« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月29日 (火)

西口の引退セレモニー

昨日の対ロッテ戦、勝たなきゃいけない試合だったのにね。今、試合後の西口引退セレモニーの録画を見て、(今9時に寝ちゃうという生活してるので)「あぁ、来年から本当にいなくなっちゃう」としみじみ思ってしまいました。

5回2死ランナーなしから、西口がマウンドに上がるサプライズ。雄星はちょっとくやしそうだっけれど、ここはね、先輩にゆずってね。バッター井口、フルカウントからのスライダー、あれはストライクでもロッテファンからも文句出なかったのでは。審判空気読めよって感じ。

もしあれでチェンジだったら、裏西口に最後の勝ち星をって西武逆転したかもしれない。そんな勝ち、西口は望んでもいないと思うけれど。

べんちゃん(和田選手)も試合観に来ていたみたいだし、ロッテの伊東監督や清水コーチも残っていましたね。東尾さんや松坂、片岡らたくさんの人からののメッセージが流れ、ああこれだけの人がライオンズからいなくなったと別の感慨。

ライオンズは決して温かい、居心地のいいチームではないと思っています。FA取得したら必ず去っていくもの。そんな中21年ライオンズに居続けて最後に「誇りに思う」と言ってくれた西口に、心から「いてくれてありがとう」と言いたいです。

「ノーヒットノーラン未遂2回、完全試合未遂1回、そして今日四球とファンの期待も裏切ることもありましたが、…」で録画終わっていた。(涙)自動延長だと思っていたのに。
他にも日本シリーズ未勝利、200勝未達成といろいろありますが、本人の心の中はともかく、21年投げ続けたというだけで、記憶に残る投手です。森なんてまだ生まれてもいなかったんですからね。

今年「このチームで優勝したい」とFA行使しなかったあの選手この選手、来年はどれだけ残っているか。ここは西口コーチの出番でしょう。ねっ、球団のみなさん。

2015年9月28日 (月)

復活!森丸シスターズ!

昨日ブローダーハウスに行ってきました。本当に久しぶりです。
もう行くときからドジ。品川で降りて山手線に乗り換えなきゃいけないのに、なぜか「次は西大井」ってアナウンスで目が覚めて、うわぁどうしよう間に合うかしらと汗汗。

幸いに新宿湘南ラインというのがあって、無事渋谷には着いたのですが、いつも降りる山手線と違うだけで、渋谷が全然違う街に見えて、ちょっとパンとコーヒーだけでも食べてから、と東急百貨店に入ったりしていたものだから、もう完全に迷子。

井の頭線の案内を頼りに歩く、歩く。ブローダーハウスに着いたのはぎりぎり2時近くでした。久しぶりに会うKさんとYさんが席を取っていてくれました。挨拶する間もなくお芝居が始まりました。

チケットに書いてあるそのまま「女優3人の年齢の合計が200歳に迫る。ご老体にムチ打っての無謀なお笑いミュージカル。果たして最後までもつのか?果たしてセリフはおぼえられるのか?」

脚本の網野さん「小野さんが宝塚好きという情報を得て、ミュージカルにしよう。好きだから上手いわけではないということを見落とした」というわけでミュージカル仕立てにしたのはちょっと無謀だったかも。(笑)

話はお笑いコンビが30年ぶりに出会って、コンビ復活してからのドタバタでしたが、小野さん、岡さんの2人がすごい熱演でした。荒木さんはそのままオーナー役でちょっと出ただけでしたが、インパクトを残すお方です。ブローダーハウス10周年おめでとうございます。

楽しかったし、いくつになっても挑戦するという勇気を与えてくれました。終わってからKさんとYさんと少しお茶しました。お二人とも本当に久しぶりです。Kさんからは梅干しをいただき、Yさんは歌舞伎や文楽を観に行ってるというお話を聞き、私は宝塚観に行ってるというお話をしていたら、10年以上のブランクなんてどこへやら。

10月の収穫祭の再会を約束してきました。ブローダーハウスに行くたびに「どこでもドア」が欲しいと思うお年頃です。

来年の地球ゴージャス(もう来年の話だって。いやですねぇ)チケット取りました。座席選択できるようになっていたのに、最初よくわからず、結局2回行くはめに。でも、すごい楽しみ。

2015年9月20日 (日)

西口の引退

西口投手が引退するとか。通算182勝。200勝まであとちょっとという見方もできるし、ここ2、3年の成績から「無理かな」という見方も出来るし。

エースと言われていた頃の西口は本当にすごかった。体のばねを利用したスライダー。何年前でしょう、9回まで完全試合をして、こちらも打てずに延長になり、10回にヒット打たれ、その試合勝ちはしたものの、記録残らず。というのもあったし、9回2死までノーヒットノーランで最後にヒット打たれ、「ついていない投手」なんて言われたし。

FA宣言をせずにライオンズ一本の投手。コーチ、監督になると思われるのですが、是非投手王国もう一度。

和田選手や小笠原選手など今年は大物選手の引退目立ちますね。

2015年9月14日 (月)

床の張り替え

Dsc


床の張り替えが終わりました。この家も30年近くたって、あちこち不具合が出てきました。きっかけはキッチンの下の扉、蝶番がだめになって、5枚の扉ほとんどがちゃんとしまらないという、最後にはそれを直そうとしただんなが穴をあけてしまうという決定的なダメージを与えてしまいました。

リフォーム会社に相談に行って、思い切って床も張り替えようってことで。前から考えてはいたんですけどね。

一週間、我が家が我が家でない生活。犬と共に狭い部屋に押し込められていました。

でもやってよかったです。床だけは新築のようにきれいになりました。なにより、居間の隅にたまっていたごみがきれいになくなったというのは、清潔で気持ちいい。

一か所きれいにすると、あそこが古いって気にはなりますが、もうリフォームはおしまいのつもり。次は娘がこの家に住むか、これを売っちゃうか娘次第です。

2015年9月 6日 (日)

星逢一夜

昨日観劇してきました。「王家」は宝塚で観ちゃったので、東京宝塚劇場に行くのはすごい久しぶりです。

「星逢一夜」悲劇で終わらせるという結論が先にできた話のように思いました。プログラムに「史実とは違う点がある」と書いてありましたが、上田先生はその史実を曲げてでも、こういう話にしたかったのかという感じ。「宝歴騒動」を参考にしたと書いてありましたが、「宝歴騒動」は自分の出世のために年貢の取り立てを厳しくして、それが郡上一揆にまでなった話でしょう。私的には、一揆の原因がそちらの方がすっきりするんだけれど。

主役を悪者にできないという事情があるにはせよ、誰も悪者がいないというのも納得できません。一揆というのは農民にとって命を懸けた反乱であったはず。そこら辺があいまいでは、私は若い人のように素直には泣けません。領主との一騎打ちなんてありえないし。

切ない話ではあるんだけれど、他に解決方法なかったのかと思ってしまう話でした。紀之介(早霧せいな)泉(咲妃みゆ)源太(望海風斗)の幼い頃は可愛くって、楽しそうで、よけいにこの三人どうなっていくんだろうと思ってしまいました。源太なんてこの間まで「アル・カポネ」だったのにね。

それにしても源太っていい人。泉の気持ちわかって、春興(紀乃介)に土下座までして「もらってくれ」と言って、それを拒否されたら、ちゃんと自分のお嫁にしてって、どれだけ人がいいんだ。そして、ラスト。武士と庶民じゃ結果わかっているのにね。必死に向かって行く一途さ。だからよけいに「他に解決方法は」って思っちゃう。

ショーは、衣装がすごいキラキラで「エスメラルダ~」って歌詞をいっぱい聴いてたら終わった。(メリハリがないとも言える)大体が私、彩凪翔と彩風咲奈の違いがいまだにあやふやなファンなので、参考にはなさらないように。

また、小言なんですが(いじわる姑みたい)観劇の時に、髪を盛るってNGだと思います。私の前の席の若い子、とてもきれいで盛り髪もすごく似合っていましたが、少しは後ろで観劇している人のこと考えてね。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »