2020年11月26日 (木)

スヌーピーボウル

何だかつまらない日本シリーズでしたね。
って、観てないけどね。
昨日、1回表だけ観て、チャンスに1点しか取れないジャイアンツに
「これは、今日決まっちゃうな」と思っていたら、案の定でした。

確かに、ソフトバンクは強いですよ。でも、二年連続、1勝も出来ないなんて、情けないよね。
まぁ、私には関係ないけどね。


というわけで、昨日は「ロマンス」を観ていました。
みっちゃん、卒業からちょうど4年。
4年の間に、みっちゃん結婚して、お母さんになって、とすごい変化。
来週から、お仕事始まります。
まだ、コロナ収まってない中での、お仕事再開。
私も、無理はしないで、ゆるくついて行こうと思います。


で、本題。CMでやってるケンタッキーの「スヌーピーボウル」
これは絶対ゲットだわと、今日のお昼はケンタッキー。

Dsc_0080_20201126171801

こんな可愛い箱に入っていました。

Dsc_0081_20201126171901
夫の分も買ったので、二つ。同じ色にならなくてよかった。
可愛い、やっぱりスヌーピー好きだわ。

2020年11月10日 (火)

今季終了

昨日の対ソフトバンク戦で、ライオンズの全日程が終わりました。
今季はなかなか成績が上がらず、5位だの4位だのチョロチョロ。
防御率最下位、打率5位ではそれも仕方ないかと。

それでも、最後までロッテと2位争いをしたのは、さすがです。
私は、大方のファンとは違って、ソフトバンクと10ゲーム以上離れて
CS出なくてもいいというファンですから、2位になれなかったことには何とも感じていません。

ただ、Bクラスになると辻監督辞めるだろうな、それはいやだなという思いはありました。
選手層の薄い中で、やりくり出来る手腕をとても買っていましたので。
時には、監督で負けたと家で大騒ぎすることは数度ありましたが

シーズン終わると今年は誰が出ていく?と思うライオンズファン。
増田、よそに行かないでね。
今年楽天戦を観ていて「まるで楽天ライオンズだ」と思った私。
でも、結局ライオンズの方が成績良かったもんね、と無駄な優越感。
選手集めるだけじゃ、野球は強くならないことを示してくれました。

来季、期待できること。
投手がすこしずつよくなってきている。
特にリリーフ陣が安定してきている。豊田コーチのおかげでしょうかね。

監督には「守備を固定してほしい」です。
源田・外崎の二遊間の安定はパリーグ一だと思います。
その外崎を外野で使うのは止めてほしい。

というのは、一ファンの勝手なつぶやきです。

2020年11月 2日 (月)

十時半睡事件帖

517mzute6hl
前にも書いた「十時半睡事件帖」
島田正吾さんの演技が絶妙で、とても楽しめるテレビ番組でした。
その時に、原作読みたいなと思ったのですが、もう中古本しかなく、
仕方なく、電子化されていた一作目「包丁ざむらい」だけ手に入れて、楽しんでいました。

久しぶりに、アマゾンを検索していて、全7作が電子化されているのを知りました。
テレビでは息子は江戸にいる設定でしたが、原作では同居していて、
4作目で、その息子弥七郎が、不祥事(不倫)を起こして、半睡は総目付を辞めてしまいます。

5作目からは、江戸の総目付を命じられて、舞台は江戸へ。
そこで、また新しい出会いがあり、
時には情けもあり、時には非情な裁きもありの半睡裁きを楽しんでいました。

51tzh6u9cl
最後の「東海道をゆく」は、弥七郎が病気になり、半睡は国元に帰るのですが
「弥七郎が死ぬ定めなら、それがしが急いだところで死にまする」という死生観で、
東海道を陸路で行くことにします。

道中記といった趣で、ところどころ赤穂浪士の仇討ちや平家と源氏の違いなど、
半睡の言葉を通して、一般の評価とは違う、作者の考えが垣間見えるところが興味深いです。
途中で弥七郎の労咳が見立て違いとわかり、不惑の心境に至っていなかったと喜ぶ半睡。

作者死亡のために浜松で終わってしまいますが、登場人物の、その後がいろいろ想像されて、
余韻が残る最後です。


2020年10月24日 (土)

高橋朋己の引退

Clip_now_20201021_203025

20日に高橋朋己の引退が発表されました。
活躍した期間は14・15年と短かったけれど、ファンに愛された選手でした。
E-girlsの「Follow me」の曲で登場する守護神は頼もしかった。


怪我のために去年から育成契約。
ライオンズも43番の背番号を開けて、復活を待っていたけれど、叶いませんでした。

その「Follow me」を今年から使っているのが、弟分の平良海馬。
160キロ近くの球を投げる頼もしい中継ぎです。17戦連続0封。
是非、ともみんの精神を受け継いでほしいです。

2020年10月15日 (木)

はいからさんが通る

Img061

13日昼公演を観てきました。
完成度が高くて、楽しかった。
3年前の再演だし、退団者や組変え以外ほぼ前の配役通り。
「お披露目なのに再演?」という疑問はずっとあったのですが
柚香さんが出てきたとたんに、そんなことはどうでもよくなって。

私は、特別原作ファンというわけではないんだけれど、
柚香さんと華さんではなく、伊集院少尉と紅緒がそのまま舞台にいる。
それだけでわくわくします。他の出演者もなりきり度が高かった。

配役そのまま書くと長くなるので、17年公演から変わった配役を。

青江冬星(瀬戸かずや)
私、鳳月さんの冬星が好きだったのですよ。
でも、あきらさんの冬星もすごくよかった。コメディ度が上がっていました。

高屋敷要(永久輝せあ)
ひとこちゃんはずっと花組にいたかのような、なじみ度。
ぼさぼさ髪でもひときわ目立つ美貌。

吉次(朝月希和)
奇麗になりましたよね。こんなに色気のある役、出来るんだ。
雪組で、咲奈ちゃんと良いコンビになりそう。

環(音くり寿)
城妃さんより親しみ易さがましたみたい。
華さんと同期だから、私生活でも仲がいいのかも。

牛五郎(飛龍つかさ)
可愛いので注目していたんですよ。
なかなか、いいお役もらえなかったけれど、頑張っていました。

フィナーレでは柚香さんの本領発揮。
キレキレのダンス見せてもらいました。
次はショーでたくさんみせてね。

昨日は一日原作を読んでいました。
登場人物がたくさん。その一人を主人公にしたスピンオフ作品出来そう。
その時は、水美さんの鬼島軍曹か、瀬戸さんの冬星がいいな。

余談

みっCHANNELが久しぶりに更新(会員限定)

産後のみっちゃんの姿が見れて、またお仕事の話が聞けて嬉しかった。
来年早々、明治座でのお仕事が発表されました。
あのクラブセブンの玉野さんとご一緒なので、楽しみです。

 

2020年10月10日 (土)

ウクレレ

Type_bodysp

友だち数人がウクレレを始めました。
私も誘われたけれど、私はピアノをやっているので、新しい楽器まではとても出来ないと断りました。

ウクレレってコードを押さえて、シャンシャンと弾くだけなので、
メロディがないんですね。歌を歌いながら弾くというのが、一般的なようです。

じゃあ、私はメロディ担当ということで、キーボードでメロディを弾くことになりました。
ウクレレのコード楽譜をメロディにして、5線譜にしてくれるのは、
先生役の人のご主人です。

始めは、右手でメロディだけ弾いていたのですが、
向上心とでもいうのでしょうか。左手伴奏もあった方がいいよなと思い
私もコードを少し勉強して、簡単な伴奏をつけられるように練習しています。

月二回、ソーシャルディスタンスを取り、マスクをつけての練習。
目標は「老人施設などで、慰問ができるまで」だそうです。
目標達成の前に、慰問を受ける側になるかもね。

2020年9月25日 (金)

膝の痛み

昨日、みっちゃんからFCメール届きました。
お子様の名前が決まったとのこと。
いい名前です。〇〇君、今はママをしっかり独占してください。
もう少したったら、時々はファンのおばさんたちに、ママを貸してね。

新米ママとパパの奮闘ぶりも、経験者には「あるある」です。
あの頃は、こんなせわしい日々が永遠に続くのかと思っていました。(遠い目)
今、思えば一瞬で、一番幸せな時間でした。
貴重な時間、楽しんでください。くれぐれも無理はしないでね。



ところで、私の膝の痛み、整骨院に通って大分治ってきました。
針治療もしてもらっているのですが、それが合っているようです。
ただ、整骨院は保険治療と保険外に分かれていて、保険外が高い。
フリーチケットを買って、ほぼ毎日通っています。

年をとるとは、痛くて、お金がかかるということなのだ。

2020年9月23日 (水)

桜華に舞えと鍵盤男子

Cpl73a000001qel5
21日、楽しみにしていた番組二つ。
一つは時代劇専門チャンネルでの「桜華に舞え」
こちらは、番組そのものより、みっちゃんがビデオ出演するということで、
こちらの方を楽しみにしていました。

収録は8月ということで、臨月のみっちゃん大変だったこととおもいますが、
いろいろな裏話が面白かった。
9月24日(西郷隆盛や桐野利秋の命日)の公演では、人数以上に人がいるように感じたこと。
太郎役の小桜ほのかさんの鬘飛ばしの話など、貴重な話が聞けて楽しかった。

みっちゃん、今はとにかくゆっくり休んでね。
来年、得意な殺陣の舞台待っています。



もう一つは、鍵盤男子のファンミーティングのテレビ収録。
ファンミーティングということで、中村さんも大井さんもリラックスしているのがわかる。
ファンが選んだ聞きたい曲に「海の上のピアニスト」から「海に訊く」が入っていました。
ファンの方も、いい曲だと思ってくださったのね。


改めて聴くと「海の上のピアニスト」の舞台が広がります。
3人の熱演、思い出します。ほんとにいい舞台でした。

2020年9月21日 (月)

オリックスとの3連戦

Bb19a1ua_20200921053901

ライオンズは、昨日までの、京セラドームでのオリックスとの3戦線、1勝2敗でした。
昨日も、途中までリードされる苦しい展開。
森がよく打ってくれました。はなまる~。

おとといの解説で、ライオンズがチャンスを逃すと
「チームが低迷している時は、こんなもの」(ニュアンスね)と解説者がのたまう。
はぁ、だんとつ最下位が言う?万年Bクラスのチームの解説者が言う?

確かに、今年は5位だけどさ、ライオンズは時々強いもん。
去年もおととしも、リーグ優勝したもん。
もう、10年以上も前だけど、日本一になったもん。
(これ以上書くと、空しくなるから、やめとこ)

時々、思うのですよ。オリックスファンって空しくないのかなと。
負け試合を、観に球場へ行って、ストレスたまらないのかなと。
と思っていたら、おもしろい記事をみつけました。
オリックスファンの心理

「自身がチームに抱いた勝手な夢に、勝手に裏切られ、苛立っている」
これは、今年のライオンズファンにもいえますね。
強いチームが好きなら、ソフトバンクか巨人のファンになればよろしい。
グチグチと言いながらも、ライオンズ頑張れとやっているのは、
チームが好きだから、選手が好きだから。

「このチャラ男が。髪を金髪に染める暇に練習せい」
「なんで、そこでそんな玉投げる」とか言いながらも、
私は、一生ライオンズ頑張れとやっているんだろうな。

2020年9月20日 (日)

NOW! ZOOM ME! ライブ配信

Img_20200919_204013
東京でのチケットが取れなかったので、ライブ配信をみました。
楽しかった。けれど、想像していたコンサートとは違った。
歌上手の望海さんの歌をたっぷり楽しめると思ったんですけどね。

映像駆使、バブル風の演出っているのかなと思いながら一幕を観ていました。
映像で観るのと生観劇では違った感想かもしれないです。
出演者の汗や頑張りを共有していたら、もっと楽しめたかも。

二幕になったら、真彩さんと二人の歌を楽しめると思っていたら、
翔ちゃんの金八先生から始まり、「タカスペ」風のパロディ劇。
「吉村ロベスピエール貫一郎」や「エリック源太」などは、私にとっては家事の時間です。
もっと、ちゃんと歌で振り返ってほしかった。

真彩さんが出てきてからは、一瞬も見逃すまいとテレビ凝視。
二人とも素晴らしかった。
「私が踊る時」はトートとシシィが激しく対立する様子を歌だけでなく、
体全体で表現。歌い終わった時に、顔を見合わせた瞬間に、こちらもほっと力が抜けました。
やっぱり、この二人は奇跡のトップコンビですね。

三時間ずっと歌うって無理だとは、わかっているんですよ。
パロディ劇も楽しませる工夫だとは思うんですよ。
でも、みちふうの「ラブドリ」のような洗練されたコンサートだったら、
もっと心に残ったかもと思ったコンサートでした。



«おめでとうございます