなかった。
これ、120回あるらしいですよ、まだ半分。

まだ半分ですか・・・・撮影は完了したんでしょうね。あまり長いとまた「追悼」文字がはいりそう。(*^^*)

120回というのをどこかで読んだ記憶があるのですが、
どこで見たのか、覚えてないという。(笑)

確かに「追悼」あり得る

2クール、9月までなので120回みたい。脚本集も発刊されてますね。それほどの脚本ではないと思うのですが・・・・

やはり120回でしたか。
あの俳優陣だから、面白いのであって
脚本読んでもね。

倉本聰さん、もう最後のお仕事のつもりなんでしょうね。
テレビの批判だの受動喫煙のことなど、結構言いたい放題ですね。
だから、面白いんでしょうが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145305/65439125

この記事へのトラックバック一覧です: やすらぎの郷:

« チャリティ・ディナーショー | トップページ | 特別セット券 »