2022年11月21日 (月)

Dramatic Musical collection

Img091
18日、昼公演に夫と二人で行ってきました。シネマコレクション。
2時間足らずの公演でしたが、自己紹介もなく、MCもなく、歌とダンスのみでした。ジェットコースターに乗った気分で、楽しかった。

みっちゃんの歌
かわらぬ思い 
ちょうど月組で「ブラック・ジャック」やっているんだよな。月城さんのブラック・ジャック素敵だろうなと思いながら聞いていました。久しぶりに配信チケット買おうかな。

その目に(ジキルとハイドより)
木村花代さんと。木村さん、風ちゃんと雰囲気が似てる。顔が似てるわけではないけれど、二人のハーモニーを聞いていると、過去に帰るような不思議な気持ちになる。

運命よ、今夜は女神らしく
東山さんから始まったので、これは北翔海莉でしょうと思っていたら、途中からみっちゃん。ダンスも楽しめました。

アンチェインド・メロディ
この歌ほんとにいいよね。自然と映画の場面がよみがえる。みっちゃんの歌声がすごくいい。

ビギン・ザ・ビギン
みっちゃんは歌が上手というだけでなく、感情移入が特にすごい。さすがだなと聞くたびに思います。

 

みっちゃんだけで、これですからね。ダンスも歌も本当に楽しめたショーでした。
記憶に残った曲は他にも。


闇が広がる(東山光明&常川藍里)
とてもよかったですが、綱引きズリズリ(変な表現ですが、わかりますよね)してほしかった。

Summertime(木村花代)
この曲は特に好き。歌上手さんが歌うと、本当に記憶に残る。

夫と行ったのですが、私は知っている曲も多かったし、大満足でしたが、夫に「知らない曲ばかりで飽きた?」と聞いたら「いや、みんな上手でよかったよ」だそうです。
こちらに詳しく公演の模様が載っています。

2022年11月 9日 (水)

エリザベート inシェーンブルン宮殿

Img_20221109_113531
(NHKテレビを写したものです)

昨夜の皆既月食、奇麗でしたね。赤い月が幻想的でした。
月食と惑星食が重なるのは442年ぶりとか。でも、信長には惑星食は見えなかったはず。
満月が段々と欠けていって、最後は赤くなる現象を、戦国時代の人たちはどんな思いで見ていたのでしょうか。

 

Img_20221109_163216
WOWOWでエリザベートコンサートが放映されました。シェーンブルン宮殿の前の広場に、舞台をこしらえロケーションは最高。宝塚や東宝で何度も上映されているので、公演自体はよくわかっているのですが、宝塚より東宝に近い感じかな。

トートは、パプスブルク家を不幸に導く存在。フランツとの仲を悪くし、エリザベートの苦悩をじっと見つめていて、最後に自分のところに来るをじっと待つといった印象でした。
エリザベートはわがままというより、心許せる人がいない苦悩の人、フランツは結構マザコン、といった印象。
この公演、3年ぶりに開かれたそうで、皆さん熱演でした。

2022年11月 6日 (日)

パリは燃えているか

81plohgt7l_ac_sy445_

これもNHKで放映されたものを、録画視聴。
ドイツに占領されたパリを解放するために、戦うレジスタンス。「連合国軍がパリを迂回する」という情報を得たレジスタンス側は、パリ進攻を訴えるためにガロア少佐を送る。

ヒトラーが出る始まり部分だけ、ドイツ語だけど、あとは英語。ドイツ将校さえも英語を話すことに、少々違和感を感じたけれど、概ねおもしろく観られました。歴史物だから、ヒトラーの「パリ焦土作戦」は失敗に終わったことはわかっているけれど、それまでの過程が興味深かった。オールキャストの豪華な俳優陣だけれど、多くは顔見世程度。主役の一人はガロア少佐かな。パリを抜け出して、連合国軍をパリに向かわせる説得力。

そして、もう一人の主役はドイツのコルティッツ将軍。もともと「パリを燃やし尽くせ」という命令に懐疑的だったと思うのですよ。親衛隊が来たと聞いた時の緊迫感はこの映画の一つの見どころだと思います。死を覚悟して、ピストルまで用意したのに、用事は「ルーブル美術館のタペストリー(だったかな)が欲しい」。将軍にしたら「何というばかなことを」ですよね。燃やす前に欲しいものは手に入れたいと本音を聞いて、異常さに気がつく瞬間。結局、この将軍「パリを救った人」として名を残すことになるから、人生わからないものです。

この映画、戦後20年くらいで作られたもので、時々挟まれる実際のニュース映像が興味深かった。この映画を観た感想は「人間、何十年たっても進歩していない」今、ウクライナで起こっていることと、何の変りもない。ヒトラーの最後は周知の事実なんですが。

古典芸能への誘い

Img_20221103_090403

NHKで放映した「秀山祭 吉右衛門追善公演」を録画視聴。秀山祭は、吉右衛門さんが芸の継承のために毎年開いていた公演だそうです。「松浦の太鼓」の松浦候は吉右衛門さんの当たり役だったそうで、今年はお兄さんの松本白鸚さんが演じました。
とても分かりやすい演目で、吉良邸の隣に住む松浦候は、いつまでたっても仇討ちをしない赤穂の浪人に腹を立てて、とても不機嫌。それが隣から陣太鼓が聞こえたとたんに、態度一変。この変化が一番の見どころで、松浦候の純な性格がよくわかる。

「揚羽蝶繍姿」は吉右衛門さんの当たり役をオムニバス形式にしたもの。中でも興味深かったものが「熊谷陣屋」熊谷直実が敦盛を討った様子を松本幸四郎が熱演。

最後には吉右衛門さんの在りし日の映像が流れ、一度は観ておくべきだったなと、今更思っても仕方ないことですね。

2022年10月22日 (土)

HiGH & LOW Capricciosa!!

Img090

19日に観劇してきました。

「ハイ&ローって何のこと?」という人間ですから、話全然わからないかと思った。
(「ロー&オーダー」というアメリカドラマなら詳しいんですけどね。こちらはLOWではなくLAWでしたね。)
結局、ヤンキーなお兄ちゃんやお姉ちゃんが、いっぱい喧嘩して、そこに余命宣告された幼なじみが現れて、云々。
SWORDも一応色分けしてあるんだけれど、私には同じように見えてしまった。でも、話が分かりやすくて面白かったですよ。野口先生だから、ショー的要素がたくさんあったし。

ショーは文句なく楽しかった。19日は下手側なんだけれど、なんと3列目。ジェンヌさんの格好良さに見とれていたら、終わった。
という、感想にもならない感想でした。

 

真風さんと潤花さんが、次の公演での退団することが発表になりました。次のトップは芹香さんでほぼ決まりかな。

2022年10月18日 (火)

警視庁考察一課

Img_20221018_134905

月曜日夜11時から、テレビ東京で17日から始まりました。結構ツボかも。
サスペンスで活躍の俳優勢ぞろい。俳優を毎週集めるのも大変じゃないの思っていたら、こういう設定もありだなと。内藤剛志は京都に長期出張中。全員揃わなくてもいい設定。

船越英一郎は、崖のかわりに脚立に登って考察。「女はこりごり」のセリフも実感あり。名取裕子は「私の感!」だし、山村紅葉は途中で小説を書き始めるし、他局のネタをパロディして、笑っちゃう。一部屋で考察しちゃうから、低予算でOK。考察が矛盾すると「犯人はサイコパス」で逃げようとする。そんなクセ強い俳優の中に入った新人君が藤井流星君。可愛い。

いかにも秋元康らしく、テレ東京らしい面白いドラマが始まった。「くだらない」と思った時が見納めかもと思いながら、一話目はパロディ探しに明け暮れた。

2022年10月 9日 (日)

CS 1st

2試合とも観ていません。昨日はピアノレッスンから帰って来たら、もう負けていたので観る気にならず。

今日は始めから結果確認と決めて、違うことをしていました。ライオンズは本当にCS弱いよね。ライオンズが上位の時も負けるし、下位だとコテンパンにやられる。

選手のみなさん、お疲れでした。また、来年頑張ってください。(棒読み)

2022年10月 3日 (月)

レギュラーシーズン終了

Img_20221003_060754
昨日、2日でパ・リーグの全日程が終わった。もう、3位と順位が決まっていたライオンズは、勝つことよりタイトルのための起用があり、「何だかな」の思いで観ていた。平良の途中起用(最優秀中継ぎ賞)、その後逆転されてしまったので、その意味はあったけれど、「負ける前提だったわけ?」と白けてしまった。

それより、優勝争いの方が面白そうと、マリン球場と楽天球場を観ていた。
まさかの展開です。M1で西武ドームに乗り込んできたソフトバンクの優勝を阻んだ山川のHR。「あら、ビールを千葉まで運ばなくちゃいけなくなったわね」とは言っていたが、無駄になっちゃうとは思わなかった。目の前で相手チームの胴上げ見たくない思いはどこのチームでも同じ。結局、オリックスが優勝してしまった。

あの7連敗がなかったら、ライオンズと三つ巴だったのに。といつまでも、グチグチ思っているけれど、来週始まるCSは福岡から。頑張って!

 

2022年9月29日 (木)

高橋りんご園

Dsc_0177_20220929060701
26日の対ソフトバンク戦を観ていた時、こんな応援が。
「えっ、高橋光成(こうな)の実家って、りんご園だったの?」
「ライオンズファンのお前が知らないことを、僕が知るわけない」
ごもっとも、でございます。で調べました。

外崎選手の実家がりんご園ということは、よく知られていて、りんご園のHPには「ライオンズファンの皆様からのお問合せが多くなり、WEBショップ始めました」とちゃんと書いてある。

26日はバスツアーがあったそうです。「こんにゃくパーク」と「高橋りんご園」に行き、最後にライオンズ戦を観戦だそうです。あのタオルはお土産だとか。知らなんだ。高橋りんご園もHPあります。
ファン感謝祭では、二人でりんご売っていたそうですが、ファン感なんて行かないもの。

26日は高橋が、昨日は今井がいいピッチングして、4連勝。CS出場が見えてきました。あと2試合、頑張ろうね。

2022年9月22日 (木)

文春砲

Img_20220922_150041

朝、ネット観ていたら、こんなニュースが。びっくりして、dマガジン開いたけれど、載っていませんでした。
文春は、もともとdマガジンに載る記事少ないのよね。仕方ないので、文春買ってきました。

ネット以上のことは載っていなかったけれど、「本当にこんなことあるんだ」という感想。源田選手は間違いなく一流選手。Y(記事では実名ですが)選手は、ライバルとは言えない差がありすぎる選手。
9月になって、ライオンズが急降下した一因だと思うと、ファンとしても許せない行為です。ばかなことをしたもんだと思いと、Y選手に今後はないんじゃないかという思いと。実力以外のことで、野球出来なくなるって辛いけど、そういう妻を選んだのは自分だからね。擁護できません。

 

Img_20220922_150506

もう一つは嬉しいニュース。「徹子の部屋」にル・べルベッツさんが久しぶりに四人で出演。佐賀さん、まだリハビリ中だそうですが、元気そうでよかった。

«グレート ギャッピー