« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月24日 (土)

ブルーレイレコーダー

昨日事故にあいました。こちらは完全に被害者、怪我もなかったんですけどね。信号待ちをしている時、後ろがドスンと。私は後続車が強引に右車線に入ろうとして、右後部にぶつかったと思ったのですが、そうではなくブレーキの利きが悪くなり(そんな車運転して大丈夫なんだろうか)、衝突をさけようとして、右にハンドルをきったけれど、間に合わなかったとのこと。

事故直後は「車が傷ついた」と相当怒ったのですが、あちらはダンプ、こちらは軽自動車でまともに追突されていたら、と思うと不幸中の幸いだったようです。

先日、ブルーレイのレコーダーを買ったのですが、CATVのチューナーとの接続がよくわからず、JCOMのサポートに電話すること数回、モデムとLAN接続して下さいということで、昨日もLANケーブルを買いに行く途中のことでした。

LAN接続してもレコーダー認識しないじゃんと今日も朝からJCOMに電話。訪問サポートを頼んだのですが、来るまで約一週間。地上波を録画するために買ったわけじゃないんだけどな、もう一度説明書よく読んでみようと読みなおしていたら、ネットワーク設定をしてなかった。
スマートテレビって、テレビよりパソコンに近いものなんですね。それからはスムーズにチューナーもレコーダーを認識し、CS録画も出来ることも、それをブルーレイディスクに移動できることも確認。

またJCOMに電話して、訪問サポートをキャンセル。しっかし、電話だと言葉がスムーズに出てこないものです。「訪問サポート」と言ったつもりが、「訪問販売」と言ってみたり。HDMI接続が出てこず、「Hなんちゃらのケーブルは繋いだ」相手が「はぁ?」

「ディスク」という言葉さえ出てこなくて「あの白くて丸いもの」。年のせいにはしたくはないが、相手には相当のお年だと思われたことは確かだと思います。こんなのばっかり相手してるから、いつもサポートの電話は混んでるんだと妙に納得した日でした。

2014年5月21日 (水)

宝塚をどり

なんだか、この頃宝塚のことばかりですが。
昨日「宝塚をどり」を見てきました。私は約40年ぶり、娘は初めて。

もう圧倒されっぱなし。宝塚をどりは日舞を基本としながらの宝塚風。専科の松本悠里の正当日舞もさすが。三番叟ではまるで三面鏡のようにみえる仕掛け。よさこいは途中でロック風に、「引っ込んだ後、息ができないほどだろうな」と思える群舞。龍さんの獅子姿も格好いい~と目が完全にハートマーク。

休憩後、「明日への指針、センチュー号の航海日誌」という30分ほどの劇がありました。短いけれど、それだけにぎゅっと詰まったいいお芝居でした。

その後グランドレビュー「花詩集100」はまさにタカラヅカです。龍さん・愛希さんのトップコンビのデュエットダンスも、動作がきちっとそろった群舞もタカラヅカ。100人のラインダンスとてもかわいかった。ラストの大階段を大きな羽をつけて龍さんが降りてくると「ああ、終わっちゃう」

龍さんは着替えている以外は出っ放し状態で、あれを昨日は二度やるんですからね。すごいとしかいえないです。もちろん昨日も満席状態でした。私たちのような親子づれもあり、お友達同士もあり、少ないけれど、男の人ひとり観戦もあり。

考えてみれば、息子のことをまったく忘れた3時間って初めてかもしれない。クラプトンの時もずっと息子のこと考えていたけれど、さすがに宝塚と息子は結びつかなくて。3時間でもとても幸せになれた宝塚に感謝です。娘と「また来ようね」と約束しました。

2014年5月18日 (日)

チケット取れず

今日は、ベルばらチケットの発売日。先日の先行販売の日はネット出来ずに、繋いだ時には、当然売り切れ。

今日は10時前につなぎ、ひたすら待っていた1時間。すべて売り切れ。予想していたとはいえ、ヅカファンってすごいんですね。圧倒される~。

今、タカラヅカスカイステージではさかんに「見に来てくださいねぇ」みたいな番組やってるけれど、行きたくてもね、こんな状態じゃ無理。にわかファン見事に撃沈の日でした。

2014年5月15日 (木)

タカラヅカスカイステージ

宝塚熱、つのりそうです。有料の「タカラヅカスカイステージ」というCS放送に入っちゃいました。5月は「さよなら蘭寿とむ(11日に卒業した花組のトップスター)月間」らしく、「恰好いい~」と見まくっています。

蘭寿とむという名前も先日の「スターズ」で知ったばかりだし、本当のファンから叱られそうですが、舞台見られなかったのがつくづく残念。歌も上手だし、ダンスがとても素敵。お芝居も結構コミカルなものも似合うし、お気に入りの場面は、とむさんがオーディションを受けるという設定で、とむさんに「そうじゃないわよ、こうよ」なんて下級生がダメだしをする場面。下級生も相当プレッシャーだよね、なんて笑いながら見ました。

「ファントム」(オペラ座の怪人をもとにしたもの)は悲劇で終わるので、一度見ただけだけれど、「オーシャンズ11」は痛快で、これは家にいるときはほとんど流しっぱなしにするくらいお気に入りです。

今まで100パーセント宝塚だった人が、今後どうするんだろうと、身内でもないのに心配しております。ぜひあの才能と努力を生かした第二の人生選んでほしいものです。

2014年5月 8日 (木)

ベルばら

P5080025ベルばらのDVD 買っちゃいました。
見たことないんですよ。テレビでちょこっと見たことはあるんだけど、あの「愛、それは強く~」のフレーズで、もうお腹いっぱいって感じで 、いつも途中で止めちゃう。

オスカル編とフェルゼン編二つあるなんて知らなかったし。昨日届いて、もう二つとも見ちゃった。

とても楽しかったです。思わず見入ってしまって、宝塚ってやっぱり夢の世界だなって思いました。

やっぱりトップスターって花があるし、恰好いいし。って完全に宝塚に魅入られつつあります。

2014年5月 5日 (月)

宝塚

今ちょっとはまりつつあるものが宝塚です。
結婚前によく見に行ってました。といっても、コアなファンではなく、父が会社からチケットを持って帰っていたので、見に行くというタダ見のせこいファンでした。
今、思えばベルバラがヒットする前のことで(年バレバレ)、いわゆる低迷期の頃のことで、今じゃ考えられないことですね。

真帆志ぶき(とても恰好よかった)や汀夏子、鳳蘭が現役の頃のことです。私は郷ちぐさが好きでしたが、トップスターになったとたんに結婚してやめてしまって、それ以来、私も宝塚に興味がなくなり。

結婚してからは舞台を見に行くこともなく、たまにテレビで見ていたのですが「テレビだとどうしてこうもおもしろくないんだろう」と不思議に思っていました。あの華やかさが半減なんですね。

今年は宝塚100周年とか。テレビでも取り上げることが多いし、今だけちょこっとWOWOWに入っているので「スターズ」という公演を見ていて、今のトップスターってこういう人たちなんだって初めて名前を知ったら、舞台を見たくなって、とりあえず16日から始まる「宝塚をどり」のチケットをとりました。月組公演、トップは龍真咲だそうで、今から楽しみです。

七月は宙組(なんて昔はなかったぞ)の「ベルバラ」があるそうで、これもチケットとる準備をしておりまする。とれるといいな。

2014年5月 3日 (土)

スカイツリー

P5020016昨日、スカイツリーに 始めて上がりました。日帰りバスツアー なんですけどね。日帰りバスツアーいろいろあるんですが、どれも朝早くて、夜は遅いのが多いので、家でフランキーを留守番させる気になれなくて。これは10時東京駅集合だからいいかなと。スカイツリーは家から遠くないし、バスツアー使うほどでもないとは思ったのですが、団体でよかったです。

一般だとチケットを買うのもすごい行列。2年もたってるから少しはすいてると思ったのですが、 そんなことはなかった。団体客はスムーズに上がれたのですが、上はいっぱい。
人の間から下を見る感じ。昨日はお天気もよく、遠くまで見晴らせたので、東京って意外と狭いなと感じました。

バスツアーだと時間が中途半端なのよね。ぐるっと一周しても集合時間までには時間あるし、といって「ソラマチ」をゆっくり見るほどの時間はないし。

この後は新しくなった歌舞伎座見物(歌舞伎見物は付いてない)と、お昼はお寿司のバイキング。私たちは後のグループになり、おなかは空いたけれど、いくらバイキングでもね、そんなには食べられない。

お寿司屋さん出ても集合時間まで30分。これがまた中途半端。銀ブラするほどの時間はないし、で結局コーヒー飲んで時間つぶしました。

P5020023最後は亀戸天神。ちょうど藤まつりをやっていて、見事でした。本当はここからまた東京に戻って解散ですが、うちは亀戸のほうが近いので、ここでバスを降りました。

P5030024家に帰るとうれしい頂き物が。愛媛のMさんが送ってくれた「霧の森大福」というお菓子です。とても人気があって、購入制限まであるとか。

お茶の香りがとても美味しいお菓子でした。パクッと口に入れてから、「あっ、仏様にあげるの忘れた」という 粗忽さです。

Mさんとはネットで知り合いって、最後に、お会いしたのもたぶん10年くらい前かな。ブログを見て 「きょんさん応援」で送って いただきました。本当にありがとうね。今度絶対会おうね。

そうそう、歌舞伎座の屋上庭園のところにある鬼瓦に一つだけ違うのがあるって知っていました?それを見つけるといいことがあるんですって。そのいいことが、昨日の「岸君ノーヒットノーラン」だけだとすると、ちょっと切ない気も…。

 

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »