« 「Love&Dream」と「舞音」 | トップページ | シェイクスピア »

2016年1月16日 (土)

The Love Bugs

Dsc_0057


昨日地球ゴージャス「The Love Bugs」を観てきました。地球ゴージャスを観るのは初めてなんですが、蘭寿さんが出ていなかったら観に行かなかったと思うので、蘭寿さんがらみの感想です。

プログラムには、岸谷さんが「オーシャンズ11」を観て蘭寿さんと一緒にやってみたいと思ったと書いてあって、きっとキメキメの男役の中にある素の女性らしさを感じたんだろうなと思います。とにかく、キュートです。まだ公演中なので、どこまで書いていいのか迷うのですが、スウィンクルマン(城田優)に恋しちゃいます。悩んだり、迷ったり、それがすごく可愛い。城田さんは「エリザベート」のトート役と違って、カッコつける役楽しんでいるようでした。

蘭寿さんのダンス、宝塚時代よりいろいろなスタイルで踊っていて、これはプログラムにも書いてありましたが、演歌調でのダンスは、残酷な場面なのに、もう笑えて仕方ありませんでした。殺陣は格好いいし、岸谷さんは出演者の才能を100パーセント出させる力が半端ないと思いました。

まず、平間君のダンス、櫻子ちゃんの歌の始まりから圧倒されます。岸谷さんと寺脇さんの漫才のようなやりとり、そんな話の中で言いたいメッセージも入れって、てんこ盛りの公演を観た感じ。昨日の公演で一番心に残った言葉「もう戦わないつもりだったのに、戦ってしまった」

宝塚もいいけれど、たまにはズシンとくるお芝居もいいなと思いながら帰宅しました。

« 「Love&Dream」と「舞音」 | トップページ | シェイクスピア »

北翔海莉・宝塚OG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145305/63073809

この記事へのトラックバック一覧です: The Love Bugs:

« 「Love&Dream」と「舞音」 | トップページ | シェイクスピア »