« 宝塚をどり | トップページ | 「手に入らないチケット」 »

2014年5月24日 (土)

ブルーレイレコーダー

昨日事故にあいました。こちらは完全に被害者、怪我もなかったんですけどね。信号待ちをしている時、後ろがドスンと。私は後続車が強引に右車線に入ろうとして、右後部にぶつかったと思ったのですが、そうではなくブレーキの利きが悪くなり(そんな車運転して大丈夫なんだろうか)、衝突をさけようとして、右にハンドルをきったけれど、間に合わなかったとのこと。

事故直後は「車が傷ついた」と相当怒ったのですが、あちらはダンプ、こちらは軽自動車でまともに追突されていたら、と思うと不幸中の幸いだったようです。

先日、ブルーレイのレコーダーを買ったのですが、CATVのチューナーとの接続がよくわからず、JCOMのサポートに電話すること数回、モデムとLAN接続して下さいということで、昨日もLANケーブルを買いに行く途中のことでした。

LAN接続してもレコーダー認識しないじゃんと今日も朝からJCOMに電話。訪問サポートを頼んだのですが、来るまで約一週間。地上波を録画するために買ったわけじゃないんだけどな、もう一度説明書よく読んでみようと読みなおしていたら、ネットワーク設定をしてなかった。
スマートテレビって、テレビよりパソコンに近いものなんですね。それからはスムーズにチューナーもレコーダーを認識し、CS録画も出来ることも、それをブルーレイディスクに移動できることも確認。

またJCOMに電話して、訪問サポートをキャンセル。しっかし、電話だと言葉がスムーズに出てこないものです。「訪問サポート」と言ったつもりが、「訪問販売」と言ってみたり。HDMI接続が出てこず、「Hなんちゃらのケーブルは繋いだ」相手が「はぁ?」

「ディスク」という言葉さえ出てこなくて「あの白くて丸いもの」。年のせいにはしたくはないが、相手には相当のお年だと思われたことは確かだと思います。こんなのばっかり相手してるから、いつもサポートの電話は混んでるんだと妙に納得した日でした。

« 宝塚をどり | トップページ | 「手に入らないチケット」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

怪我無くてよかった、しかもダンプ!

でも体の調子をよくみてね

ありがとうございます。怪我はなかったんですけどね。事故の後始末ってめんどうですね。やっと修理にだしたところです。

代車を同じムーヴにしてもらったのですが、ほぼ新車でグレードも高いのが来て、気を使うこと。事故りませんように。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145305/59698615

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーレイレコーダー:

« 宝塚をどり | トップページ | 「手に入らないチケット」 »