« アジア一 | トップページ | 優勝パレード&ファン感 »

2008年11月18日 (火)

レッドクリフ

を見てきました。だんなが「行こう」と勧めるものだから、あんまり拒否しちゃ悪いかなくらいの気持ちで。

大体、映画館で映画を観たのはいつだっけと思っても、思い出せないくらい久しぶり。今は夫婦50割引なんてあって、二人で2千円で見られるのね。平日なので、ガラガラだけど、夫婦がたくさん。

映画の方はおもしろさ半分、なんだかな半分。出演者がイメージぴったり。金城武の孔明もトニー・レオンの周瑜もはまり役です。周瑜の奥さん役のリー・チーリンは「絶世の美女」そのものだし。中村獅童もよかったです。

なんだかなと思ったのは、描き方がいかにもって感じ。曹操が悪、劉備が善ってわかりやすいけれど、単純すぎ。ラブシーンやアクションシーンをもっと減らしても、戦争しなくちゃいけない苦悩みたいな、心理的なものがもっとあると、もっと共感できたのだけれど。

「レッドクリフ」とあるけれどパート1ではそこまでいかないで終わりです。パート2は来年4月公開だそうです。また、だんながしつこく誘うんだろうな。「こういう映画は大きな画面で見なくちゃ」は賛成するけれど。

« アジア一 | トップページ | 優勝パレード&ファン感 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145305/43155374

この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ:

« アジア一 | トップページ | 優勝パレード&ファン感 »