2023年2月 1日 (水)

賢い録画機能

録画の機器を、新しくしたわけではなく、前からずっと使っているんですけどね。ワードを登録しておくと、便利なことを、ついこの間知りました。CS放送はチャンネルが多くて、番組を探すのも大変。「LAW&ORDER」を登録しておくと、一括録画してくれるというもの。多すぎて観た・観てないを判別するのも大変だけど。

「中村吉右衛門」で登録すると、ほとんどが「鬼平犯科帳」だけれど、歌舞伎も時々録画されているので、観るようになった。まだ感想を言えるほどには視聴していないけれど。「敵は本能寺にあり」とい映画が録画されていて、織田信長が田村高廣、明智光秀が松本白鷗(その頃はまだ松本幸四郎)という’60年の制作。こんなに古い映画に吉右衛門さん出ているのかなと思いながら、観ていたら森蘭丸役だった。賢いなと思ったのは、まだ名前が「中村萬之助」こんな細かいところまで、判別するんだとびっくりした。

吉右衛門さんの森蘭丸、信長の威光を嵩に着て、結構いやな男でした。自動録画していなかったら、絶対に知らなかった映画でした。

 

 

2023年1月29日 (日)

望海風斗コンサート Look at Me

Mainimage

WOWOWで放送されたのを視聴。
凄かった。北翔さんの20周年コンサートも凄かったけれど、ある意味それを超えていたかも。みっちゃんの時は、着替えの時はりつ子さん(星城海斗)さんたちが歌って繋いでいたけれど、望海さんは最後まで一人で歌っていた。着替えも舞台上でしちゃう。「キャバレー」のきわどい衣装から、ズボンを履きながらスカイに変身しちゃうんだものね。

プロデューサーのひかり(望海風斗)さんとADのストーリー仕立てで始まるのですが、ブロードウェイミュージカルあり、懐メロの現代アレンジあり、宝塚の歌ありのコンサートでした。ダンスも凄かった。

望海さんは歌上手なのはもちろんですが、音域も広いし、声がとても素敵。心にストレートに入ってくる。Music Revolutionからの「Music is My Life」今更ながら、いい曲ですね。だいきほコンビ思い出しました。
20曲以上を一気に歌い上げる望海さん、やっぱり凄いです。

2023年1月27日 (金)

ラベルライター

615vahxayql_ac_ul116_sr116116_

ブルーレイのラベルは、今までパソコンで作っていましたが、いつも何枚かまとめてつくるので、取っ散らかって、何が何だかになっちゃう。一枚ダビングするごとに、手軽に作れるラベルライターを買いました。今は,スマホをBluetoothで繋げると簡単に出来ちゃうのね。もっと、早く買えばよかった。

中国製の安いのを買ったので、イラストとかフレームとかあまりないのですが、ブルーレイの中が判ればいいので、これで十分です。こんな感じ。

20230127_183110

余談:私が「テプラ」を買ったというと、夫「テスラ」と勘違い。「えーーっ!」とびっくり。テスラなんて相談もなく買う訳ないでしょうが。何より、テスラを買えるほどの経済的余裕があるかどうか、わかりそうなもんだ。思わず「アホか」という言葉が出てしまった。

 

2023年1月26日 (木)

16歳になりました

20230124_181315

フランキーが、23日に16歳になりました。この写真は、いつもシャンプーしてもらっているところが、誕生日記念に撮ってくれたものです。イケメンなダックスでしょ。!(^^)!

前の犬ダイは、17歳の誕生日迎えられなかったけれど、まずはダイ超え。そしてめざせ20歳超え。
とにかく、いつまでも元気でいてほしい!

2023年1月25日 (水)

ディミトリ Jaguar Beat

Img093

少し日にちが経ちましたが、18日に観劇。

ディミトリ
原作は読んでいませんが、とても分かりやすい話でした。
ですが、一週間たって思い起こせば、物足りない思いもあります。


ディミトリ(礼真琴)は、ジョージアに幼いころから人質にとられ、無聊な毎日を過ごす日々。
そんなディミトリを秘かに愛する王女ルスダン(舞空瞳)。

結ばれるはずがない二人があっさりと夫婦になる頃から、いろんな試練はあるのだけれど、結局、真の悪人はでてこない。ジョージアを攻めるジャラルッディーン(瀬央ゆりあ)も、ディミトリを疑うザカリアン(暁千星)も、なんだか中途半端なんだよね。ここら辺がちょっとモヤモヤする。でも、これは好きの部類に入る話ではあります。

JAGUAR BEAT
このショーは始めから終わりまで凄かった。礼真琴の凄さを見せつけられた気がします。歌もダンスもピカ一。真琴ちゃんでなかったら、このショー自体が出来なかったと思います。展開も早いし、動きも歌も途切れることなく、1時間があっという間でした。でも、真琴ちゃんの負担を考えると、心配でもあります。
観終わったあと、どっと疲れました。(何もしてないのに)

 

2023年1月13日 (金)

4年ぶりの孫

Polish_20230110_092613012_20230113062201

お正月過ぎて、孫がきました。4年ぶりに会う孫は、びっくりするくらい大人びていました。4月からは高校生と中学生になります。ママのお仕事が終わってから、ディズニーランドに行くという話だったので、出かけるのに、どこがいいだろうと思案した結果、大宮の鉄道博物館に行きました。0系新幹線や3段の寝台車が展示してあって、興味深かったです。

20230108_122819

別れる前にディスニーランド前のカフェで昼食。私はエッグベネディクトを食べましたが、子供たちが食べたパンケーキも美味しそうでした。今度会えるのはいつになるでしょうか。

 

宝塚も連続「文春砲」に晒されるし、休演は続くし大変ですね。記事を読んでいないので、わかりませんが、宝塚というところファンではない人からは、不思議な世界と思われているのでしょうか。

スマホの調子が悪く、ずっと機種変更考えていたのですが、思い切って変えました。
データ引継ぎも、今は有料なのね。自分でやる自信はないので頼みましたが、待っているだけで、すごく時間がかかった。
新しいスマホ、動きが早く快適です。

2022年12月22日 (木)

LAW & ORDER

Main_pc

アメリカの犯罪捜査ドラマが好きで、このL&Oも前から観ています。ジャック・マッコイが検事補だった頃からだから、相当前から観てると思う。このドラマは前半で犯人を逮捕するのですが、「えっ、これくらいの証拠で逮捕できるの?」という感じ。

裁判に重さを置いているのですが、検察と弁護人の駆け引きが見物です。そのやり取りを観ていると、アメリカ社会の矛盾や偏見が見えてきます。人種問題や貧富の差、LGBT問題など、結論を出すことが難しい問題が、1時間のドラマで解決するはずなく、時にはモヤッとしたまま終わるのも、このドラマの特徴です。

12年前にシーズン20で終了したのですが、シーズン21がスーパードラマチャンネルで始まりました。マッコイ役のサム・ウォーターストンは御年83だそうです。まだ、一話しか放映されていませんが、レイプ犯を起訴できなかったことで、たくさんの被害者を出してしまうことへの、やり切れなさが残った話でした。

 

Th_20221222064501

もう一つはWOWOWで始まった「FBI特別捜査班」シーズン4。これも面白いです
こういうドラマをみると、アメリカって華やかなだけでなく、暗黒な部分も多い国だなと、改めて思います。

2022年12月15日 (木)

ソフトバンクの山川さん

先日の「プロ野球珍プレー好プレー」でのこと。
司会のザキヤマが山川選手を紹介するのに「ソフトバンクの山川さん」だって。しかもオチが「まだ早い、まだ早い」って。もう来年ソフトバンクにFAすることが決まっているような発言。ライオンズファンからすると、非常に不愉快である。毎年のように、選手をFAで失っているファンは、シーズンオフにとても切ない思いをしているのに。

今年は森と外崎がFAし、外崎選手は残留が決まったものの、森がオリックスへ。選手の権利だから、あれこれは言いませんし、一ファンはそんな権利もない。来年は源田と山川がFAの予定。源田は複数年契約で事実上「生涯西武」そして将来的には幹部でしょうね。山川はソフトバンクに行きたがっているという噂は知っている。でも噂は噂だし。

でもね、あの発言を言ったザキヤマ、そんなことを言ったことも忘れているかもしれないけれど、私は「非常にムカつく、これからテレビで観ても即チャンネル変えてやる」と思いました。

2022年12月 7日 (水)

蒼穹の昴

Img092

6日に観劇。本を読んでおこうと思ったのですが、1巻を買ったまま、1行も、どころか1字も読まずに観劇の日が来てしまった。でも、「中原の虹」は以前に読んでいたので、人間関係はよくわかりました。

とても、豪華な舞台でした。舞台装置も、宝塚ならではの豪華で、転換の見事さ。衣装も豪華絢爛。主人公のリャンウェンシウ(彩風咲奈)が階級が上がっていくに従って、衣装もどんどん豪華になっていく。従兄のリィチェンル(朝美絢)は西太合付きの宦官なので、より一層豪華。

彩風さんは、格好良さ満載。八重歯を矯正してから、滑舌悪くなったなと思ったこともあったけれど、昨日はさすがの風格。「そうよ、これが彩風さんの良さなのよ」と思えるお芝居でした。
朝美さんは、リャンとは違う方法で、紫禁城に入り、出世していく。京劇の踊りも見事でした。
朝月さんのリンリンが出番少なかったし、リャンとの関係が恋人というより、妹といった感じ。
和希さんはリャンの同期で、途中で壮絶な最後をとげるのですが、とにかく歌上手。聞きほれてしまいました。
縣千さんの光緒帝、一樹さんの西太合など、あちこち見なくちゃいけないので、とにかく目が忙しい。

最後のショーの群舞もお見事でした。夫も大満足の様子。早速、清朝のことを、パソコンで調べていました。

2022年12月 4日 (日)

スヌーピー3点セット

Img_20221204_101109
数日前の新聞のちらし。
ルームシューズと靴下と袋の3点で910円。スヌーピー好きには無視できないので、早速「しまむら」へ。
店頭にはなかったので、店員さんに聞くと、早速調べてくれまして「これが今日のチラシなんですが、載ってないですね」

あらぁ、勘違いした。そのまま店出るのも、照れくさいので、ちょぴり買い物。
家に帰ってから確認すると「パシオス」だった。(笑)

再び、出かけて無事ゲット。出かける前に、チラシはよく確認しよう。

«Dramatic Musical collection