« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月28日 (火)

夢をみた

すごくストーリー性のある夢を見ました。子供たちがまだ小さく幼稚園くらい。私もまだ30代。引っ越したばかりで、家にはダンボールがいっぱい。そんなところに父が現れて、一緒に来た人を見て、わたしはびっくり仰天。なにか、すごく地位のある人らしい。その人気さくに「やあやあ」なんぞ言って我が家に上がりこむ。

「こいつ(と父を指差しながら)小さいころ悪ガキでねぇ」なんてその人がいうのを父は笑って見ている。私はとりあえずお茶出さなきゃと引っ越し荷物をガサゴソ。なんてやってると、女中さん(なぜか女中さんが二人もいる)が「お外で遊んでいた坊ちゃまがいなくなりましたぁ」と叫んで、ご近所の協力で無事みつかり。

なんだかんだあって(その間の話もすべて覚えています)。最後は裏の空き地で女中さん二人が青いブルドーザーのミニカーを掘り出したところで、目がさめました。

こんな夢を見た理由はわかっています。姫野カオルコの「特急こだま東海道線を走る」を読んでから、小さい頃の記憶にとりつかれていて。

祖母が我が家に来て帰る時に「また来るね」と言ったのに私「もう来なくていい」と言ったこと。祖母が父の母だったから、母の困惑とその場の空気が凍りついたこと。これは何十年たっても忘れられません。

あの時、祖母が嫌いだったわけじゃないんです。ただ、祖母の手、シワシワで皮だらけで、皮膚をつまむと何センチだって持ち上がりそうな手が魔女の手みたいで怖かったんです。なんてこと、母と話したかなとずっと考えていて、眠りについたので、いわば「姫野カオルコ病」かな。

女中さんが出てきたのは中島京子の「ちいさいおうち」のせいだと思います。我が家には女中さんなんていたことないし、まして二人なんてありえない。ただ夢から覚めた時に、幸せな気持ちになったのは、もう20年近くも前に亡くなった父が夢の中でニコニコ笑っていたことでした。

あの時魔女みたいだと思った祖母はいくつくらいだったのでしょうか。もしかしたら、今の私より若かったのかも知れない。ほんとに、ひどいことを言ったもんだと、いまさら思っても仕方ないんですが。なんだか、無性に父母に会いたくなりました。

2010年9月27日 (月)

ソフトバンクが優勝した

日ハムに負けて、その時点でソフトバンクの優勝が決まりました。トンビに油揚げさらわれた気分。あ、トンビじゃなくて鷹か。

マジックが出た時点で、ビジターが続くので、不安は確かにありました。今年、ビジターで連敗というのは何度も見ていたから。でも、まさかね、福岡で3連敗してくるとは。そして、最後のホームゲームで楽天に負けるとは。私の予想をはるかに超えて、獅子ちゃんがブクブク沈んじゃった。

今日はテレビつけていたら、見たくもない映像が流れそうで、テレビなし。ネットもなし。いままでずっと読書してたのですが、悔しくて眠れん。

一ファンでもこれだけ悔しいのだから、選手はもっと悔しいはず。CSは短期決戦、今までの頑張りを無駄にしないように、是非日本シリーズには出るように。

2010年9月25日 (土)

やっと勝ったよ

ふぅー、です。ライオンズ勝ちましたぁ。3対1から、9回、3対2になり、しかも2死満塁。もう生きたここちしませんでした。ま、これで今日のソフトバンクの優勝はなくなったということで、ほっと一安心。これでCS進出も決めました。

夜は、こんなに日ハム応援したのはじめて、というくらい熱心にテレビ見ていたんですけどね。杉内にやられちゃいました。たまに、夫婦の意見がそろうとろくなことはない?これで、ソフトバンクのマジック1。

しっかし、こんな混戦初めてですよね。そうです、どこも強くないからです。今年のライオンズ、「なんで、こんなに弱っちいの。プンプン」と思ったことが、何度も。Bクラスになった去年より、弱いような気がする。ま、それでもファン辞める気はないのだから、何位になろうが同じことなんですが。

明日は対日ハムで、またも我が家戦争になりそう。ソフトバンクに負けて、ライオンズに勝ったりしたら、当分口きいてやらない(だんなに)

2010年9月24日 (金)

チョー不機嫌

Doll6_1 私は、今不機嫌の頂点です。理由は←のせい。

オリックスに1勝2敗はまだ許せる。ソフトバンクに3連敗したころから、我が家の雰囲気、怪しくなってきました。昨日、楽天に負けて首位陥落したことにより、我が家はツンツンケンケン。

だんなが野球の「や」でもライオンズの「ラ」でも言おうものなら、何か物が飛びそうな雰囲気です。だって、普通は思いますよね。こちらは、首位をかけた戦いで投手はエース、あちらは最下位確定していて投手はプロ初先発。こちらの勝ちはまず間違いないと。それが、それが、てな展開で、「どうなっとんじゃ!」それから、だんなもある程度は気を使っている様子がありあり。

「そんな気づかい無用。それより日ハムの心配してれば」と言いつつ、「私の前でスポーツニュース見るな、新聞のスポーツ欄開くな」とわがまま放題。

51evscznk0l__sy100_ そんな現実逃避している私がやったことは買い物。磐音シリーズのDVDボックスを買いました。アマゾンで少し安くなってるとは言っても17000円くらいする。レンタルにすれば、1000円以下ですむ。本は全部読んで、話は全部知ってる。

私はテレビ見ていないので、動く磐音がわからない。レンタルだと、特典DVDがない。と、心がシーソーしたあげく、ポチッと買い物かごへ。

今のところ、ポチッしてよかったかなと。特典の「プチかげ」がおもしろい。山本耕史はコメディの演技下手と思いながら、ときどき見せる照れた演技がかっわいい!

てなわけで、山本耕史のおかげで、かろうじて笑っていられる昨今です。

2010年9月19日 (日)

お年寄りの定義

別に敬老の日にちなんでというわけじゃないのですが、有川浩さんの「三匹のおっさん」という本を読んでいて、本自体はおもしろかったのです。アラ還世代のおっさんが、地域限定正義の味方という設定で悪をやっつけるという話で、法律的にどうなのかなという疑問はあるにしても、本の中限定とすれば、なかなか痛快ものでした。

ただ気になったのが、作者のあとがきにあった「イマドキのお年寄りって若い」の一言でした。還暦すぎると年寄りなんかい、若けりゃ年寄りじゃないんじゃないのと疑問がわいてきて。私的には「お年寄り」というと、年金くらしで、一日暇で、趣味だのお友達とのおしゃべりにあけくれて、電車では優先席にどっかり座り、なんてイメージだったので、世代が違うと年寄りの定義も違うのかなと少々ショックではありました。

60過ぎれば、普通孫の一人や二人いるのは当たり前。その孫から「じいじ」だの「ばあば」だのって言われるのは全然抵抗ないのですが、世間的にお年寄りとみられるのには、やっぱり抵抗があります。今、年金でも65才過ぎないと出ませんし、年金が出ても現役でいられるうちは働く人も多く、いわゆる「隠居」の身分にはなかなかなれませんよね。

年寄りという言葉が、ただ○十年生きてきたという意味ならそれはそれで否定できるものではないのですが、明日から優先席座れますよ的に言われるのなら、私は意地でも座ってやんない。

2010年9月13日 (月)

鳥取

P9100010_1 孫のところに行ってきました。上の子が3才になるのと、だんながまだ行ってないので、今回は夫婦で。

近くに温泉があるので、ホテルに泊まり、夕食を息子一家と一緒にしました。当初は一泊で帰るつもりでしたが、ママのお出かけと重なり、私は上の子を見るために、ちょっと日延べしました。

3才というのは、可愛いです。おしゃべりが一人前。自我が出てきて、ちょっとわがまま。(それも可愛い)遊び相手をしていると、ほんとに一日があっという間。

P9120014_1_3   プール教室に通いだしたとかで、ママの代わりに連れていきました。泣くこともなく、先生のお話を一生懸命聞いてる姿に、大きくなったなぁと感心しました。

会ってる時はいいんですが、別れるときは、孫に「バイバイいやだ」と言われたこともあって、いつも涙が出そうになっちゃいます。

また、遊びにおいでね!

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »