« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月27日 (月)

嬉しい勝利

「今年は若手の成長に期待しているから、最下位になったとしても全然かまわない」と達観したようなことを言っておりますが、実際はライオンズが負けると機嫌悪し、勝つとニコニコの単純なファンです。

昨日も楽天のミスに助けられたとは言え、同点打を打った後藤の「熊代が頑張っているので、ミスを取り返してやりたかった」気持ち嬉しいですよね。ベテラン(後藤もベテランと言われる年になったのねぇ)がこういうコメントを出すチーム、まだまだ上昇出来ると思っちゃう単純ファンです。

6回裏、4-2とリードされて、2死になってからの熊代のヒット、嬉しかったですよ。片岡のあたりは完全にショートゴロアウトの感じでしたが、片岡の足が稼頭夫のあせりを誘った感でした。その後に出たなかじの逆転打。来年も見られるのかどうか。

7回江草、8回ミンチェと完璧に抑え、9回、西武ドーム一番の盛り上がり、「牧田」のコール。チャチャッと三人で終わった時は、強~いチームを見ているような(笑)

まぁ、まだ1回抑えに成功しただけですからね。でも、こういう試合続きますように。牧田をクローザーにと思った渡辺監督のイメージがこちらに載っています。フムフムと妙に納得しちゃうのは単になべQびいきかな。

2011年6月21日 (火)

リネンのバッグ

P6210022

リネンでバッグを作りました。森れいこさんの「リネンに刺繍」に載っていたものです。刺繍ってすごい久しぶりで「自分で使うからかまわない」レベルです。サテンステッチがなかなかうまくいかなくて、丸くなりませんでした。

普段使いにはちょっと大きいかな。もう一回り小さくして作ってみようかな。

P6210023

こちらはクロスステッチ。水で溶けるソルブル・キャンバスを上に乗せて刺しました。クロスステッチは図案を写さなくていいので便利ですが、ソルブル・キャンバスがいいお値段するので、小さいものしか刺せません。

2011年6月18日 (土)

箱根

娘と箱根に行ってきました。行きは新宿から高速バスに乗り、箱根ガラスの森美術館に。全然歩かなくていいので、とても便利です。後ろに座った女性グループがずっとしゃべりっぱなし。会社のことから、仲間のことまで、全部聞こえちゃって、私もお友達と旅行する時は、あんな風なのかとちょっと反省。

P6150001

ガラスの森美術館、とても素敵でした。イタリア風でお昼を食べたレストランでは、カンツォーネの生演奏があり、もう満腹。また古いヴェネチアンガラスの展示にはため息でした。

夜は早雲山前の早雲閣へ。高山にある花扇の姉妹館だそうで、夕食の飛騨牛や朝食の朴葉味噌などとてもおいしかったです。

P6160010

スタッフブログにもたびたび登場する猫のミーちゃん。人懐こくて接客に一役かってる?

P6160019

二日目は強羅公園に。あじさいの寄せ植えが素敵でした。クラフトハウスで、陶芸とサンドブラストの体験を。陶芸はさわってみた程度。ほとんど、スタッフに形づくってもらった感じですが、送られてくるの楽しみ。

サンドブラスト、父の日が近いのでだんなのおみやげにしたのですが、「ホテルのコップ、もらってきたの?」の一言でキレまくり、「絶対使わせない!」と食器棚の奥にしまいこみました。先週も母の三回忌で家を空けたので、だんなの機嫌、あまりよろしくないのはわかっていましたが、あの一言は許せない。

なにはともあれ、久し振りの箱根、大満足でした。

2011年6月 5日 (日)

佑ちゃん復帰登板

ファームで佑ちゃんが投げると聞いて、見に行ってきました。相手は横浜、投手は三浦。18番対決になりました。

12時過ぎに、「もう外野しかないかも」なんて思いながら行ったのですが、以外と内野は空席がいっぱい。あの異常な佑ちゃん人気もすこしは落ち着いたのかしら。それとも、野球そのものにはあまり興味がない人が「佑ちゃ~ん」なんて声あげていたのかしら。

それでも、カメラはいっぱいいるし、試合が始まってしばらくたってから、「外野を開放しました」と放送が流れたので、それなりに賑やかでした。

一応写真撮りました。席に座ったままの怠惰な撮り方なので、ネットを写したみたいですが。

P6040019

これが佑ちゃん、2回を2失点、と調子はいまいちだったよう。

P6040020

こちらは「ハマの番長」三浦投手。

P6040018

ノリさんもいました。

P6040021

こちらは元ライオンズ選手の松坂健太君。新天地で頑張れ。

暑くて4回で帰ってしまったので、「佑ちゃんに初めて負けがつくかも」とだんなと話していたのですが、試合はその後日ハムが逆転勝ちしたらしく、ファームでもやはり「持ってる」かな。

夜は中日戦をテレビ観戦。中日側の放送ってむかつく。たしかに中日の投手中田、すごくよかったけれど、「たった、2安打なんですよ」っていいすぎ。帆足が6回で降りると「チャンスですね」9回裏にあっちゃん出てくると先日の5点差を逆転したことを言い出すし。ムカッとしたから、音声消してたら、いつのまにか、さよならHR打たれてた。

せっかく、帆足タイムリー打ったのにね。昨日は野手お休みの日だったらしい。今日は頑張るように。

2011年6月 4日 (土)

リネンの寝具セット

P6030017

麻布館で端切れセットを買った時に、一緒に一反買いをした生成りのリネンで作った寝具のセット。ボタンが付いているのが、掛け布団カバー。シーツとピローケース。写真ではよくわかりませんが、ピローケースはホテルにあるような額縁式にしたくて、ちょっとだけ手が込んでいます。

ただ、ひたすらまっすぐ縫うだけなので、簡単といえば、簡単なんですが、縫っても縫っても終点がない(ちょっと大げさ?)感じで、二組作ったら、いやになりました。

25メートルも使うかなと思ったけれど、二組作ったら残りは少しになりました。既製品のようにキチッとまっすぐ縫えてるわけじゃないけれど、何はともあれリネンセットが二組、出来たので満足です。

ただ、巻きから直接裁断してそのまま縫ったので(水通しは不要と書いてあったので)毛羽がすごい。部屋中、綿ぼこりみたいなのが舞っていて、作りながら何度掃除機をかけたか。実際に使う前には、洗濯した方がいいみたい。

日暮里にも行ってみたい気もありますが、まだまだ、手つかずの生地がいっぱいあるので、当分は生地買うのは禁止!と宣言しておきます。

2011年6月 3日 (金)

WE ARE

今度は退陣の時期について、もめております。「一定のめど」とはいつのことか、ずいぶん曖昧な言い方だなとは思ったのですが、案の定。しかし、普通のおばさんでもすぐに考えることを思いもしないで行動する国会議員って、いったい何者?

P6030016

JAYWALKのCDを買いました。去年30周年で発売される予定だったCDです。3月に中村耕一さんが脱退して、今後は新生JAYWALKとして再出発するとのこと。このCDは中村耕一さんボーカルの最後のアルバムです。それにしても「最後の歌声は、きっと最高の歌声」というコピーはいかがなものか。

逮捕後、ライブハウスで初めて歌った耕一さんの動画も、新生JAYWALKの新しいメンバーが歌っている動画も見ましたが、どちらも「そうなんだ」という感想しかありません。知久さんのギターも杉田さんのアレンジもとっても好きでしたけれど、やっぱりボカールは耕一さんじゃないとピンとこない。逆に耕一さんが一人で歌っていてもピンとこない。私自身は、これでJAYWALK卒業のつもりです。

心のすきまをピタッと埋めてくれるようなJAYWALKサウンドが大好きだっただけに残念ではありますが、今はライブで見たJAYWALKのメンバーを思い出しながら、時々はこのCDを聴くことにします。

2011年6月 2日 (木)

不信任案

今日はお友達とランチをしていて、夕方のニュースを見てびっくり。不信任案が大差で否決されたとのこと。朝にはどちらになるか全くわからない感じだったのに。菅さんが「復興のめどがついたら退陣」と言ったことがこういう結果になったとか。

昨日まで「賛成だ」と言っていた方があっさりと反対票入れてるし、ばかばかしいったらありゃしない。こんな茶番劇、私も見たくはないけれど、被災者の気持ちはいかに。被災者と言われる人がいなくなるまで、与野党一致で国難に対処するなんてことは、期待できないことだけはよくわかりました。もう政治に失望なんてものではなく、政治家のあの顔もこの顔も見るのもいやになりました。

誰かが「雨降って地固まる」なんて言っていたけれど、雨降りすぎて、土砂崩れなんてならなければいいんだけれどね。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »