« エリック・クラプトン | トップページ | 生きようとする力 »

2006年12月22日 (金)

ダイの症状

一進一退といったところ。食欲が出てくると、咳がひどい。薬を増やすと、内臓に負担がかかって、元気なくなる。病院で点滴してもらうと、一時的には元気になって食欲出る。すると、また咳がひどくなる。

と、完全にスパイラル状態。今は食欲ない状態なんだけれど、咳も出てないし、それほど苦しがってるわけではない。病院へ連れていこうがどうか迷っている。

家で好きにさせてあげておいた方がいいような気もするし。このまま食欲出なかったら、これで終わりのような気もするし。すっかり軽くなってしまったダイを抱きながら、迷っている。

« エリック・クラプトン | トップページ | 生きようとする力 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

心配ですね。

動物も人間と同じようにQOLを大事にしてあげればいいでしょう。
うちのヒナはまだ9歳なので元気ですが、これから先心配なところありますね。

心配で何も手につかないのでは・・って思っています。今日も冷たい雨が降っているし。

実家ではずーーっと犬を飼っていたので、それぞれに思い入れもあったのを思い出しています。

edaatsさん
いつかは来る別れなんですけど、辛いものです。上にも書いたように食欲が出てきて、今の所は一安心なんですけれど、ずっとここが良ければここが悪い状態なので、まだまだ目が離せません。

みすとさん
24時間がダイのために過ぎていく感じで、「今日も生きてた」状態なんですが、おとなしいうちにブラッシングしちゃおうなどと、ちょっとイジワルをしてみたくなったりして。

元気な時より、密な時間を過ごしているかも知れない。

それより、お元気になられてほんとよかった。お互い健康には気をつけましょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145305/13162205

この記事へのトラックバック一覧です: ダイの症状:

« エリック・クラプトン | トップページ | 生きようとする力 »