2017年12月10日 (日)

鳳凰伝

Houou

市川文化会館まで行ってきました。何度か宝塚来ているけれど、チケットが手に入ったのは初めてです。「宝塚劇場もこの近さだといいのに」

トゥーランドット、オペラをWOWOWでやっていたけれど、録画観ずに消してしまった。海外のオペラって、じっと字幕を見ていなきゃいけなくて、疲れるので。

はあ、こういう話だったのか。荒川静香さんの「だれも寝てはならぬ」はこの場面で使われるのか、の初心者です。

珠城さん、格好いいですね。カラフにぴったりです。
愛希さんのトゥーランドット、存在感がものすごい。出てきたときの衣装の豪華さもすごい。
月城さんの盗賊も格好いい。

ただ、前に「舞音」を観た時にも思ったのだけれど、「男を手玉にとる」的な役は、愛希さんには合わないような気がします。トゥーランドットは謎に答えられなければ、男の首を落とすという残酷な女ですが、あまり残酷さを感じないのは、宝塚だから?

CRYSTAL TAKARAZUKAは「パック」の時のショーをアレンジしたものでしたが、珠城さんが真ん中で歌っているだけで、新鮮でした。
Mr.シンデレラのアドリブは「市川の梨」でした。

2017年12月 6日 (水)

ワンピース

Dsc_0060


先日、日暮里まで行って生地を買ったので、ワンピースを作りました。コーデュロイ生地のリバティプリントのワンピースです。

Dsc_0061

上にジャケットを羽織ると、今の時期にぴったりです。

P4300019(’11年4月)

だいぶ前に作ったこうの早苗さんの型紙を使いました。型紙に工夫があって、ほっそり見えるようにできているので、お気に入りなのです。
縫ってる途中で、ミシン壊れ、新しくしたので、このワンピースだけで止めると、7万くらいのワンピースになってしまうので、しばらくミシンをカタカタしなくては。

この生地はワンピース作ろうという目的あって買ったものですが、舞台衣装を扱うお店に入ると、キラキラやヒラヒラがいっぱいで、見るだけで楽しくて、つい目的もなく、いろいろと買い物。こうやって、押し入れの中にいっぱい生地がたまっていく…。

Dsc_0062

こちらは、この間みち友さんとランチした時にいただいたカーディガン。模様はクロスステッチ。見るだけで、びっくりの凝った編み物です。ありがとうございました。

2017年11月25日 (土)

ライオンズあれこれ

源田選手、新人王おめでとう!
長年固定できなかったショート、もぎ取りました。フルイング出場も立派です。

松井稼頭央選手、お帰り。
15年ぶりですって。

びっくりが。
西武ドーム、180億円かけて改修ですって。

ライオンズファンを公言しておりますが、ドームには何年も行っておりません。
遠いのと、私が行くと必ず負けるのです。(負けてる状態で帰ってきたら、逆転勝ちしていたというのはある)

180億円!
完全なドーム化するのかと思いました。西武ドーム、西武球場に屋根をつけただけで、横が空いています。「自然と一体化したドーム」と聞こえはいいのですが、空調かないので、夏は暑い、春・秋は寒い。雨降ると、横から雨が降りこむので、上の方の席には座れないのです。

そうではなくて、ボールパーク化するとのことで、家族づれも楽しめるようにとのことです。寮や二軍球場も新しくなるそうで、大丈夫か180億円。来年は行こう、西武ドーム。

2017年11月20日 (月)

恐怖時代

みっちゃんの来年のお仕事が発表されました。

谷崎潤一郎「恐怖時代」
泉鏡花「多神教」

このメール見た時、正直な思いは「谷崎潤一郎って苦手なんだよな」
何冊か本を読んだだけですが、あの妖しい世界が、まだ青春だった時代には理解できなくて。今、読むとまた違った感想かもね。

以下、こちらのブログ参考にさせていただきました。
お銀の方は「なんの理由もなく家来の首を簡単に切り落とし、血を見ることで異常に興奮し、快楽を得るような残忍な太守と、そんな太守を虜にし、あらゆる男を惹き付けずにはおかないほどの妖艶な魅力に溢れた」人らしいです

あのみっちゃんが?
家の乗っ取りをはかり、何人も殺す毒女に?

ベイブからお銀の方って、すごい。
そうでなくても、この一年追いかけするのに、やっとなのに、みっちゃんはファンの想像をはるかに超えた変化をしています。

退団一周年で「みっちゃんから皆様へ」というメールが届きました。
「お身体大事に、元気な姿でお会いしましょう!」って、私に?(そんなわけはない)
でも、健康でなければ、みっちゃんの追いかけも、みち友さんとのランチも出来ないことを身をもって体験したので、健康だけには気をつけますです、はい。

(11月23日追記)
「恐怖時代」今読み終えました。これから夕飯準備なのに、吐き気します。
人間とはここまでオドロオドロしいものかと思うと、もう二度と読みたくない戯曲です。

みっちゃん主役とあるから、お銀の方なんでしょうね。玉三郎さんや浅丘ルリ子さんもやった役らしいです。

戯曲は二度と読みたくないが、みっちゃんが難役にどう挑むのか楽しみでもあります。殺した相手を「相手の顔をつくづく見下ろした後、冷ややかににっこりする」なんて、ぞっとする場面を、藤間勘十郎さんはどういう舞台にするのか、それにみっちゃんはどう答えるのか。悪役ぶりも見届けなければ、いけないと覚悟きめました。

(お知らせ:コメントをすべて非公開にさせていただきます。個別にお返事いたしますので、メールアドレスをコメント欄にお書きくださるように、お願いします)

2017年11月19日 (日)

ライブラリー作り

Pb190259


みっちゃんのBDが貯まりすぎて、いつも「あれどこ?あの公演、今観たいのに」と探しているので、年代順に並べてみようと思い立ちました。そろそろ、年末という時に思い立たなくてもと、自分でも思うのですが、そこがB型気質。

とは、言っても自分の手持ちのBDなので、月組時代のはあまりないのですが、やりだすと以外と面倒。バラバラに散らばったBDを「All For Your Smile」のプログラムを見ながら、まずハードに移す。それを、また新しいBDに移行する、なんてことを、家事の合間にやっています。

’02の「ガイズ&ドールズ」ダビングのボタン押したつもりが、「削除」ボタン押して「まだ観てなかったのに、私のバカ」だの、「バレンシアの熱い花」公演は全国ツアーの方を残していて、「この頃みっちゃん、セカンドライフの公演中なのに、なぜこちらを残す?」という失敗も私らしい?

やっと宙組時代の「銀ちゃんの恋」まできました。なんだか、そろそろブルーレイレコーダーが怒りそうなので(読み込みが遅くなってきた)、しばらくお休み。ラベルを貼って、これでわかりやすいと一人で喜んでいます。

2017年11月12日 (日)

チケット販売システム変更

お知らせが届きました。

一番の変更は「SS席の発券は当日のみ」というもの。
宝塚も、転売禁止を考えているという良い面と、不便だなと思う面も。
チケットがないと「当日、忘れずに観劇する」ということが、私のお年ではなかなか難しいのですよ。

先日、「All for One」のSS席当たったのですが、急な入院で行けなくなりました。
その時は、チケットが手元にあったので、何とかお友達に行ってもらうことが出来ました。
これからは、それも出来なくなる。ポカンとセンター2席空席って、間が抜けている。
と、心配するほど、SS席当たるわけじゃないからいいけど。

もう、みっちゃん卒業から、テンション下がりで、時々チケットの申し込みさえ忘れてしまうことも。さすがに、大劇場は忘れたことはないけれど、別箱公演なんて「忘れた」ばかり。
これから「公演、行くの忘れた」なんてなりませんように。

2017年11月 6日 (月)

イル・モンドが流れた

昨日のスカステ、桜華に舞えとロマンスの放送がありました。一年前、複雑な気持ちで観劇していたと感慨深く観ていたのですが。

もちろん、ブルーレイも持っていますが、ロマンスは最後のクライマックス「イル・モンド」が差し替えで、気持ち急降下。
観る気持ちにならず、たぶん一度観ただけだと思う。桜華に舞えも辛いし。

イル・モンドでみっちゃんの歌声が聞こえた時、びっくりして「嘘じゃないよね」
夏樹れいちゃんのきれいな歌声も「ほんとだぁ」
もう遅い時間(私にとっては)だったのに、録画、何度も見直し、今日は寝不足。
でも、嬉しい寝不足もあるのね。

Cpl73a00000182km


もう、そろそろスカステいいかなと思っていたのですが、こんな嬉しいことがあるのなら、やっぱり続けよう。期待していなかったので、嬉しさ倍増。
せっかく買ったブルーレイは、日の目見ないと思う。

2017年10月31日 (火)

北翔海莉が好き!

なんて改めて書くことではないのですが。

22802031_1938586123060327_1442584_3

月央和沙さんのインスタからお借りしました。

この写真を見た時
「みっちゃん、なにやってるの。。パジャマゲーム終わった数時間後にこんな仕事して。今までどれだけ大変だったのか」←「ジ・エンタ」での紅さんの真似。

でも、これも外せないお仕事だったのでしょうね。千地先生の古希のお祝いですものね。このお着物、素敵と思ったら、星組トップ就任のお祝いに先生が作ってくださったものとか。

いろいろな人に愛されるみっちゃんが好き。
裏方さんにもちゃんと気配りできるみっちゃんが好き。
ファンを大事にするみっちゃんが好き。
何よりも、歌もダンスもお芝居も実力が抜きんでているのが好き。
一旦、好きになったらすべてプラスに見えるのは十分承知です。

私はファン歴短くて、スカステでの後追い視聴が多いのですが
「ファンタスティック・エナジー」のみっちゃんは凄かった。ギラギラ感が半端なかった。

この公演については、うわさ程度のことは私の耳にも入ってきますが、
専科って大変ですよね。存在感を示さないと、次いつお仕事くるかわからないもの。
専科でも大モテで、「メリー・ウィドウ」の半月後に「ナポレオン」出演なんて無茶な使われかたされても、ちゃんと答えるみっちゃん大好きだぁ。

こんなこと急に書いたのは、とても嫌なブログ見てしまったから。
もう半月くらい、心の中でワサワサしていたのですが、同じレベルには立ちたくないと無視するつもりでした。でも、収まらない。
あえて言います。あんな記事、あなたが大好きな紅さんが読んだら、とても悲しむと思います。

Dsc_0024

みっちゃんが好きといっただけで、ヴィエネッタ買ってしまった。カロリー高そう。

2017年10月29日 (日)

大千秋楽

O0960073614058750029_3

新納慎也さんのツイッターからお借りしました。

パジャマゲームが大阪で千秋楽。
最初から大阪へはいくつもりはなかったけれど、今は1回くらい行けばよかったと後悔。(とても旦那の許し出なかったと思うけど)
もう、みっちゃんのベイブに会えない。

体力的には、とてもキツイ公演だったとおもうけれど、そんなことは感じさせない出演者の生き生きとした様子。みっちゃんの女優デビューがこの公演で、この出演者で本当によかった。

これからも新納慎也や大塚千弘や栗原英雄などなどの名前を見る度に、この公演のことを思い出すでしょう。

水曜日には、星組のみなさんが30人ほど観劇したとか。
蘭寿さんや柚希さん、風ちゃんも観劇。やっぱり、宝塚っていいね。




2017年10月25日 (水)

神々の土地

Cpl73a000006obug
写真は宝塚のHPからお借りしました。

昨日観劇。ロシア革命が題材という重い内容でしたが、ニコライ二世(松風輝)やオリガ皇女(星風まどか)の最後を知っている身には、この話どういう結末になるのか見当つかずでした。

一番の感想は「美しい」です。ロシアの雪原も美しい。そこに立つ朝夏さんも美しい。皇后の凛城きらさんも男役とは思えない自然さ
寿つかささんのマリア皇太后も、スッシーさんってこんな美人だったのねと改めて思いました。怜美うららさんの美は言わずもがなです。

ラスプーチンの愛月ひかるさんの熱演が光りました。ドミトリーに殺される場面、ゾクッとします。真風さん、昨日は体調悪かったのかしら、セリフが時々聞き取れず、歌も時々かすれていたような。
終わり方も余韻を持たせてよかったです。
それにしても、ロシアの名前は覚えにくい。うららちゃんもイレーネからロシアに来てイリナに変わったとか、頭の中で人間関係を整理しながら、観ないといけないから大変

Cpl73a000006xah5


ショーは朝夏さんが一人で踊る場面、真風さんと二人で踊る場面、全員で踊る場面、黒燕尾の場面、朝夏さんの美しいお顔も長い手足を活かしたダンスも、宝塚ではこれで見納めと思うとやはり寂しいものがあります。

今日は通院日だったのですが、
診察室に入ると先生「えっと、病名何だっけ。ああ、くも膜下ね。あまりに元気に入ってくるので、忘れちゃうよ」ですって。
「宝塚行ってる?あぁ昨日行ったのね」

病名忘れても、宝塚だけは覚えている先生、笑っちゃいました。
「何組?」なんて聞く先生、まさか隠れファン?

«言葉はこわい