« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月30日 (月)

雪華抄 金色の砂漠

昨日観劇。写真は宝塚のHPからお借りしました。

Cpl73a000001y1b6

「雪華抄」

チョンパで始まる日本物は、豪華絢爛で客席から「わぁ」と声が上がる瞬間がいいですね。
明日海さん始め花男子はイケメンぞろいだな。
花娘はみんなかわいいねと思っていたら終わったプロローグ。

松本悠里さんの花椿。カゲソロは今売り出し中の音くり寿ちゃんだったのね。
鷹と鷲のの男らしい踊りに目を奪われ。
実はこの鳥が何なんだと休憩時間中に話題になり、
プログラムを見て「鷹と鷲だって」と初めて納得した二人です。
七夕の場面も幻想的でした。

民謡の場面では「もう少しお歌が上手ならいいのに」と思った人もいましたが、楽しかった。
安珍と清姫が一番の見せ場でしょうか。
フィナーレまであっという間のショーでした。

Cpl73a000001y1fe


「金色の砂漠」すごくよかった。なんて小学生みたいな感想ですが、
前のケイレブ・ハントが一本線のような演目だったので、愛・憎しみ・嫉妬・復讐心が交差するお話しに引き込まれました。

明日海さんの奴隷は、ただの奴隷ではないというのは最初から伏線がありましたが、
奴隷仲間の三人が三者三様で、芹香さんは身をわきまえる奴隷、瀬戸さんが主人を陰で「あいつめ」と怒る単純さもいい。

配役がぴったりなんですよね。
花乃ちゃんの傲慢な王女。一番の当たり役かも
その婚約者が柚香さん。とにかく美しい。
次女のつつましい王女が桜咲さん。
愛しているゆえに、一歩引いてしまう奴隷ジャー役に芹香さん。
人のよさそうな婚約者が天真さん。

前の王を殺し征服した王が鳳月さん。この人は立っているだけで威厳があります。
王妃が仙名さん。
その王妃に仕える奴隷が英真さん。
砂漠で生きる盗賊姉弟に花野さん、水美さん。

その王妃から明かされる真実に、復讐に燃える男になっていく明日海さんの演技は鬼気迫る感じでした。
で、結局、全部が砂漠の砂にのみ込まれてしまう。
イスファンディヤール(ギイ)とタルハーミネは屍になることで、初めて幸福感を得られるという切ないけれど、余韻が残る話でした。

前の上田先生の「星逢一夜」は評判ほど、話に入れなかった私ですが、
あれは中途半端に日本史を知っていたから、「ありえない」と思ってしまったので、
こちらは全く架空のお話で、引き込まれたのかもしれません。

この話は2度3度観るとまた新しい発見がありそうで、ブルーレイ買っちゃうかも。
(北翔資金もいるので、ちょっと再考します)

誘ったお友達も「良かったぁ」と言ってくれて、
二人で「単純に好き嫌いが言えない世界、切ないよね」で納得。

帰宅したら、北翔海莉ラストディのDVDが届いていました。私は入待ちや出待ちするタイプではないし、元とはいえ特定の人のファンクラブに入るなんてあり得ないタイプなんです。(そのあり得ないことをさせたのが北翔さんです)
千秋楽の模様もタカラヅカニュースでチラ見しただけ。

二か月も前のことなのに、DVD観ていたら涙出てきた。出待ちしていたある方によれば、あれから帝国ホテルに入ったみっちゃん、大号泣だったとか。そこまではDVDには入ってはいませんでしたが。

(2・2追記)金色の砂漠のブルーレイ、届きました。結局、買ってしまいました。(*´v゚*)ゞ
生舞台とテレビでは比べられないけれど、テレビでは細かい仕草がわかって、それはそれでいいものです。

2017年1月28日 (土)

REVUE OF DREAMS

’05年月組公演。新しい北翔映像に飢えているので、とりあえず出ていそうな公演を録画しています。

この頃までは、新人公演も何度も主役をし、この公演もはっきりと番手入りしていたんだなとわかる映像でした。瀬奈さん、霧矢さん、大空さん、月船さんに続く5番手。

真ん中で踊る場面もあり、このまま番手上がっても不思議ではないのに、いつからなんですかね。冷遇ともいえる扱いを劇団がし始めたのは。

宙組に行っても、3番手をしっかりやってたし。何の公演だったか忘れたのですが、凰稀さん主演の公演観ていたら

旦那「この子か、応援しているのは」
私「顔が全然違うでしょうが」 (実力も北翔さんの方が上と心の中で)
「でも、綺麗な子じゃないか」
「この子が星組から組替えして、宙組のトップになったから、北翔さんは専科に行かされたの」
「よくわからんが、トップで終われたんだからいいじゃないか」
「そういう話ではなくて、北翔さんには紆余曲折があったってこと」

もうこれ以上はいくら話しても無駄だし、あちらも聞く気はないようなので止めましたが。
ちょっと切ない10年前の映像ですが、20代前半のみっちゃんがすごく可愛いです

2017年1月24日 (火)

スケジュールが凄すぎ

卒業後の北翔さんの勢い。凄すぎる。

私が行くと決めたのは2月のお茶会。
3月のLE VELVETSさんとのコラボ・コンサートですが。

とにかくスケジュールびっしり。
3月27日から4月2日までのコラボコンサート。
4月14日から16日まで飛鳥Ⅱ。
19日にトークショー。

29日と30日は河口湖でのコンサート。
これに合わせて2泊3日のバスツアー。84000円ですって。

5月13日、松戸の森ホール21で全国ツアーが始まり、8月3日の大阪まで。
合間に5月14日に大阪でのディナーショー。
そして、9月からは「パジャマ・ゲーム」の舞台。

前に「あなたについて行きます」とは書いたけれど、とても全部は無理です。
ファンクラブに入ったの初めてだけれど、こんなに仕事づけとは予想外です。

今、参加しようと思っているにのは、4月19日のトークショーと5月13日の松戸の森ホールでのコンサートですが。松戸はみっちゃんの出身地でもあり、チケット取れるかな。まぁ、これは松戸が無理ならどこかに行こうと思っていますが。

そうそう、アルバムも買わなきゃ。2万3千円とこれも予想外の値段でした。卒業後、応援するの大変だわ。

2017年1月13日 (金)

WOWOWに入る

時々ブログを見てくれている友人から「宝塚にはまっているのね」と言われましたが、そういえば、この頃は宝塚のことしか書いてないですね。私の場合、はまっているというよりも、タカラジェンヌから元気をもらっているという方が正しいかも。

坂本九の「上を向いて歩こう」が前は嫌いでした。上を向いても下を向いても悲しいことには変わらないと思っていたのですが、生前の永六輔さんが「上を向いて歩こうは元気をつける意味ではなく、やせ我慢の歌です」と言われていたのを聞いて、目から鱗でした。それからは悲しくてたまらなくなった時には、時々空を見上げるようになりました。

で、本題。時々お邪魔しているブログで、2月25日で北翔海莉・妃海風ナレーターで「Amourそれは」の放送があると教えていただいて、よし入ろうとJCOMに電話。どうせなら錦織選手の全豪オープンに間に合うように。

「あのお客様はタカラヅカスカイステージにもお入りですよね。それとWOWOW両方でよろしいんですか」その時はいらんことだと思って「そうです、それでいいんです」と答えましたが、ああそうか。WOWOWはよく入ったり切ったりしてるし、いちいち面倒な客と思われたのね。

それと、両方観るということはテレビ漬けの毎日と思われたのかも。ご心配なく。スカステは再放送が多くて、それほど毎日観ているわけではない。切っちゃうほど気持ちが宝塚から離れているわけでもないという中途半端な気持ち。そして、せっかくWOWOWが映るようになっても、今のところ、3チャンネルともそれほど観るものがない。

で、結局は元気をもらっているのは北翔海莉のタカラヅカ映像で同じものばかり観ている。「Amourそれは」も好きです。あのレトロ感がいいです。どんなナレーターをしてくれるのか楽しみです。’09年のも好きです。その時のトップさんが歌うと早送りしたくなるけれど、蘭寿さんのダンス、北翔さんの歌、両方楽しめるのが楽しい。

数多い北翔出演でベストって選べないですよね。その時の気分にもよるし。「オーシャンズ11」「メリー・ウィドウ」「ラブドリ」が今はよく観てるかな。

2017年1月 5日 (木)

カルーセル輪舞曲

3日にNHKが放送していたものを観ながら書いています。始まったばかりの公演をTVでノーカットで観るとは思わなかった。

一言でいえば「頑張れ!たまきち」珠城さんの緊張がこちらまで伝わってきて、肩が凝った。歌もまだ不安定だし、0番としては不安がいっぱい。でも、まだトップになったばかり。今後に期待したいと思います。私は3月に観るので、どれだけよくなっているか、楽しみです。

小川理事長が歌劇に「多くの方に宝塚歌劇に触れていただいく機会に」と書いておられましたが、せめてもう少し珠城さんが慣れたころのほうが良かったのでは。今の月組には、それほど歌ウマさんがいるわけでもなし、宝塚ってこのレベルと思われる方がファンとしては辛いです。

NHKに要望したいんですが、もうちょっと名前載せてくれませんかね。珠城さん、愛希さん、美弥さんは別に見なくともわかるし、宝塚に興味のない人が「あの綺麗な人は朝美さんというんだ」「この子は暁千星というんだ」とわかる程度には。

元旦には「Love &Dream」の放送をスカステでやっていたので、こちらは娘が「うちのテレビは宝塚しか放映しないんかい」と文句をいうほどリピート。

生で観たのが1年前なのに、特にディズニーのほうは、きれいに忘れている。「あぁ、こんな素敵な場面があったのね」
十輝さんが「ちょっと恥ずかしい」と言っていたミッキーやハイホーの振りもこれかという感じで。北翔さんはずっと歌いっぱなし。さすがです。

ファンクラブに入ったらみっちゃんから年賀状が届いて(現実には事務所からだけど)手帳に挟んで人に「きれいでしょう」と見せまわっています。(笑)
宝塚知らない人からは「男役やっていた人?とても女性らしくて綺麗な人ね」と言われ、宝塚の時の写真も見せたら「宝塚メイクよりこちらの方がずっといい」
「でしょう」って、そのうち迷惑がられると思いながらも、まだ続けている。(苦笑)

「ご祝儀なしってどういうこと」

あまり新年にふさわしくない話題なのですが、発言小町におもしろいトビがあって、つい読みふけりました。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2016/1221/788628.htm?o=0&p=0

要約すると、去年の春結婚式をあげた。友人から一度は出席の返事をもらったが、交通費を出せないというと、欠席の電話があり、祝電をもらった。友人は入籍のみだったので、私は、3千円もする写真立てをあげた。私は式を挙げたのだから、ご祝儀もらってもいいですよね。もしもらえないのなら縁切りしようと思う、という投稿。

まず、この人の親の顔が見たい、この人と結婚した男性の思考が知りたい、と思いました。世間の常識、がこの人には通じないらしい。

披露宴するしないは自分の勝手。3千円の写真立てと祝電でイーブンだと思うけれど。300近くのレスがついていて「どうぞ縁切りしてください、その友人のために」というレスに、なんだかほっとしました。

こういう非常識な考えの人が、やがて親になり、子供を育てるのかと思うと、ちょっと日本の将来本気で心配しました。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »