« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

ごぜ唄公演

毎年の恒例になった感じの「ごぜ唄」に昨日行ってきました。今年は「八百屋お七」八百屋お七というと恋しい人に会いたいために、自宅に放火してしまう悲恋ものですが、ごぜ唄で演じられるのは言葉あそび。「忠臣蔵尽し」や「青物尽し」など、お七の恋しい思いをかけ言葉にして表わすというもの。一度聞いただけでは、言葉がさっと流れてしまう感じで、なかなかそこまで理解できず、残念でした。でも、ごぜさんを待っていた村人を喜ばせようと工夫をこらした演目には、私も村人の一員になった気持で聴くことができました。

懐かしい友人との再会も楽しみで、京都からいらしたPさんと梅干しでお世話になってるKさんと公演後、短い時間でしたが、お茶のみ。孫がどうとか、親の介護がどうとか、そんな話をする年齢になっちゃいましたが、楽しいひと時でした。帰りにはおみやげまでいただいて、ほんとにありがとうございました。

ブローダーハウスまで遠いんですよね。西船橋まで車で行ったのですが、行きも帰りも大渋滞。二時間以上かかって、自宅に帰りつくと、ぐったりですが、ずっと留守番していたフランキーが喜ぶしで、昨日は早々と寝てしまいました。

2011年2月24日 (木)

ドーナツ出来上がり

P2230013

チョキチクさんのドーナツ、26個出来上がりました。全部を籠に入れると壮観です。ドーナツって穴があいた円形をとじるだけ、なんて思っていたら、大間違い。チョキチクさんのデザインとアイデアに、作りながら「なるほど、ふむふむ」と感心しきり。

出来上がると、とても可愛くて、にんまりしちゃいます。お孫ちゃんに送ろうと思ったけれど、遊ぶところを見てみたいし、こちらへ来るまで置いておこうかな。

その後、アイスとクッキーも買っちゃいました。クッキーはまだ手つかずですが、アイスは3分の2ほど、出来ています。アイスも型紙を見ただけでは、何がどうなってるのか全然わからず、縫ってみて「なるほど」と思うアイデアにびっくりしています。

2011年2月17日 (木)

ケーキがいっぱい

P2170012

フェルトのケーキをいっぱい作りました。全部、RUKOさんの「フェルトのスィーツ」の本、そのままです。どれも可愛くて、片っぱしから作っていったら、こんなにたくさんになっちゃいました。奥のホールケーキやはりRUKOさんのキットです。フェルトは片抜きされていたので、楽だったのですが、キウィ6個がなかなか大変でした。小物入れになっています。

孫のおままごと用のつもりだったけれど、ボンドを多用してるし、ビーズも使っているので、おままごとには不向きですね。孫のおままごとには、フェルト好きの間では有名なサイト、チョキチクさんからドーナッツのキットを買い、ただいま制作中。

と思ったけれど、これも可愛い。送ってしまうのもったいないなぁと思いながら作っています。フェルト作品ばかり、うちにあっても仕方ないんですけどね。目は疲れる、肩はコルといいながら、しばらくフェルトに囲まれています。

2011年2月 5日 (土)

揚げ出し大根

P2050011

和田はつ子さんの「悲桜餅」という本に「揚げ出し大根」という料理が載っていて、本の内容より、生の大根を油で揚げただけで、おいしいんだろうかとそちらの方が気になって、早速作ってみました。

八つ割りにした大根を、低温の油でじっくりと素揚げにして、今日は即席でめんつゆを薄めたものと花かつおをかけてみました。味は揚げ出し豆腐の大根版という感じです。(あたりまえですが)。素朴な感じでおいしかったです。

結構、昔からある料理だそうです。おしょうゆをかけただけでもおいしいそうで。以外と大根と油って合うものですね。そういえば、大根ステーキという料理もありましたね。今度はそちらも作ってみよう。

2011年2月 4日 (金)

いたずらっ子

P2040009

黒の毛糸でケープを編んでる途中で、買い物に出かけました。ほんの30分ほどのことですが、帰ってきたら、床に黒い固まりが…。

P1000266

もちろん、犯人はこの子。「あー、何をしてくれたの」と大きな声を出すと、悪いことと思ったのか、シュンとしちゃいました。短い間だからと、ポンとテーブルの上に乗せたまま、出かけた私も悪いんですが。

糸が絡み合ったらやっかいだと思いながら、そっと拾い上げて編み上げました。

P2040010

写真だと、黒くて、よくわかりませんが、スパンコールがキラキラして奇麗です。

2011年2月 1日 (火)

フェルトドッグ

P2010008

久しぶりにフェルト羊毛をチクチクしてみました。
一応、ミニチュアダックスのつもりですが、あんまり可愛くない。

生き物は仕上げの段階で、変わってしまうので、なかなか奥が深いです。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »