« 南極物語 | トップページ | ワールドカップ »

2006年6月 9日 (金)

ダイの症状

咳は相変わらず出ている。ひどい時には体を立てるようにだっこすると楽になる(ような気がする)ので、子供をあやすみたいに、だっこしているけれど、4キロのちび犬とは言え、全体重を預けられると、ずしりと重たい。

家族に「こうやってだっこすると楽みたいよ」と教えるのだけれど、ダメ。誰に抱かれてもいっしょだと思うのだけれど、ダイがいやがる。全く役に立たないんだからといいながら、ちょっと優越感。(笑)

でも、それ以外は元気。お散歩紐を見せると「行く、行く」状態だし、顔見知りの小学生に会ったりすると、しっぽ振ってお愛想振りまく。全く、外面のよさは相変わらず。しばらくはこういう状態が続きそうな感じ。

« 南極物語 | トップページ | ワールドカップ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145305/10453060

この記事へのトラックバック一覧です: ダイの症状:

« 南極物語 | トップページ | ワールドカップ »