« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

炭谷銀仁朗

高卒捕手が開幕マスクというのは51年ぶりとか。正直、話題性が少ないライオンズの話題つくりかと思っていた。が、数試合見て、堂々したリードぶりになかなかのものだと思っていたら、昨日の試合でまたまた記録つくり

清原&ゴジラ超えとはね。グランドスラムは自分ひとりでは出来ないし、まだセリーグが開幕してないことまで「スター性があるのかも」と思ってしまう。スター性があるで終わっちゃうのか、本物のスターになるのかは今後の努力しだい。

頑張れ!銀ちゃん。「ぎんじろう」を変換すると「銀次郎」になっちゃうのよね。「銀仁朗」で登録しとこ。試合結果はこちら

2006年3月26日 (日)

開幕

待ちに待った開幕戦。ライオンズはオリックスと、と去年と同じカードなんだけど、WBC効果か、荒川静香効果か、はたまた清原効果か、西武ドームが立ち見も出るほどの満員。この人気が一過性で終わりませんように。

ライオンズのサプライズはスタメンマスクが高校生ルーキーの炭谷。51年ぶりとか。ヒットも打って、大物になりそうな予感。細川・野田の気持ちはいかにと思ってしまうが、こればっかりは、競争の世界だからね。

試合結果はこちら。だんなが仕事から帰ってきて「新人がマスク被ったの?」というのにも「うるさい!負けたときには野球の話はしない約束でしょう」という機嫌の悪さ。今日は勝ちましょう!

2006年3月24日 (金)

石けんつくり

3年ほど前、石けんつくりに凝ってあれこれ作っていた。石けんが貯まってしまったのでしばらくストップしていたけれど、ストックも少なくなってきたので、今日は石けんつくり。久しぶりだったので、手順もすっかり忘れ、一つ一つ本を見ながら。

今日作ったのは豆乳石けん。肌がツルツルになって美白作用もあるそうで。久しぶりに作って見ると、結構面倒。だけど、油が苛性ソーダと混じると、だんだん石けんになっていく様はおもしろい。

P3240051 今、牛乳パックの型に入れて、発砲スチロールの保温箱に入れたところ。3.4日このままにして、固まるのを待つだけ。どんな石けんになるかしら、楽しみ。

2006年3月21日 (火)

世界一

すごい!としか言いようがありません。WBCって開く意図がよくわからないとか、辞退者続出の監督を引き受けた王さん、「苦労ばかり引き受けて」とか、いろいろ思っていたけれど、今日の勝ちで王さんの思いは間違っていなかったと思いました。

選手が高校球児の大人版のように、楽しさとプレッシャーで戦っている姿に感動もしたし、野球のおもしろさを改めて思ったし、ほんとにありがとうと言いたい。

始まる前はいろいろ問題ありの大会ではあったけれど、第一回優勝の記録はずっと残るし、それを輝かせるためにも、この大会がずっと続いて欲しいと思いました。ほんとにおめでとう!松坂、ちゃんと帰ってくるんだよ。

2006年3月18日 (土)

クリスマスローズ

0317 0317_1 庭のすみに置いてあって、ほとんど世話をしなくても、毎年白い花をつけてくれる、ありがたいお花。

2006年3月17日 (金)

準決勝進出

昨日「早く帰っておいで」と書いた。まさか、アメリカがメキシコに負けるとは思わなかったし、ダナボタ待っていてもね、という気持ちから。でも、ちょっとはタナボタ期待して今日の試合見ていた。

3回の不可解な判定。またしても、あの審判。が、ここでメキシコが本気になった感で、結局は2対1でメキシコの勝ち。感謝、感謝。

これで、準決勝でまたしても韓国とあたる。三度目の正直、今度こそ勝利ね!

2006年3月16日 (木)

負けちゃった

韓国に2度負けるとは思わなかった。韓国は強かった。まだ、アメリカとメキシコの結果次第とはいうものの、早く帰っておいで~。審判の問題とか、まだまだ改良の余地はあるとは思うけれど、4年に1回の大会が定着するといいですね。

オープン戦でもライオンズ負けた様だし、おまけに株価まで下がって、今日は厄日か。

2006年3月14日 (火)

荒川静香の始球式

オリックスとの開幕戦で、荒川静香の始球式が正式決定のようで。わーい、嬉しいな。

ライオンズファンならとっくにご承知のことだけれど、W杯の年(つまり冬季オリンピックの年)は必ず優勝しているのです。過去にも船木選手や里谷選手を始球式に招いた年は、優勝。もう、これで今年の優勝、間違いなし!

2004年に日本一になったことより、2002年の悪夢の日本シリーズをまだ忘れられないライオンズファンは「絶対出て来い、巨人」の気持ち。最後は豊田を打って、日本一。

と、着々と青写真は出来ております。その前に、シーズン頑張りましょうね。

2006年3月13日 (月)

WBCなど

今朝、WBCの2次予選を見ていた。3対3の同点での、あの八回の判定。気持ちいいものではない。ワールドといいながら、やる場所もアメリカ、審判もアメリカ人じゃね。アメリカのためのWBCだったのかしらね。

話変わってオープン戦。わがライオンズは絶好調。7勝1敗2分けでトップです。昨日はテレビ中継していたので、見ていたけれど、森・豊田の位置に小野寺・大沼が収まりそうだし、なんだか様になってる感じはするんですが。

10日の日刊スポーツ。「憎らしいほど強かったライオンズの復活を予感させる戦いが続いている。」というのは、たかがオープン戦。褒めすぎの感じだけれど、この好調がシーズン始まっても続きますように。

2006年3月11日 (土)

春近し

0311 0311_1 0311_2 庭の花々

2006年3月 7日 (火)

心配させて…

20060307 土曜日から、ダイが食欲なく、元気がない。こういうことは時々あったが、次の日は元気をとりもどしていたのだけれど、今度は、日曜も月曜も食欲出ない。もちろん、病院にも行って薬も飲ませたが、あまり効果なし。

散歩なんて行ける状態ではなく、抱っこして外に連れ出し、時々おろして、おしっこさせたりしていたが、足もともよろついて心もとない。

年も年だし、いよいよかと思い、息子にも「ダイがダメかも」なんて電話する始末。心配した息子も仕事帰りにわざわざ家に寄っていった。

が、月曜の夕方から少しずつ食欲がもどってくるのと同時に、元気をとりもどした。今日は朝晩の散歩も普通に行ったし、私がおせんべいを食べていると「それちょうだい」と寄ってくる。私の勝手な思い込みで、大騒ぎしてしまったけれど、直ってほんとよかった。

ダイのつぶやき:ちょっとお腹が痛くて、食欲がなかっただけなのに、おかあちゃんが大騒ぎするからびっくり。でも、夜も心配して、僕が息してるかどうかずっと体に手を当ててるの。僕ってそんなに大事にされていたんだね。

2006年3月 4日 (土)

スポーツ記事から

今、台湾戦の途中ですが、今日のスポーツ記事からライオンズ関係を拾ってみました。

野村監督が伊東監督のヒゲ面“口撃”  私もテレビで見て、あのひげ何とかならないかとは思ったが、他のチームの監督から、あれこれ言われる問題ではないのじゃないかと。「指揮官があれじゃあ、チームが乱れる。今年の西武の優勝はないな」ないのね、絶対に。もし優勝したらどうする?野村監督にヒゲはやしてもらいますか?

静香始球式来て!!3・25西武本拠開幕戦  しーちゃん、来てくれるのかしらね。金メダリストを呼んだ年は優勝してるなら、絶対呼ぶべし!

2006年3月 3日 (金)

損切り

昨日、あるスーパーの株を損切りした。この株、一時は利益が出ていたのだけれど、下げ足の速いこと。ここらで売ったほうが賢明だと思い、昨日の朝、おとといよりも少し上がったのを確認して、320円で売り注文。その時319円ではすぐ売れることは知っていたが、1円の違い、売れるだろうと思って午後までほっておいた。

午後になってチャートを確認すると、下がってきている。とても320円で売れる状態じゃない。もう最後はやけくそ「もってけ、ドロボー」なんて心境で315円に金額訂正。すぐ売れちゃった。約4万円の損失。4万あれば、春のスカート・セーターくらいは買えたなと思ったけれど、後悔したのは4万の損失ではなく、なんで朝319円で売っちゃわなかったかということ。もうその時点で3万以上の損失が出ていたのだから、1円の違いにぐちぐち思わなかったら、4千円の損失は防げた。

全く、自分の判断の悪さには自分でもあきれちゃう。これで明日から上がったりしたら、もうそのスーパーでは絶対買い物してやらないんだからね!

追記:スーパー株また下がっってる。昨日の売値315円になることは一度もなく、306円で終わった。今日まで持っていたら、また1万近くの損失が増えるところだった。結構判断上手かも?(と、自分をなぐさめる)

2006年3月 2日 (木)

民主党のゴタゴタ

先の選挙で民主党に入れた。積極的に支援しているわけではないけれど、野党第一党として頑張ってという応援のつもり。

例の永田議員の質問の時も、たまたまテレビを見ていて、ほんとかなとは思ったが、あまりに断定的だったので、よほどの裏づけがあるに違いないとは思った。その後の経過は、衆知のとおりなのだけれど、永田議員に対しては「あなたの粗忽さが我慢できない」民主党に対しては「政権をとろうなんて、100年早い!」とテレビに向かって怒りの毎日。

メール一枚で、せっかくの自民党追求の矛先が曲がっちゃったのがほんとに残念。永田議員も野田国対委員長も同じ千葉県民なんですよね。うちの区ではないのだけれど、千葉四区では、補欠選挙が始まろうとしていた矢先で、今度は民主が勝つだろうと思っていたら、この騒ぎ。

民主党の中にも、ほんとの大人の議員がたくさんいるはずだと思うのに、なんでこんな幼稚な不手際が?もっと、大人になりましょうね。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »