« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月24日 (火)

プロ初勝利

今日の先発誰かいな?えっ、佐藤なんていたっけ(ちなみに初登板の選手ではないのだけれど、私の記憶にないだけで、ライオンズファンなのか本当に)ふむふむ、去年は2軍で4勝12敗。年俸500万。ふーん。相手は1億5千万の則本か。今日は見ないほうがいいのかな。

と、思いつつも見ておりました。2点先制も無死満塁だったり、ピンチの連続にハラハラを通り越し、相手は楽天のエースなんだし、気楽に見ようとテレビだけはつけておりました。

5回無失点で降りてからは、もしかするとの気持ちで、俄然と熱心になり、ぜひぜひと。結局4対1で勝ち、プロ4年目での初勝利。

初めて知ったのだけど、5人兄弟の末っ子で、お母さんが女手一つで育てたそうで、こういう話には弱い私。解説の片平さんも涙声になっていましたね。ほんとよかったね、ってこれがプロとしての本当のスタート。これからの活躍期待しておりまする。

2016年5月20日 (金)

Kairi Hokusho

18日に星組公演行きました。「宝塚で何が好き?」と聞かれたら「メリー・ウィドウ」と「オーシャンズ11(花組)」と答えると思います。特に「メリー・ウィドウ」はオープニングのワルツの踊りの輪がとけていって、最後に北翔さんが現れるその場面が大好きで何度見ていることか。

「こうもり」もその始まりに似て、ワルツから始まりこうもりになった北翔さんが現れというだけで、ワクワクします。「3オクターブ出さなきゃいけない」というオペラッタの曲を堂々と歌い上げる実力はさすがです。紅さんや星条さん、十輝さんとのやりとり、とても楽しい演目でした。風ちゃんもさすがの歌唱力を聴かせてくれました。ただ、登場人物が少ないんですよね。七海さんも真琴ちゃんも出番少なくて。

休憩時間中に、ご一緒した方が「お気に入り見つけた」と言うので、だれかと思ったら十輝さんでした。「私もお気に入りなんだけど、残念ね。この公演で退団しちゃうのよ。ショーでしっかり見ておいて」(いつの間にか、宝塚通みたいなこと言ってる)

ショーは樹里さんが「北翔さんの金太郎飴」と言っていましたが、正にその通り。すごく楽しくて北翔さんのいい所どりという感じで、もう大満足。七海さんも真琴ちゃんもショーではしっかりオラオラ感出ていたし、十輝さんも星条さんも見せ場たくさん。ほぼ全員の黒燕尾ロケットには圧倒されました。(シルクハットを忘れた人がいたのは、見なかったことにしてあげる)

タイトルを「Kairi Hokusho」にしたのはDVDを買ってしまったからです。ちょっと迷ったんですけどね。今、CDだのDVDだの少しずつ整理していて、減らす一方で「新たに買うんかい」と。

「アンダルシアに憧れて」と「どんなときも」の北翔さんも恰好いいんだけれど、メイキング映像で素の北翔さんが見られて、おもしろかった。入ったときはビリで、やっと一番上がったと思ったら、その子が辞めちゃってまたビリになったとか、甥ごさんとのやりとりでメイクさんを爆笑させたり、バスに乗ったら「これ中型二種なんですか」なんて聞くタカラジェンヌさんは北翔さんくらいですよね。買ってよかったです。

「ガイズ&ドールズ」もこの「こうもり」もブルーレイ買っちゃう、絶対。

2016年5月 8日 (日)

友の会って

前の記事で「トップの中で北翔さんが好き」と書いたのですが、わけがありました。北翔さんのチケットはよく当たっているんです。お披露目だった「大海賊」も当たったし、友の会がだめでも、「Love&Dream」も「ガイズ&ドールズ」もコープのチケットサービスで手に入ったし、今度の「こうもり」もまさかのSS席。

北翔さんに関してはくじ運いいみたいだけれど、全国ツアーなんて、それから全滅。「るろう」も「ミーマイ」も全滅。生で観なきゃ、それだけ興味薄れるって。それでなくても、私はそれほど、宝塚愛がある人ではないのに。

宝塚って、特に東京では劇場が満員になれば、それでいいんですかね。コアなファンを大事にするのも大切かもしれないけれど、それほどでもないファンは、はじきだされた感がいっぱいです。

北翔さんの退団と共に私のくじ運も去るんだろうなと思うと、「友の会」辞めてもいいかなと思うこの頃。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »