« 最後の忠臣蔵 | トップページ | 日めくり万葉集 »

2009年1月10日 (土)

女警部ジュリー・レスコー

引き続きテレビの話題。なにせ、ここ数日テレビ三昧だったもので。昨日とは逆に、ちょっとがっかりしたのが、ジュリー・レスコー。フランスで警察署長をしているジュリー、仕事に対してはとても敏腕、部下思い。一方、家庭では離婚経験者で、二人の娘を育て、母親らしい悩みもあり、といったいわゆる刑事ドラマ。

もう、15年以上も続いているそうで、第一話は離婚したばかりのジュリーが新しい職場につくところから始まる。まだ、子供たちは、小学生。それが、シリーズを重ねるごとに、子供たちがそのまま大きくなり、ジュリーも新しい恋人が出来て、云々。

ミステリーものとしてより(個人的には、殺人があんな簡単な捜査で解決するとは思えない)ホームドラマ的要素がとても楽しかった。シリーズを重ねるごとに出てくる出演者も変わり、初めの頃はたびたび出ていた前夫が再婚を機に出なくなったり、下の子バブーが出なくなったり、部下もちょこちょこ変わったりと少しづつ変化はあったのだけれど。

最新作がミステリーチャンネルで放映されるとのことで、楽しみにしていたのだけれど。77話でびっくり。ジュリーが異動している。大きな警察署の主任(?)みたいな役。今まで出ていた部下ももちろん出なくなったし(モタだけは協力というかたちでちょっと出ていた)、家族が上の子サラだけ。そのサラも弁護士として働いていて、妊娠中。

再婚したピエールとは別れたらしい。それより気になるのが、パヴェル。両親を殺されたパヴェルをジュリーが引き取って養子にしていたのだけれど、携帯でパヴェルの写真を見ながら、泣きそうになるジュリー。いったい何があったの?と気になるじゃないね。説明はいっさいなし。

「ジュリー・レスコー」も長年やってきて飽きられたので、思いきったイメージチェンジ?と思われる筋書きだけれど、署長として格好いいジュリー、家庭を大事にするジュリー、恋人の前では可愛い女になるジュリー、いろんなジュリーが見られてこその「女警部ジュリー・レスコー」だったのにね。作り手の意図がわかんないとぶつぶつ言いながら見た最新作でした。

« 最後の忠臣蔵 | トップページ | 日めくり万葉集 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

2010年から、新作物の「女警部ジュリーレスコー」が、始まるらしいが、
どのようなストーリーが展開されるのか、楽しみである。

こんばんは。
そうですよね。私もパヴェルはどうなったのか、すご~く気になってました。
欠かさず見ていたつもりなのに、まさか見逃していたのかしら?!と思ったりして。
やはりまったく説明はなかったんですね。
かなり昔の記事にコメントしちゃってスミマセン。おかげで数年間のモヤモヤが晴れました。

そたぽんさん、こんにちは。
あれ以来ジュリーレスコー見ていないので、
(今もミステリーチャンネルでやっているみたいだけれど)
なんとも言えないないのですが、
パヴェルは気になりますよね。

いろいろ想像してみろということなんでしょうが
まだ子供だったのに、どんな想像があるんでしょうか。

とうとう、あの女警部ジュリーレスコーは、ネタ切れになってしまったのか、終わってしまい、また、お年を召した?失礼! 英国のヴェラ~女の
信念・・・とか言う番組が始まったようですね。ジュリーレスコーと、どちらが、良いのか、見比べて見たいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145305/43694853

この記事へのトラックバック一覧です: 女警部ジュリー・レスコー:

« 最後の忠臣蔵 | トップページ | 日めくり万葉集 »