« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

小関が…

また、びっくり。今年、選手会長になったばかりの小関が自由契約。米球界挑戦とか(日刊スポーツより)。確かに、ここ二年ほどは怪我もあって出場機会は減ってるし、外野は競争が激しいとはいうものの、小関もまだ29歳。

なにより、小関が出てくると「太陽にほえろ」のテーマに乗って湧き上がる小関コール。盛り上がるんだけどな。若手がどんどん出てくるのは嬉しいんだけれど、ここまでベテランを切ってもいいのかしらん。

なんだか、カブレラの残留のために、年俸が高い選手をどんどん切っているように感じるんですけれど。大成・森・豊田で小関もですか。若手のイケメン選手もいいんですけど、私自身は栗山より小関の方が魅力あるんだけどな。なんだか、スポーツニュース見るたびに、好きな選手が減っていく感じ。

これで、来年最下位なんかになったら、ベテランをないがしろにするからだと言ってやろ。(優勝したら、若手の切り替えがうまくいったねと言うけど)

2005年11月29日 (火)

障子の張替え

障子張り、いつも今年は早めにと思うんですけどね。子供も大きくなって、破れることもなくなり、張り替えるのは二年に一度。だって、決して広くない家なのに障子が多いんですよ。

「日に焼けなくて、いつまでも真っ白な障子紙、いいかげんに出来てよさそうなものだ」とか何とかいいながら、うまくピンと張れた時には、「さすが~、ベテラン主婦」なんて悦にいっている。
少々たるんでも、「霧吹きしとけば大丈夫。大丈夫じゃなくても、そのうち気にならなくなる」なんていいかげんなんだけれど、やっぱり真っ白な障子は気持ちがいい。

PB290020 この寄せ植えは、もう3年越しのもの。去年の冬に部屋へ入れるのを忘れていたら、半分死んだようになったものが、またこんなに茂っちゃいました。

2005年11月27日 (日)

巨人・豊田

巨人のユニフォームを着た豊田。それを見て虚脱状態になっちゃったライオンズファンがここに一人。今まで「ライオンズの選手で誰が好き?」と聞かれても「み~んな好き」といつも答えていた私だから、特に豊田選手に思い入れがあったわけではない。でも、もうライオンズの選手ではなくなった事実を現実に見ると、なんと言ったらいいのやら。

充四郎さんのHPには「裏切られた」とか「もう応援しない」とかの書き込みがいっぱい。それだけ、ファンに愛された選手といえるのかも。
何故巨人というよりライオンズでは何故だめだったの?とは思うけれど、いまさらそれを聞いてもね。

個性的でプライドの高い豊田が巨人というチームで浮いたりしないか、なにより年々落ちている成績を新しいチームで上げることができるのか。ライオンズファンに愛されたように巨人ファンにも愛されるのか、なんていらん心配だとは思うが。
来年、交流戦で当たったら「打っちゃえ」と思うのか「豊田が打たれるのを見るのはいやだ」になるのかその時になってみないとわからないけれど、今の心境は「打っちゃえ」かな。

だってライオンズファンなんだもん。たぶん来年は厳しい戦いと思う。試合後に「くっそー、もう応援しないから」という言葉が今年以上に出ると思う。でも、次の日はきっと「今日は勝とうね」と応援してると思う。

物は考えようで、抑えというポジョンが空いた。ここに来年どの選手が入るのかという楽しみも出来た。豊田が出来たことを他の選手が出来ないという理由はない。ライオンズというチームはいつも危機をチャンスに変えるチームだと思っている。それが魅力でずっと応援してきたのだもの、これくらいのことでめげてたまるかい!(と、あえて自分を鼓舞してみる)

隣の猫ちゃん

PB260019 私は絶対的に犬派なんだけど、お隣は猫派らしい。玄関で花に水やりなどしていると、ふっと視線を感じることがあって、「何?」と見ると必ず塀の上に猫ちゃんが。

先日は、玄関開けっ放しで花の手入れをして、水やりするときにドアーを閉めた。終わって「うちに入ろう」とドアーを開けると、中から飛び出したのがこの猫ちゃん。

猫ちゃんにしてみたら、ちょっと、よそんちお邪魔と入ったところで、ドアー閉められて焦っただろうね。でも、こちらもドアー開けたとたんに、目の前を動物が横切るとは思わなかったからびっくりしたわよ。

うちのダイちゃん、何してるのよ。こういう時こそ「猫ちゃんが閉じ込められたワン」って、教えてほしいもんだ。

2005年11月26日 (土)

びっくり!

今日はライオンズ関係でびっくりのニュースが二つ。
一つは森慎二の大リーグ挑戦。えっー、来年は抑えで頑張るようなこと言ってなかった?って感じ。あの、ブロッコリー頭見れなくなっちゃうのね。「ハラハラ森劇場」もないのね。さびしいなぁ。松坂の気持ちやいかに。

もう一つは27日に豊田が巨人入りを表明。ファン感謝デーで感じていたことではあるけれど。
巨人入りを決めた理由は知りたい気はするけれど、もうどっちでもいいです。
頑張ってくださいね。そして、もし豊田が打たれてもあんまり責めないでくださいね、巨人ファンの皆様。

森も豊田もいなくなって、来年はどうなるんでしょうね。若手に期待しましょうかね。楽しみ半分、怖さ半分のライオンズファンでした。

2005年11月25日 (金)

フリー版が出来てる

昨日ココログ、ずっとメンテナンス中で終わったと思ったら、トップデザインが変わってる。ログインするのに「アカウント」と「パスワード」を入れなきゃいけなくなってる。これが何度いれてもエラーメッセージ。「おっかしいなぁ、間違ってないんだけど」と思ったら、いつの間にかフリーにチェックが入ってた。

あら、いつの間にフリー版出来たの。まぁ、ほとんどのブログは無料だものね。会員以外は有料というのもね。と思っていたら、なんとフリーの方が充実している。アクセス解析やフォトアルバム機能なんて、私が利用しているベーシックにはない。

なんなの、これ。初めて繋いだブロバイダーがinfowebだった。その時取ったメールアドレスをまだ使っているので、ずっとNIFTYに月額250円という一番安いコースではあるが、払い続けているのに。

会員がフリー並みのサービスを受けられるのは来年3月とか。やっぱり変だよね。

2005年11月24日 (木)

パンジー、パンジー

小春日和という言葉を、朝から何度も聞いた日だった。ほんとうに気持ちのいい日で、近くのホームセンターでパンジーを大量に買ってきた。

前はパンジーは種から育てていたのだけれど、今はパンジーの苗すごく安いの。10連結で400円。バーゲン品には200円というものもあり、一株20円!。種から育てても大量に出来て、人にあげることが多いから、手間を考えると、苗を買った方がお得。

午前中ずっとパンジー植えをしていたら、大量すぎたかなと思った苗がきれいに収まった。ただ、他の花を植える場所がない。来年の春はパンジー・パンジーになるのか。いいけど~。

2005年11月23日 (水)

ファン感謝デー

ライオンズでファン感謝デーが開かれるのは、20数年ぶりとか。ファン感謝デーもない、日本一になってもパレードもしない、こんなチームのファンに何でなったのかと思ったこともあった。
私自身もあんまり西武ドーム(正式にはインボイスSEIBUドームと言わなくちゃいけないのだけれど)には行かないファンなので、お互い様なんだけど。

pb230018 最後のエキシビジョンマッチが楽しかった。ライオンズファンなら懐かしい辻とか土井・立花・渡辺とか伊東のキャッチャー姿なんて見たら帰れないしね。最後に大成がヒット打って、ベンちゃんのさよならヒットで和田ベンチャーズの勝ちなんて、出来すぎと思いながら、楽しかった。

toyoda

人に押されながら、20番の後ろ姿ゲット。

kobaton

ついでにコバトンも。

2005年11月22日 (火)

ダイの薬

今日は、自転車に乗って出かけること、2回。疲れました。
まだ少々怖くて、車の少ない裏道通ってるし。

2週間に一度、ダイの薬をもらいにいってるが、今日は湿疹の薬も一緒のせいで、1万円越えた。
全くね。心臓の方は治すのではなく、症状を軽くするだけだから、ずっと飲まさなきゃいけないし。
それでいて、薬だけ出すのは上手になって、翌日掃除をする時に、薬を発見!なんて時には、「一体、いくら払ってると思ってるの!」と大きな声を出したくなることもあり。

「これを飲むと、お咳が減って、楽になる」なってダイ自身が思ってくれないかな。

2005年11月19日 (土)

ドラフト

大学生・社会人のドラフトが終わった。ライオンズは希望枠での三菱重工長崎の松永はじめ4人。どの選手も頑張ってほしい。

ただ、伊東監督のコメントはいただけない。「本当に欲しかった選手はとれなかった。それが複雑だし、ショック。」監督として言ってほしくなかったな。フロントとの確執は噂されていたけれど、そんなことは、これから入ってくる選手とは無関係。入る前からやる気をそぐようなコメントはいかがなものか。

「伊東監督まだまだ、人生経験足りないぞ」と思った私でした。

2005年11月18日 (金)

新しい自転車

今日は暖かくていい天気だったので、いつもは車で行くお買い物、歩いて行こうと思い、デジカメをバックに入れて出かける。

PB180011 ゴルフ場では桜が咲いていた。初めて見たときは「秋に桜が!」ってびっくりしたけれど、「しきざくら」という種類なんだそうで。どうってことない写真だけど、この間デジカメを新しくしたので、使い方がよくわからず、「ズームにするのはどうするんだ」とあれこれ。ゴルフ場の入り口で、かなり怪しかったかも。

この間まで梨畑だったところは、30軒以上建ってる住宅地になってるし、たまには近所でも歩いてみないとね。

わざわざ歩いたのは天気のせいばかりでなく、自転車を買おうと思っていたから。実はもう2年半も自転車に乗っていない。だんながぎっくり腰になった時、ママチャリの方が乗りやすいと私の自転車を使うようになって、始めは不便を感じていたけれど、そのうち車で買い物が当たり前になっちゃった。でも、健康のためには絶対自転車の方がいいし、ガソリン代だって節約できるし。

スーパーで一番安いママチャリに後ろに籠をつけてもらって、さあ帰宅。でも乗れるかしらん、ズテッと転んだらみっともない、としばらく引いて歩く。車も人も通ってないところで、乗ってみた。乗れるじゃん。でも、後ろから車がくるとドキッ。きっと車の人も「前の自転車、なんかぎこちないな」って、かなり不安ね。

久し振りの自転車、気持ちよかった。これからは買い物はなるべく自転車で行こう。

2005年11月17日 (木)

DVDレコーダー

我が家にはDVDレコーダーが二台ある。という事実は、家族だれも知らない。うそみたいだけれどほんと。今までも、居間のテレビにはCATVのチューナーの他に、レコーダーとDVDプレーヤー付きのビデオを接続していたので、見かけがあまり変わっていないといえばそうだけど。

一台目を買ったのは1年半ほど前。衝動買いだった。これがよく故障する。って、レコーダーのせいではなく、あまりに、こき使うせいだとは思うが。(と、一応パナソニックに敬意はらって)保障期間も終わり、有償になると「なんだかな。今はもっと性能よくて安いんだけど」という気持ちになった。レコーダーを修理に出してる間にビデオ録画するって、面倒なんですよ。家族に言っても「二台はいらない」と言われるに決まってるし。

ある日、大型スーパーで何となく家電売り場を見ていると東芝の「ビデオ付きレコーダー」が4万しない。HDDも今使ってるのより、大容量だし、何よりDVD-RAM使えるし。これは買いでしょう、と即決。またも、衝動買い。全く懲りない私。

家に持って帰って、ビデオをはずし、新しいレコーダーを付ける。いくら何でもわかるよな。「買ったの?」と言われれば「そう」と言っとこ。と、思っているうちに3ヶ月。だ~れも気付かない。
プレーヤー付きのビデオは今までビデオ接続していたテレビに接続し、ビデオは2階の物置に持っていったんだけど、これも誰も気付かない。なんという家族。

ビデオ付きというのは便利。ビデオをDVDに移すのは手間いらずだし。ただ、使い方がね、パナソニックより難しい。未だに、使う時にはマニュアル片手の私。

2005年11月16日 (水)

今度は湿疹

私の横で寝ているダイをなでていて、ギョッ。わき腹のところに湿疹。しかもハゲてる。その時、全身ハゲちゃったダイの姿が頭の中によぎる。ハゲてもダイに変わりはないけど、散歩の時に、みんなに聞かれるのもうっとおしい。夜中に散歩行くことになるかも。

と、湿疹を離れて、ハゲることの心配ばかりしてる。^_^; またまた病院へ。幸いたいしたことはなく、塗り薬と飲み薬をもらって帰ってきた。しかし、この間と今度で15000円以上。これからもペット代の出費、増えていくんだろうな。

2005年11月15日 (火)

検死医マッカラム

mccallum 今テレビで凝ってるのが、ミステリーチャンネルでやってる「検死医マッカラム」
大体、オープニング曲が「Cry Me A River」ってミステリーらしからぬと思っていたら、第一話から、一夜を共にした女性が殺されて、自分が容疑者になってる。

このマッカラムという人、検死医としては大学で講義も行うほど一流なんだけど、私生活がね。一話の話もやっと仲直りした恋人に知られるのが怖くて、本当ののことが言えずに、最悪の状況になっちゃう。五話でも恋人に去られて仕事に身が入らず、代わりの同僚が現場に向かう際に交通事故を起こすって、周りに迷惑ばかりかけてて、「何やってんだか」の人物。

事件はサイコ的なものが多く悲惨な場面も多いけれど、マッカラムの人物像を描くことで、おもしろいドラマになっている。早く立ち直れよとか、ジョアナ(恋人)ってそんなにいい女かとか、すっかりはまってる。

リアルタイムでは朝8時からやってるんだけど、検死の場面が多く、とても朝から見るようなテレビじゃない。録画しておいて、好きな時間に見てるけれど、八話で終わっちゃうのが残念。

2005年11月14日 (月)

ファイターズタウン鎌ヶ谷

今日のスポニチ・アネックスによると、日ハムの二軍「ファイタアーズタウン鎌ヶ谷」内にレジャーランド建設とのこと。

外野芝生席でバーベキュー、足裏マッサージ、そして温泉ですって。この球場はとてもきれいな球場なんだけれど、とにかくアクセスが悪い。試合がある日は鎌ヶ谷駅からバスが出るのだけれど、徒歩だと30分くらいかかる。

日ハムに入った選手が「陸の孤島」に来たみたいだと嘆くとか聞いたけれど、周りにはコンビニがあるだけで、ほんとに何もないところなの。野球の練習に専念できそうだけどね。
私もライオンズの試合がある時には、見に行くのだけれど、そこに温泉があったら楽しいだろうね。実現するといいなと思ったニュースでした。

2005年11月12日 (土)

豊田はライオンズに必要です

昨日、巨人と初交渉をした豊田。ヤフーのプロ野球ニュースによれば「13年間、西武で支えてくれたファンがいる。そう簡単には決められない。相談したい人もたくさんいる」と回答を保留した、とのこと。

豊田はファンをとても大事にする人だと思っている。抑えになりたての頃、連続でさよならHRを浴びてマスコミが「これからも豊田を抑えに使うのか」と騒いだ時、西武ドームでの登板の時に沸きあがった豊田コールが、きっとファンに感謝の気持ちを生んだと思う。

文化放送での試合前の出演やシーズン中のHPの毎日更新など、なかなか出来ることではない。打たれた日などいやだろうなと思うのだけれど、ちゃんとHPに気持ちが載っていて、慰めなくちゃいけないはずのファンが慰められたり、「あなたは偉い!」と思うことが何度もあった。

中川充四郎さんのHPには「豊田さんに残ってほしい」というスレッドにたくさんの書き込みがあり、たぶん豊田自身も目を通しているんじゃないかしら。(また何の根拠もなし)こんなにファンに愛される選手が違うチームのユニフォームを着るなんて、やっぱりいやだ!

今までライオンズからいろんな選手が出ていった。「今まで楽しませてくれてありがとう。じゃあね、次でも頑張ってね」というスタンスできた私。でないと、パ・リーグファンなんて辛くて続けていられませんって。今度だけはファンの気持ちが豊田に届きますようにと祈る気持ち。

追記:今日のWeb Hochiには腹がたった。「豊田も落ちた!」だって。昨日の会見、NHKのテレビで見ていたけれど、どこが「落ちた!」って表現になるの。「13年間、西武で支えてくれたファンがいる」ってちゃんと言っていたじゃない。あの豊田コールを豊田は忘れていなかったと確実に思ったね。

「最後決めるのは、自分自身。感情を出して、熱くやれる場所があるかどうかが判断基準」とも話した。その舞台は巨人にある。巨人ファンも豊田を待っている。

その舞台は巨人ですって。笑わせるない!ですわ。自分とこで育てもしないで、すぐよそから獲ってくるチームですよ。そして、今年のシコースキーのようにポイ捨てするチームですよ。巨人ファンも待っているですって。その何倍もライオンズファンは残ってほしいと思ってるんじゃい!いくら報知だからって、こんな記事を書いていいものだろうか。

2005年11月11日 (金)

鬼平関連の本

PB110009 私の愛読書は池波正太郎さん。「鬼平犯科帳」と「剣客商売」を交互に読んでいます。時代劇が好きなわけではないのです。ただ、池波ワールドって不思議。鬼平さんも小兵衛さんも、時には恋人のように、時には父親のようにとても身近に感じるのです。

鬼平さんがおいしいと言ったものは、ほんとにおいしそうなので、時には似たようなものを作ることがあります。この2冊はそんな鬼平さんの食に注目した本です。

「鬼平がうまいと言った江戸の味」は鬼平さんが食べていただろうというものを再現した本。どの料理も素朴なんだけれど、実際作るには、相当の料理の腕と愛情がいりそうと思う本です。これも好きな作家、北原亜以子さんが文を書いています。

「鬼平舌づつみ」は鬼平さんの時代にはなかった素材も含めて、鬼平さんに食べさせたい、そしてうまいと言わせたいといった料理を集めた本。こちらはちょっと作ってみるという本ではないのですが、見ているだけでも鬼平さんがニコニコしている顔が浮かぶようです。

2005年11月 9日 (水)

駅前茶釜

2 心太さんのプログで教えてもらった駅前茶釜。駅前シリーズ、時々日本映画専門チャンネルでやってることは知っていたけれど、ドタバタ喜劇ってあまり好きじゃないのよねという感じで見たことはなかった。

で、わざわざレンタルしてまで見た「駅前茶釜」。心太さんお勧めだけあって楽しかった。何より出演者が楽しんでいる雰囲気がいい。森繁久彌、フランキー堺、伴淳三郎のかけあい、ほとんどアドリブとのことだが、三人の息がピッタリ合って絶妙。

三木のり平の狸と森繁の骨董屋のやりとりはほんとおもしろかった。やっぱり芸達者だなぁと改めて思う。駅前シリーズ、今度テレビでやってたら絶対録画しようっと、と思った駅前シリーズデビューでした。

2005年11月 8日 (火)

犬用サプリ

昨日の薬が効いたのか、今日のダイはとても元気。
昨日は夕方のお散歩と食事以外はずっと寝ていたので、夜元気で困った。

こちらがそろそろ寝ようという時に、
「遊ぼう♪」
「だって、もう夜だよ」
「いいじゃん、遊ぼうよ」
「もう寝るから」
「じゃぁ、一人で庭で遊ぶ」
「庭で~?夜中にマルチーズが外にいたら、道通る人がびっくりするよ」
「庭に出る~、出る~」
なんて会話があり(?)、中に入ってくるまで、こちらは寝もされず。

dai

今日も、私が洗濯籠を持ってくると、「それ干すんでしょう」とちゃんと入り口で待機。入り口を開けると待ちかねたように、庭に降りた。「あのね、調子の良い時ほど、安静が大事なの」なんて言ってもね。

sapuri 息子の友人が獣医をしていて、先日遊びに来たときに、犬用のサプリを持ってきてくれた。何でも活性酸素を除去する効果があるとか。活性酸素除去なら、私だって食べたいぞ。(笑)
粘土みたいに練り練り出来るので、薬を埋めて飲ませるのに便利。でも、値段を聞いてびっくり。薬ビンくらいの大きさで1200円もするんだって。ほんと、お犬様だわねぇ

2005年11月 7日 (月)

ダイは心臓病

ダイは前から心臓が悪い。心臓のポンプ機能がおかしくて、心臓肥大になり、他の内臓を圧迫するとか。半年ほどずっと薬を飲んでいるけれど、夜中に苦しそうにすること2回。それも、かなり長い時間。

ずっと一緒に寝てるので、ダイが起きるとすぐに気づくのだけれど、苦しそうにする時は、わざと背中向けて、見せないようにするしぐさ(そんなことはないと思うが)が愛しい。背中をさすってあげるくらいしか、やってあげれないのが、悲しい。

早速、今日病院につれていったけれど、レントゲン写真にはすごいショック。ダイの小さな体のかなりの部分に心臓が映っていて、気管支を圧迫していて、それが苦しい原因とか。確実に、病気は悪化している。薬も増えたけれど、結局は一時しのぎ?

もう14歳だから、ある程度覚悟は出来ているつもりだけれど、なるべく穏やかな老後を送らせたいと思う日でした。

20050103 病院で興奮しすぎて、今はぐっすり。こちらも夜中に何度も起こされて、眠いんですけど。

2005年11月 5日 (土)

豊田清

やはりというか「巨人が豊田獲りへ」という記事が今日のスポーツ新聞であちこちと。クローザー欲しいからですって。クローザー欲しいのは巨人だけではなく、どこのチームでもでしょう。しかし、巨人関係者は知っているんだろうか。

豊田清という人、ここまで来るのに決して平坦な道ではなかったことを。初勝利まで3年かかったこと、ひじの手術も経験したし、'01年シーズン途中に、当時の監督東尾さんから抑えを命じられ、その年は血を吐くこと思いもしたこと。連続でさよならHRを浴びて抑えに失敗したこともあるが、そういう経験を乗り越えて「絶対的守護神」といわれる地位を自分で確立したこと。

「非常に魅力的な投手。高い能力と気性。あんなガッツのある選手をみたことない」とは、清武球団代表の言葉だけど、そりゃ豊田ほどいろんな経験したら、ガッツがなきゃプロではやっていけないって。逆にいえば、巨人にだってそんな選手いそうなものだけどね。

巨人ファンって空しいと思うのは、選手が育っていく過程が見られないということ。ファームから期待していた選手が一軍にあがると、そりゃ嬉しいし、応援のトーンだって上がろうってものだけど、そこにポンと違うチームから来た選手が入っても嬉しいかぁと、いつも思うのだけど。
そりゃ、ライオンズにだってトレードなどで違うチームから入ってくる選手はいるし、入ってきたからはライオンズの一員として応援はするけど、それはそれ。

「一番自分を必要としてくれるところでやりたい。FA宣言は野球人生のラストスパート」という豊田の言葉が、観客が多くて話題度が高い巨人でやりたいという意味なら、一ファンとしてはどうしようもないのだけれど、抑えに失敗しても、暖かい声援を送るのはライオンズファンだけだよ、って私が豊田の知人だったらアドバイスするんだけどなぁ。

2005年11月 4日 (金)

今日のWeb Hochiから

スポーツ新聞の記事はあんまり信用しない私だけれど、「松坂メジャー挑戦 球団と直談判優先」の記事で気になった表現が。「断念してないです。気持ちを切り替えるのは早いですから。自分の野球人生を1年でも無駄にしたくない」

無駄?ライオンズで投げることが無駄?そういう気持ちなら、あなたは一日でも早くメジャーに言った方がいい。ほんとはメジャー行きたかったと思いながら投げる来年は、今年以上の成績は残せないでしょうしね。第一、今の球団代表の黒岩さんには1年や2年メジャー行きを延ばしても返せない恩があると思うけれどね。

同じ報知の記事から。「豊田、西武を退団へ」。豊田が今日FA宣言をするらしい。でも、FA宣言がなんで即退団なの。豊田の思いは残留・移籍、半々だと思う。(何の根拠もなしだけど)2001年シーズン途中で抑えにまわった豊田の苦労はどれほどだったか。そういう苦労もわかっているライオンズファンだから、抑えに失敗しても豊田は責めることが出来なかった。

そういう微妙なファン心理は新しいチームにはないですよ。常に結果だけで判断されますよ。って、単に残留を懇願してるみたいね。(笑)そうではなくて、FA宣言することを決意したことと、退団を決意したこととは別なんじゃないのと、言いたかったのです。

2005年11月 3日 (木)

プチ・サンプルシリーズ

PB030003 これもお菓子のおまけと言えるのかな。始めに買ってきたのは娘。あまりの精巧ぶりに感心して、私もスーパーで見かけると時々買ってくるようになった。いろんなサンプルがあるけれど、見て楽しいのはお菓子類や果物類、食器など。

ほんとに、本物そっくりで、ギフトシリーズには送り状までついている。作るの大変だろうなとまず思っちゃう。一つ300円だけど、二人で、1万円くらいは投資してるかも。コレクション・ケースまで買っちゃったし。

開けるまで何が入っているかわからないので、重複して出たりしてるけれど、結構ワクワクするのは幼い頃のおままごとを思い出すからかな。

2005年11月 2日 (水)

ライオンズのこと2

ネタに困ったらライオンズネタということで(笑)まず「大成の現役引退」。先日、戦力外通告を受けていた高木大成が現役を引退して、フロント入りすることになった。フロント入り出来るのはごく一部の選手だから、これでよかったのかも知れない。怪我さえなければ、とも思うが、センス・怪我をしない体共にないとプロとしては厳しいのかも。背広を着た大成ってどんな感じでしょうね。

もう一つは松坂の残留。去年の約束「万人が認める成績ならば」ということでポスティングでのメジャー移籍と訴えたが球団社長からノーと言われた。「今年は20勝0敗でも無理」とはね。私などはどうせFAで出て行くのなら、ポスティングの方が球団にとってはお得と思うけれどね。もっとも松坂がいなくなった後のこと思うとゾッとはするが。

「20勝0敗でも無理」というなら、去年安易な約束などしなきゃいいのに。ちょっと松坂に同情すると共に、来年のモチベーションどうなんだろうと心配。今年の井川みたいにイヤイヤ投げるなんてことにならなければいいけど。

2005年11月 1日 (火)

ダイと大げんか

いつもの様に、散歩行く前に耳そうじしようとダイを高いところに乗せたら、いつも以上に反抗。
叱る、抑えつける、反抗するの繰り返しで、だんだんこちらも本気で腹がたってきた。

「もう、お散歩行かない!」宣言をして、30分ほどほっておいた。何とか、私の視界に入ろうとするのをわざと背中むけて「無視」の態度。ちょっとは本気で怒ってるのわかったかしらんと思って、耳をさわったら、相変わらず反抗。結局、耳そうじ半分で散歩に行ってしまった。

こんなことだから、ダイになめられるとはわかっているんだけど。ダイ、扱いにくい頑固じいさんそのもの。前は、もうちょっとおとなしくしてたんだけどな。年をとって、ますますわがままになってきている。ダイは戦いに疲れて、気持ちよさげに寝てる。全く、飼い主の心わからずのあほ犬め!と寝顔に毒づいてもね。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »