« ドーナツ出来上がり | トップページ | アイス出来上がり »

2011年2月27日 (日)

ごぜ唄公演

毎年の恒例になった感じの「ごぜ唄」に昨日行ってきました。今年は「八百屋お七」八百屋お七というと恋しい人に会いたいために、自宅に放火してしまう悲恋ものですが、ごぜ唄で演じられるのは言葉あそび。「忠臣蔵尽し」や「青物尽し」など、お七の恋しい思いをかけ言葉にして表わすというもの。一度聞いただけでは、言葉がさっと流れてしまう感じで、なかなかそこまで理解できず、残念でした。でも、ごぜさんを待っていた村人を喜ばせようと工夫をこらした演目には、私も村人の一員になった気持で聴くことができました。

懐かしい友人との再会も楽しみで、京都からいらしたPさんと梅干しでお世話になってるKさんと公演後、短い時間でしたが、お茶のみ。孫がどうとか、親の介護がどうとか、そんな話をする年齢になっちゃいましたが、楽しいひと時でした。帰りにはおみやげまでいただいて、ほんとにありがとうございました。

ブローダーハウスまで遠いんですよね。西船橋まで車で行ったのですが、行きも帰りも大渋滞。二時間以上かかって、自宅に帰りつくと、ぐったりですが、ずっと留守番していたフランキーが喜ぶしで、昨日は早々と寝てしまいました。

« ドーナツ出来上がり | トップページ | アイス出来上がり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遠くから今年もありがとうございました。
今回はどの回も力が入っておりいいごぜ唄公演でした。
こうして常連さんが増えてきてくださり嬉しいものです。
「また来年!」というお別れの言葉もたくさん交わされました。(=^^=)

また来年!

お疲れ様でした!「言葉あそび」の方を一生懸命さがしていると、話の方がおろそかになったり、年々理解力低下を感じます。

edaatsさんとお話できなかったのが心残りです。
食事会のお誘い待っていますね。

そんな遠いんですね。
本当にありがたいです。ほとんどお話し出来なくていつも残念で
たまりません。
でも、皆様の元気なお姿を目の当たりにするだけでとても嬉しいです。

八百屋お七、後半は急展開で良かったですよ。
私自身も、だんだんにごぜ唄の聴き方が分かってきたように思います。

また来年もお会いできるのを楽しみにしています。
孫のお話しましょうね。ありがとうございました。

手作りケーキやアイスクリーム上手ですね。お孫ちゃん、喜ぶでしょうね。ばあばの愛情が溢れています。
私は手先は全然ダメなので羨ましいです。

渋滞のせいもあるのですが、なにせ辺鄙なところなもので。
どこでもドアーがあると、もっとブロダーハウスにもいけるのですが。

美猫さんのところももうすぐですね。名前が一字違いなんて、他人とは思えません(笑)
フェルトは孫のためというより、作ること自体にはまってしまっております。笑顔で遊んでくれると、より嬉しいんですが、なかなか会えなくて。春休みには来るみたいなので、楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145305/50980978

この記事へのトラックバック一覧です: ごぜ唄公演:

« ドーナツ出来上がり | トップページ | アイス出来上がり »